オリンパスM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II は旧型以上にシャープで問題点も解消している

SLRGearに、オリンパスM.Zuiko Digital 14-42mm F3.5-5.6 II (E-PL1sとE-PL2用の新キットレンズ)のレビューが掲載されています。

Olympus 14-42mm f/3.5-5.6 II M.Zuiko Digital (Tested)

  • E-P1が登場した時に、あるシャッタースピードでブレが生じる現象があり、これには3つの原因があった。1つ目の原因は最初のオリジナルファームウェア、2つ目は初代キットレンズの鏡筒を伸ばしたときの露光時のレンズのガタつきからくるもの(特に25mm、35mm、42mmの位置で顕著)、3つ目は手ブレ補整システムにシャッターの振動が影響するものだ。新キットレンズでは、E-P1でもE-PL2でも2つ目の問題は見られなかった。
  • 解像力に関しては、とても良好な結果だった。14mm開放ではごくわずかな四隅の甘さがあるが、F4まで絞ればほとんど解消し、F5.6まで絞ると画面全域で非常にシャープになる。ズーム中間域(18-35mm)でも同様で、開放では甘さが見られ、18mmと25mmではF5.6まで絞ると顕著に改善するが、35mmではF8まで絞る必要がある。42mmではどのような絞りでも、カリカリにシャープにはならない。
  • 色収差は新型では劇的に改善しており、特に最も色収差が目立った14mmでの改善の著しい。周辺部のハイコントラストの領域では、マゼンタ/ブルーの色ズレが見られるが、ごくわずかなレベルだ。周辺光量落ちは極めて小さく、14mm開放で1/2EV、18mm開放で1/3EV。
  • 歪曲は旧型のキットレンズとほとんど同じで、14-18mmで0.7%のタル型で単純な形なので後処理での修正は容易。25mmでは歪曲はなくなり、そこから42mmにかけて基本的に歪曲はない。
  • AFは無限遠から最短まで1秒未満で、非常に速い。(旧型と異なり)前玉は回転しないので、偏光フィルターの使用は容易。マクロ性能は0.19xで旧型の0.24xよりも少し劣る。
  • 初代キットレンズと比較すると、新型は明らかにシャープで、問題だった14mmの色収差も改善された。周辺光量落ちと歪曲は同等。
  • M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm F4-5.6と比較すると、共通のズーム域では新キットレンズが若干シャープ。色収差や周辺光量落ちは14-150mmのほうが大きいが、14-150mmは歪曲はほとんど無い。
  • パナソニック14-45mm F3.5-5.6はG1では極めて良好な性能だが、オリンパスのボディでは必ずしも、同じ性能が保証されるわけではない。パナソニック14-140mm F4-5.8は同じ焦点距離では新キットレンズと同じかそれ以上にシャープで、色収差と歪曲は同等だ。14-45mm同様、オリンパスのボディでは必ずしもこの性能が得られないかもしれない。
  • 14-42mm F3.5-5.6 II はテストでとても良好な性能を示した。初代キットレンズに見られたレンズのガタつきによる問題も解消している。オリンパスがこの問題を解決したのは素晴らしく、この実用的で小さなキットレンズをより気楽に推薦できるようになった。

 

PEN用の2代目のキットレンズは初代に比べて大幅に軽量化され、フィルター径も小さくなったことから、性能はよくて初代と同等かと思っていましたが、2代目は全体的に初代よりも良好な性能を実現しているようですね。

それから、鏡筒の緩さ(ガタつき)からくるブレの問題については知りませんでしたが、2代目キットレンズではこの問題は完全に解消されているということで、光学性能以外の部分でも堅実に問題点をつぶしてきているようですね。

2011年3月 3日 | コメント(16)

コメント(16)

描写としては初代キットレンズでも不満はなかったんですけど、あのAF速度見ると、買おうかどうしようか悩みますね。

予算は単焦点に回したいんですけどねえ…。

>あるシャッタースピードでブレが生じる現象があり、これには3つの
>原因があった。1つ目の原因は最初のオリジナルファームウェア、
>2つ目は初代キットレンズの鏡筒を伸ばしたときの露光時のレンズの
>ガタつきからくるもの、3つ目は手ブレ補整システムにシャッターの
>振動が影響するものだ。新キットレンズでは、E-P1でもE-PL2でも
>2つ目の問題は見られなかった。

