タムロンSP70-300mm F4-5.6 Di VC USDは多くの点でライバルに勝っている

LensTipに、タムロンSP 70-300mm F4-5.6 Di VC USDのレビューが掲載されています。

Tamron SP 70-300 mm f/4-5.6 Di VC USD - lens review

  • 鏡筒はとてもしっかりした造りで、他の70-300mmクラスを使ったことがあれば同じように感じるはずだ。ピントリングはわずかな重さがあり、AF時も機能する。ピントリングの回転角は180度で比較的正確なピント合わせが可能。ズームリングはスームーズで、ズーム全域で適度な重さがある。
  • 手ブレ補正の効果は2.5段~2.7段で、平均か平均をやや上回る効果。
  • 中央の解像力は70-135mmでは開放でさえとても良好で、非の打ち所がない。ここではタムロンがシグマ70-300mm OSを容易に上回っており、ニコン70-300mm VRよりも若干良好。200mmでは大きく解像力が落ちるが、開放で32lpmmを超えており(基準値は30lpmm)、十分に実用的な画質だ。ここでもタムロンがシグマよりも良好だが、ニコンには負けている。300mmでは更に少し悪くなるが、開放から十分に使える。これはシグマ70-300mm OSやキヤノン70-300mm ISにはできない芸当。しかし、ニコン70-300mm VRには若干劣っている。
  • 周辺部の解像力は、APS-Cでは70-200mmの範囲で(30lpmm以上で)ほとんど変化せず、300mmでも基準値(30lpmm)に近い値で開放から十分に使えるレベル。広角側ではタムロンがニコンの値さえ上回るが、望遠側ではいい勝負。フルサイズでも周辺部の解像力はしっかりとしている。
  • 解像力に関してはタムロンはシグマとの戦いに勝利しており、キヤノン70-300mm ISよりも若干優っている。ニコン70-300mm VRとは引き分けだ。ニコンは中央の解像力が優れており、タムロンは周辺部が優れている。
  • 軸上色収差は完全には補正されておらず、ボケている部分に若干青や黄色の色が付く。倍率色収差は、平均的なレベルと高いレベルの境界線上。ここではタムロンはシグマやキヤノンに負けているが、ニコンには勝っている。
  • 歪曲はAPS-Cで0.8%前後、フルサイズで2%前後で、不満のない値。ここではシグマのほうがわずかに低い値。
  • 周辺光量落ちは、フルサイズでは70mm開放で23%(-0.77EV)、300mmで29%(0.97EV)で、かなり目立つがこのクラスで最も大きいわけではない。ここでは、シグマには負けているが、キヤノンよりも勝っている。
  • 逆光では太陽が画面の四隅に入ったときだけゴースト・フレアが現れるのみで頻度も低く、全く問題はない。
  • 超音波モーターによるAFは静か。AF速度は広角側では0.7秒で非常に速いが、望遠側では約1秒と少し遅くなる。また、ピントが通りすぎてから戻る傾向が見られた。AF精度はとても良好で、スタジオのテストではピントを外したのは3%に満たなかった。前ピンや後ピンの傾向もなかった。AFではシグマとキヤノンはタムロンのライバルではなく、ニコンのみがライバルだ(キヤノンの"L"は価格帯が異なるので除く)。
  • このレンズは非常に出来のいいレンズで、唯一の大きな欠点は色収差だけだ。メーカー純正のライバルにも多くの点で勝っている。シグマの70-300mm OSはタムロンよりも安価だが、解像力に関しては遅れを取っている。価格の差はわずかなので、この場合は(両者の選択では)問題にならないだろう。


中央の解像力はズバ抜けて高いわけではありませんが、APS-Cはもちろん、フルサイズでも周辺部までしっかりとした解像力を保っていて、画面全体ではハイレベルな解像力となっているようです。タムロンの弱点だったAFと鏡筒の造りが、大きく改善されているのも嬉しいポイントですね。

ライバルのシグマ70-300mm OSとの比較では、タムロンが多くの点でかなり優勢のようなので、シグマはこのクラスにテコ入れが必要になるかもしれませんね(値下げはありましたが・・・)。

2011年2月 6日 | コメント(6)

コメント(6)

キヤノン70-300はどれの事を仰っていますか?

露出問題は直ったんでしたっけ? それなら強力ですねタムロンの。

シグマのOS付きは地味な要素ですがほかより100~150gほど軽いのが利点です。長時間手持ちならシグマがオススメですね。AF遅くて動体が苦手ですが。

素晴らしいレンズなのは分かったので、早くAマウントのを出してください(笑)。

Aマウント用はVCなしですけど、補正が2.5段~2.7段程度なら、効果自体はαのボディ内補正の方がいいんでしょうかね。もちろんファインダー像は安定しないですけど。

発売されたら、70-300mmのGレンズとの比較も見てみたいですね。

周辺までちゃんと使えて逆光でも大丈夫で、手頃な価格。

レンズはこうでなきゃですね。

>Tさん
LではないEF70-300mm F4-5.6 ISです。

ズームリングはスムーズと書いてますが、私のは200mm付近で僅かに鈍く引っかかりを感じます。
皆さんのはどうですか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年2月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスXZ-1のDxO Markのテスト結果が掲載」です。

次のブログ記事は「キヤノンがEF400mm F5.6L ISを準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る