パナソニックGF2はRAWは高画質だがJPEGの画質が今一つ

dpreviewに、パナソニックDMC-GF2の詳細なレビューが掲載されています。

Panasonic Lumix DMC-GF2 Review

  • AF速度は概ね良好で、シングルAFモードではエントリーレベルのデジタル一眼レフと同程度の性能。顔認識はとても良好に機能する。AF精度は極めて素晴らしく、静物には寸分の狂いもなく合焦する。
  • AFトラッキングモードはとても効果的で、被写体を追いかけることができるが、フォーカスが優先されるためタイミングを逃すことがある。フォーカス優先をOFFにすると、今度はピンボケになるリスクがある。AFはスポーツには十分な速さではないが、多くのシチュエーションでは問題ない。
  • タッチスクリーンにはこれまであまり良い印象を持っていなかったが、GF2のタッチスクリーンはとても良好な操作性だ。
  • ノイズはJPEGではISO400まではとても良好。ISO1600で問題が生じ始め、ISO3200ではディテールが損なわれてしまう。JPEGの標準設定ではノイズリダクションがとても強い。ディテイールはまずまず維持されているが、彩度と色の再現性が次第に失われる。
  • RAWでもISO400まではノイズは比較的少ない。ISO800からISO1600ではノイズが画像を汚し始め、ISO3200と6400ではノイズが圧倒的に増える。これは、なぜJPEGでクオリティが急激に落ちるのか(ノイズリダクションが強いのか)を示している。
  • 解像力テストでは、JPEGではRAWほどの豊富なディーテールは見られない。このカメラは多くのディテールを捉えることができるが、JPEGエンジンは必ずしもそれを再現できていない。
  • ダイナミックレンジはこれまでのGシリーズのカメラと同様で、中間からハイライト側は3EVを若干超える値。ハイライト部のグラフの傾きはやや急で、これは白に近いエリアが急激に変化することを示している。これらは悪い結果ではないが、NEXのハイライトの階調に付いていくには苦しい。iダイナミックモードはテストに全く影響がなく、実写でも微妙で、オリンパスのグラデーションオートが素晴らしい効果を発揮するのと比べると残念だ。
  • (画質のまとめ)GF2はRAWでの画質はとても良好だ。新しいセンサーではないので、クラスベストのライバルと比べるとノイズが多く、ダイナミックレンジも狭いが、大きく遅れを取っているわけではない。JPEGはそれほど満足できるものではなく、ディテールに乏しく性能を引き出せていない。
    オートホワイトバランスは、かなり寒色に傾いていて魅力を削いでいる。高感度も問題で、ディテールが失われ染みのような色ノイズが出る。この結果は酷いとは言わないが(多くのシチュエーションでは良好だ)、もっと良くできるだろう。E-PL2は同じセンサーからより魅力的なJPEGを出力している。
  • タッチパネルはビギナーとベテランの双方にとって良好な操作性で、この点ではE-PL2やNEXに優っている。しかし、残念なことにカメラの基本的な部分が古くなってきており、JPEG出力が特によくない。RAWではこのクラスベストのカメラと比べてそれほど遜色はない。コンパクトカメラからのステップアップに面白いカメラだが、よい結果を得るためにRAWを使う必要があることには、熱意が削がれる。

 

少々辛口な評価のように見えますが、総合評価は70%とE-PL2(71%)とほとんど同じなので、マイクロフォーサーズ機としては全体的にまずまずの評価と言ってよさそうです。

GF2はタッチパネルによる操作性やAF性能は高く評価されていますが、一方でJPEGの画質が問題点として繰り返し指摘されており、この部分がGF2の最大のウィークポイントとなっているようです。

2011年2月28日 | コメント(7)

コメント(7)

パナソニックに限らずデジカメは意外と寒さに強く、手袋をした手が痛くなってきても使えます。
しかし、タッチスクリーンって私は評価しません。氷点下-10℃を下回る環境下でも、いちいち手袋を取らねばならず、使いづらいものがあります。
また、並んだ小さなボタンスイッチも手袋をしていると、手袋にもよりますが、どちらを押しているのか分からないので困りますね。(今は薄い手袋と厚い手袋の二段重ねでしのいでいます)

まあ、そんな環境で使うやつは例外と言われてしまうのかもしれませんが・・・。

タッチスクリーン使わなくても基本的な撮影機能は使えるのでは?

パナの高感度はオリンパスよりノイジーという評価だし、画像処理が苦手なのかな? デジタル家電大手なのにオリンパス以下というのは不思議な気がする

画像処理は、デジ一新参組のパナより、老舗のオリの方が優れているんじゃないでしょうか。

オリは、ローパスを薄くして出たモアレを画像処理で減らすって感じで、如何にセンサーから原画を引き出すかに注力した上でアートフィルターなどの後処理を被せていると思います。

それに対してパナは、超解像など後処理的な発想があるように思えます。
コンデジや動画、テレビで培った技術を惜しみなく投入しようという姿勢はいいのですが、優秀な光学系と後処理の間を埋める技術は、センサーを含めてまだまだこれからという気がします。

先日14mmパンケーキ目当てで購入しましたが、評価の難しい機体だと思います。タッチスクリーンは意外と使い勝手が良く楽しめるのですが、アイコンやメニューがとてもチープなのが残念です。撮影モードの切り替えがタッチスクリーンで、常に画面上にアイコンが出て背景の一部を隠してしまうのも感心できません。液晶の表示品質もあまり良くありませんが、これもタッチパネルなので割り切るしかありません。

GH1と比べると画質はそこまで悪いとは思いませんが、確かに標準設定のJPEGでは色乗りが悪く、あまり良い印象ではありませんでした。それより小さな14mmレンズが予想以上にシャープで、予想以上に周辺光量が落ちる事に驚きました。楽しいレンズです。
高感度はよく頑張っているという印象で、ISO800と1600ではGH1よりカラーノイズが少なく、等倍で見なければ十分実用レベルです。
GF2のあとにNEX-5を使うと、明らかに洗練された質感に改めて感心する一方、なんでこのデザインと操作性でタッチパネルでないのかと憤りすら覚えます(笑)

>パナの高感度はオリンパスよりノイジーという評価

実効感度に違いがあるためでは。
パナ機は基本的に高めみたいです(同条件でオリ機より明るく写る)。

北風さんへ
GF2のタッチパネルは感圧式ですので、わざわざ手袋を外さなくても使えますよ。そもそも氷点下の環境で使うことを想定された機体でもないと思いますけども・・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年2月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスがK-5の前ピン問題を解消する新ファームを開発中?[内容更新]」です。

次のブログ記事は「ソニーがセンサー上でHDR合成を行ってダイナミックレンジを拡大する技術の特許を申請中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る