私感ですが、これらの問題はあまり改善してないと思います。
私が買ったMZD14-42IIはこれらと思われる現象があります。
(なんでこのSSでブレルって感じ。)
更に、解像度が上がったのは認めますが、像面湾曲が酷く同じ距離で
フォーカスポイントとそれ以外の部分のピントのズレがかえって
目立ってしまって何とも。。。
焦点距離20mmくらい絞り解放、中央を無限遠に合わせて、右側1/3
くらいの所は3mくらいがジャスピン。当然右側の無限遠はボケてます。
(合焦した所のシャープさは凄いですが。)これ煽りレンズかいな。
ちなみに2mくらいまでの近距離では湾曲は目立たないですね。
(逆に他社のキットレンズ達よりいいかも知れません。)
また、この現象は絞ってもあまり解消しませんでした。
4/3は絞りの調整幅が狭めなのだから、暗めのレンズでは解放付近から
像面湾曲を抑えないと使いにくいですね。
メーカーに相談したけど、異常なしとの回答でした。残念。
個体差の問題かも知れませんが、他のZDレンズでもこれらの現象が
見られることから、品質管理を頑張って頂きたいものです。
勿論問題ない個体は満足のいく性能です。現在のハズレの確率は
ZD、MZD含めて2/5でした。

先代の14-42はとにかくブレがひどく、なんで?という思いで使っていて、結局見切りました。様々な原因があったことは驚きです。欠陥品扱いにはならないのでしょうか

鏡筒のがたつきというのは、欠陥商品の範疇では無いんですかね?
自動車であればリコールに相当すると考えられるのは自分だけですかね。

>ama730さん
ブレ問題は私もオリンパスのサービスに話をしたのですが、
無回答でした。担当の方は返答できずに困惑してたみたいですが。
ちなみにZD40-150、MZD40-150でも目立ちます。
SSは1/500秒くらい以上になるとこれらのレンズでも
分からなくなるようです。
レンズだけでなくボディにも原因がありそうです。
特にボイスコイル式(だったかな)の手振れ補正搭載機がそうみたいです。

悪いことばっかり書きましたが、良いことも一つ。
MSC搭載のMZDのAF速度はかなり早いです。そして無音です。
最短から無限遠まで0.2秒強くらいでピントが合います。(目測ですが)
まぁ、どの距離間でも合焦速度はあまり変らないんですけどね。(^^;)
やはりフォーカスの移動量が少ないほど位相差AFが有利なことに
かわりはないですけね。

確かに14-42mm llは合焦は早いですが、解像感は初代レンズが上でしょう。
私の場合、コンデジ代わりの散歩用として使用しているので、この点はあまり気にしていません。

現在はE-PL1に初代の14-42mmで使用しています。

写真は常にPCで等倍で確認をしていますが、レンズが原因で、ぶれていると思ったことはありません。
勿論、レンズを繰り出した時のがたつきはあります。

当たりのレンズだったといわれそうですが、今までE-P1、E-P2、E-PL1、E-PL2を使用してきて、その度に14-42mmレンズ(E-PL2以外は全て初代金属マウント)も変えて使用していますが、問題はなかったです。

E-PL2と14-42mm llはプラスチック感が好きではないです。

>TTさん
>解像感は初代レンズが上でしょう。
仰る通りとだと思います。と言いますのは、モデルの違いと言うより
個体差だと思うからです。
どうもオリンパスのスタンダードクラスは製造のバラツキが大きい
ようなのです。値段が安いですから仕方ないと言えばそれまでですが。
サードパーティではないのだから、もうちょっと安定して撮影できないもの
かと思います。
ちなみに私のZD40-150はカメラを上下逆さまにして撮影すると
めちゃくちゃシャープに写ります。普通に構えて撮ると何処にピントを
合わせたんだろう?ってなります。思わず笑っちゃいます。。。って
笑えないですね。(^^;A

tele端の最短撮影距離が長くなったのが残念です。

>>ニャンちゅうサン

ボデーは何をお使いですか?
EP1ではないですか?
もしEP1ならファームウエアのバージョンアップはされていますか?
私も初期の段階でブレの現象が発生しましたが、ファームウエアのバージョンアップでかなり改善しました。

