ニコンAF-S 28-300mm F3.5-5.6G VRは必ずしも納得のいく性能ではない

Photozoneに、ニコンAF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VRのフルサイズ機(D3X)でのレビューが掲載されています。

Nikkor AF-S 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR (FX) - Review / Test Report

  • 鏡筒はしっかりとしているが、主にポリカーボネートでできている。コンシューマー用レンズとしては極めてよい造りだが、ニコンのプロ用レンズよりも多少劣っている。鏡筒はめいっぱい繰り出してもガタつきはない。ズームの自重落下も見られない。
  • ズームリングはスムーズで適度な重さがあるが、フォーカスリングは少しがさつに感じる。残念なことにフォーカスリングには、回転の方向を変えたときに若干の遊びがあり、精密なピント合わせでは気になるかもしれない。加えてフォーカスリングは極めて細く回転角が小さいので、MFはそれほど快適ではない。
  • 高倍率ズームでは大きな歪曲が予想されるが、このレンズも歪曲は非常に高いレベルだ。広角端では極めて大きなタル型(-4.48%)で、50mmでは糸巻き型が顕著(1.84%)になる。100mmでは2.51%の糸巻き型で多くの被写体でとても気になる。それ以上の焦点距離では歪曲は小さくなるが、それでも高いレベルのままだ。よいニュースは、歪曲の形が整っていることで、後処理で容易に補整することができる。
  • 周辺光量落ちはワイド端開放では非常に高いレベル(1.91EV)だが、絞れば低いレベルになり、ほとんどの被写体で目立たなくなる。他の焦点距離でも開放ではいくらか目立つが、1段絞れば、特に周辺光量落ちが目立つ被写体を除けば問題は解消する。
  • 中央はとても良好な解像力で、28mmでは少し絞れば最高レベル(excellent)に達するが、望遠側に行くに従って解像力が低くなる傾向がある。中央は開放ではズームの両端は若干甘い。周辺部と四隅は別で、焦点距離によっては絞れば良好な解像力(good)になるが、総合的には解像力はおおむねかなり低い。
  • 倍率色収差は、ほとんどの焦点距離、ほとんどの絞り値でかなり高いレベルだが、倍率色収差は容易に補整でき、ニコンの最近のほとんどのデジタル一眼ではカメラ内で補整される。
  • このタイプのレンズでは多くの妥協があるが、残念ながら、ニコンの28-300VRでもこれは真実だ。歪曲は非常に大きく、周辺光量落ちや色収差も大きい。中央の解像力は良好だが、素晴らしい値ではなく、ズーム両端と周辺部・四隅では多くの焦点距離・絞り値でかなり甘い。従って光学的には、必ずしも納得のいくものではない。しかし機械的な部分では大きな不満はなく、造りは良好だ。AFは少し遅いがほとんど無音。結局は光学性能と利便性のバランスの問題だ。DXでも使うなら18-200VRのほうがいいだろう。

 

光学性能の評価は5点満点で1.5~2点とやや厳しい評価になっています。このレンズは、ePHOTOzineNikon RumorsなどのD700でのレビューではかなり高い評価でしたが、この記事やLensTipのD3Xでのレビューでは少々辛口な評価になっているようです。

確かに、MTFのグラフを見ると周辺部は甘く、D3Xでは少し解像力が不足ぎみかもしれません。とはいえ、利便性重視の高倍率ズームなので、高画素のフルサイズ機でこれだけ写れば必要十分かもしれませんね。

2011年4月25日 | コメント(2)

コメント(2)

多少の収差歪曲はフォトショのレンズプロファイルを使えば簡単に単焦点並へと補正できますので、最近はシャープネスとボケ味を注目するようにしてます。それでもこのレンズはかなり厳しいみたいですね。☆1.5つしかないということは、DX機でも良くて☆2.5止まりでしょう。

D800のキットレンズになりますね
なるほど、周辺部が甘く解像力が不足気味とのことですがこのレンズは利便性重視として割り切るのが良さそうですね
ということは本格的な自然風景向けではなく日帰り山歩きのスナップ向きといえそうですね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年4月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD5100は買い物リストナンバーワンのカメラ」です。

次のブログ記事は「今月リークしたペンタックスのミラーレス機の写真はミラーレス機のプロトタイプモデル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る