ソニー85mm F2.8 SAMは光学性能の面では素晴らしいレンズ

Photozoneに、ソニー85mm F2.8 SAMのAPS-C機(α700)でのレビューが掲載されています。

Sony 85mm f/2.8 SAM ( SAL-85F28 ) - APS-C Format Review / Lab Test

  • 鏡筒はマウントを含めてプラスチック製で、造りは平均的なクオリティ。小さなフォーカスリングは少々チープに感じるが、それでもなお実用的。フルタイムマニュアルフォーカスはできない。SAMモーターによるAFは驚くほどの速さはないが、まずまず速く、かなり静かで正確だ。
  • 歪曲はごくわずかな糸巻き型(0.5%)で、実写では問題ない。周辺光量落ちは、APS-Cでは開放で0.4EVで、ほとんど目につかず問題はない。
  • 解像力は絞り開放から既に画面全域で素晴らしい値(excellent)で、コントラストもとても高い。F4に絞っても解像力の増加はごくわずかで、F5.6以上では回折の影響が見られる。しかし、F11までは良好な画質を維持している。像面の湾曲は非常に少ない。このレンズの解像力は、APS-Cでは極めて高い。
  • 倍率色収差は、絞りによって0.5ピクセル(F2.8)から0.7ピクセル(F11)まで変化する。これは極めて低い値で、実写で大きな問題はない。軸上色収差は、開放では前ボケに紫、後ボケにグリーンのハロが見られ、F4でもまだ目に付くが、F5.6では大きく減少する。
  • ボケはハイライト部分の輪郭の縁取りがごくわずかでスムーズだ。ハイライトの形はF2.8では円形でF4でもわずかに絞りの形が感じられるだけだ。前ボケは少しうるさいが、背景のボケはスムーズ。このレンズのボケ味はとても良好だ。
  • 85mm F2.8 SAMは、APS-Cで使う場合は少なくとも光学性能の面では素晴らしいレンズだ。このレンズは画面全域で極めてシャープで、色収差や歪曲も小さい。ボケ味も良好だ。弱点は開放でパープルフリンジが目立つ傾向があること。鏡筒の造りは安価なレンズであることが明らかで、SAMモーターによるAFは精度は良好だが、AF速度やノイズの面では大きな改善は見られない。とはいえ、コストパフォーマンスの点では素晴らしい。

 

光学性能の評価は5点満点で4点と、安価な単焦点レンズとしては大変に高い評価になっています。解像力は、APS-Cでは絞り開放から周辺部まで最高レベルで、コントラストや色収差、ボケ味も良好と、このクラスでは文句の付けようがない性能です。一方で鏡筒の出来は"それなり"のようですが、これは価格を考えれば仕方がないところかもしれませんね。

2011年3月17日 | コメント(4)

コメント(4)

ソニーの初めてシリーズ、評判がいいですね。
「カメラ」が好きというよりも、「写真」が好きな人向けですね。
30mmマクロを買いましたが、なかなか使えるやつです。
85mmも買っちゃおうかしらん。

初めてシリーズの35mmF1.8でぶったまげた者です。

85mmも、F2.8じゃなあ・・・と思いつつもこの評判の良さを見て、いずれ買いそうです(苦笑)。

まだまだ増えるんでしょうか、このシリーズ。安いのでつい買ってしまい、かえってお財布に優しくないです…(笑)。

ぜひ、フルサイズのα900でも、どの程度の性能を持つか、テスト結果を見てみたいです^^

本レンズのユーザーです。
買う前は半信半疑で、「安っぽい」「プラスチックマウント」「中国製」「大して明るくない」と思いつつも、軽さと値段には惹かれて購入したところ、今やかなり気に入っています。街並みを切り取るのに換算128mmは予想以上に面白い画角でした。何より軽快で、フードもちゃんとついている点も良いです。MF時の感触がもう少し滑らかだとなおよいのですが(現状はカスカスです)、まあ贅沢な要望ですね。
α700とレンズ3本(DT35/1.8SAM、85/2.8SAM、ミノルタ24/2.8)が最近の街歩きのお気に入りセットです。小さいカメラバックに収まります。次世代中級機も楽しみですし、DT20/2.8SAMも170gくらいで発売してくれないかな、と待っています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年3月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスDA 35mm F2.4 ALは画面全域で非常にシャープなレンズ」です。

次のブログ記事は「ニコンが蛍石よりも優れた素材に関する特許を出願中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る