PENシリーズの最新のファームウエアバージョンは、
●EP1:Ver1.4
●EP2,EPL1,EPl2:Ver1.1です。

ちなみに私はEP1での使用体験のみですので、その体験をもとに上記改善策を申し上げました。
また、「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6」と
「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」のファームウエアも最新のものにバージョンアップしています。

ご参考まで。

>Takeさん
ご指南本当にありがとうございます。
ですが、残念な事に私が使っているボディはE-PL1sとE-620です。
どちらも、ときどき何でこの条件でって時にブレがでます。
ニコンの一眼レフや他社のコンデジではあまり覚えのない現象です。
Lサイズのプリントでは凝視すると分かる程度なので気に病んでは
いないのですが。PC等倍だとあからさまです。
ただ、不思議なことに両ボディとも使い込むほどに発生率が減って
くるんです。機械的慣らしが効くのかな、変ですね。
でも、それより14-42IIの像面湾曲の方が気になります。
おまけに、18~30mmくらいでは少し傾いています。
遠景撮りでは使う気になれません。(T^T)
そこでパナソニックのG14-45を仕入れました。これはGOOD!
広角端で四隅の解像が少し甘いですが絞れば改善。像面湾曲なし。
標準ズームの座はあっさりと入れ替わりとなりました。

コンパクト化・沈胴ギミック優先で、製造上の精度確保や光学性能を犠牲にした設計と言うことなのでしょうか。ある程度のトレードオフは受け入れねばならないとは思うのですが、許容しかねるような個体差がざらにあるとすると残念な話ですね。

 個人的には、レンズの工作精度とブレ画像には関連性は無いと思います。

 ミラーの跳ね上げショックならまだしも、PENのシャッターのショックは、問題になるほど大きくないと感じています。
 加えて、レンズの光路に影響を生じるとなれば、相当な大きなショックではないでしょうか。

 おそらく、手ブレ補正システムの過剰反応ではないかと思います。
 過剰と言っても、等倍で見てどうこうと言う次元ですけれど。
 あるいは、補正にはフィードバック動作もあって、固めに組まれている場合、過大にシフトさせてしまうのかも知れませんね。
 ニャンちゅうさんの、「機械的慣らし」から考えるに、固めに組上げ、製品寿命を延ばす方向で生産しているのではないでしょうか。

 Eシステム機においても、SSが稼げる場合や、三脚使用時等では、手ブレ補正をOFFにした方がよりシャープな画を得る事ができます。

 私は、E-P1/E-P2/E-PL1とレンズキットを手に入れましたが、いずれも、レンズ由来のブレ画像と思えるものは出ませんでした。

 今回の記事については、海外メディアに見受けられる、「予想や憶測を断定的に表現してしまった」ように思えます。

 ただ、製品の個体差のバラツキに関しては、看過できないほどのものであるのならば、改善していただきたいですね。

>三桁FT待ちWさん
  
補足ですが、SLRGearには「E-P1とE-PL2で新型と旧型のキットレンズでテストし、旧型では再度この問題が発生することを確認した」という一文もあるので予測で記事を書いているわけではないかと(もちろん、言っていることが正しいとは限りませんが)。

また、この件については、SLRGearの関連サイトであるImaging Resourceが以前、検証を行っているので、下記のリンクを参照してみて下さい。
http://www.imaging-resource.com/PRODS/EP1/EP1BLUR.HTM


【E-P1 ファームウェアアップデート】

ここで取り上げられている一連のブレの問題は、ファームウエアのバージョンアップで解決できる問題であると思っています。

●管理人さんが示された「Imaging Resourceの詳細な検証」はEP1(ファームウエア Ver.1 or Ver1.1)で、ファームウエアNONバージョンアップのM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6レンズを使用した内容です。

●最新のEP-1のファームウエアのバージョンがver1.4,
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6のファームウエアのバージョンがver1.1ですので、本体への最新のファームウエアの設定で解決できる問題だと思います。
ちなみに、私はM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6のⅠもⅡもEP-1で使用していますが、上記でご紹介したように
バージョンアップ後ブレの問題は解決しました。

●他社も含めてデジタル一眼の市販後の不具合の対応をファームウエアのバージョンアップで対処するのは一般的です。
最近の装置は戦闘機であれ、車であれ、もちろんカメラであれ、その装置のメイン動作をコンピュータ制御するので、不具合の多くがファームウエアに起因するものがほとんどです。

●私たちは、カメラが機械式であった昔と違った不具合へ認識をもつべきではないでしょうか?
つまりカメラの性能や不具合を購入後でもファームウエアのバージョンアップで改善していけるという認識です。

◆ご参考にオリンパスのホームページから入手したEP-1の
 ファームウエア更新内容を下記に記載します。

■EP-1 のファームウェア Ver1.4 では下記の変更内容を盛り込んでいます。
[修正内容]
•オートフォーカスの速度を向上しました。
•M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 / M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6の使用において、動画記録中のC-AF(コンティニュアスAF)の追従性を改善しました。
•M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6に対応しました。ファームをバージョンアップしないで使用すると、ライブビューのフレームレートが低下する場合があります。

-------------------------------------------------
【これまでの更新内容】
■E-P1 のファームウェアVer1.3 では下記の変更内容を盛り込んでいます。
ファームウェアver.1.2における、MF(マニュアルフォーカス)時に水準器の表示が動かなくなる現象を修正しました。
■E-P1 のファームウェアVer1.2 では下記の変更内容を盛り込んでいます。
•MFアシストの拡大表示時間を変更し、操作性を向上しました。
•液晶モニタのバックライトを消灯に設定した場合でも、撮影確認を可能にしました。
■E-P1 のファームウェアVer1.1 では下記の変更内容を盛り込んでいます。
•C-AF(コンティニュアスAF)撮影時の動作を改善しました。

*M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6をお使いの方は、レンズのファームウェアVer.1.1以上をお勧めします。

                         以上

◆ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6-Ⅱ型をⅠ型と比較 した所見を申し上げます。

 ここで、何人かの皆さんも指摘されているように解像感は
 Ⅰ型の方が上であるように感じました。

 レンズ構成を見てもⅠ型はEDレンズを使用しておりますが、 Ⅱ型では使用されておらず、遠景撮影時の色収差について
 差異があるのではないかと思っています。
 
 さらに詳細な構成を比較しても、
 Ⅰ型は7群9枚(ED1枚、HR1枚、非球面2枚)レンズ両面 コーティング。Ⅱ型は7群8枚(非球面3枚)なので、スペ ック的にもⅠ型が解像度は優位に思えます。


 ちなみに私はⅠ型とⅡ型の使い分けを以下の様に行っていま す。
 ●Ⅰ型:写真撮影
 ●Ⅱ型:ビデオ撮影および高速シャッターを必要とする
     写真撮影(静かさと合焦の早さから)

 以上ご参考まで。

不具合(不満)があるのにバージョンアップしてくれないメーカーよりかは遙かにマシだと思いますが、それでもバージョンアップ以前に撮った写真までは救えません。

私も去年E-P1で撮った沖縄の写真がぶれまくっていた経験があります。そのときは構え方の問題か、自分の腕のせいかと思っていましたが、こんな情報があったとは・・・

人の作ったものである限り「完璧」な製品はないと思いますが、本当だとしたらこの件はかなり重度の不具合ではないでしょうか?こっそり直して通知もしないような態度でいいんですかね?
私は不信感を抱いてしまうなあ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年3月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが光導波路を使ってセンサーの高感度性能を改善する特許を出願中」です。

次のブログ記事は「パナソニックが8月に新型マイクロフォーサーズ機を発表する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る