タムロンSP70-300mm F4-5.6 Di VC USDは揺るぎのない性能のレンズ

SLRGearに、タムロンSP70-300mm F4-5.6 Di VC USDのレビューが掲載れています。

Tamron 70-300mm f/4-5.6 Di VC USD SP AF (Tested) 

  • APS-C(7D)のテストでは、70mmは画面右上にいくらか甘い部分があるが開放からとてもシャープで、F5.6まで絞るとカリカリにシャープになる(四隅にはごくわずかな甘い部分が残る)。ズーム中間域(100-135mm)でも同様に良好な性能で、F5.6でとてもシャープになり、F8でカリカリにシャープになる。
  • 200mmでは開放では四隅が少々甘く、弱点が見え始める。しっかりとした解像力を得るにはF8まで絞る必要がある。300mmでも200mmより良くはならない。300mmではF8とF11がベストで、この絞り値では十分にシャープな画像が得られる。
  • フルサイズ(1Ds Mark III)のテストでは、周辺部がAPS-Cよりも少し甘くなるだけで、その他の点ではAPS-Cとほとんど同じ結果。F8で最もシャープになるが、200mmと300mmではカリカリにシャープになることは期待できない。
  • 倍率色収差は、周辺部のコントラストの高い被写体に軽いマゼンタのグリーンの色ズレが見られ、良好に補整されてはいるが素晴らしいわけではない。色収差は絞ると大きくなる。ベストの性能になる焦点距離は135mmと200mm。
  • 周辺光量落ちは、APS-Cではほとんど見られないが、フルサイズでは最も大きくなる100mmと135mmの開放でほとんど1段分の周辺光量落ちが見られる。周辺光量落ちの影響をなくすには、少なくともF8まで絞る必要がある。
  • 歪曲は70mmではほとんど無視してよい大きさのタル型で、135mm以降では顕著な糸巻き型になる。フルサイズでは歪曲は更に顕著になる。歪曲はこのカテゴリーの他のレンズを超えるレベルではない。
  • USDによるAFは非常に速く、作動音はかなり無音に近い。フルタイムマニュアルフォーカスが可能。前玉は回転しないので偏光フィルターの使用は容易。
  • タムロンの70-300mm F4-5.6 Di LD (非VC)と比べると、解像力の点では同等か、状況によっては旧型(非VC)のほうが良い。しかし、新型はUSDとVCが大きなメリットで、色収差と周辺光量落ちで優れている。
  • キヤノンEF70-300mm F4-5.6 IS(非L)と比べると、解像力ではキヤノンがタムロンと同等か上回っており、色収差や周辺光量落ちも少ない。歪曲はキヤノンが若干多い。EF70-300mm F4-5.6Lは、我々がテストした個体はタムロンと互角の性能だった。
  • ニコン70-300mm F4.5-5.6G VRと比べると、解像力はニコンが優れているが、色収差では劣っている。このレンズはフルサイズではテストしていない。
  • このクラスのレンズには望遠ズームとマクロの2つの役割があるが、タムロンはマクロ性能を犠牲にして望遠ズームとしての面を際立たさせている。結果として、このカテゴリでは揺るぎのない性能のレンズとなっている。

 

解像力だけを取り上げるとそれほど際立った性能ではありませんが、総合的にはとても優秀なレンズで、コストパフォーマンスは抜群だと思います。マクロ機能が無くなっているのは、シグマのOS付き(70-300mm OS)も同様なので、手ブレ補整とマクロの両立が難しいのかもしれませんね。

2011年4月 3日 | コメント(4)

コメント(4)

本文にもあるように周辺が甘く、
納得いかないので3本のこのレンズを使い試しましたが、フルサイズでは11まで絞ってなんとか周辺も使える感じでAPS-Cでは8まで絞ってなんとか周辺まで使える感じです。中央はとても良いのですが周辺が気になる被写体には厳しいかもしれません。メーカーに調整依頼はしてませんが、この特性が仕様ならあまりお勧めできません。おそらく「値段のわりに良い」と納得され、多くを求めない方向きです。

このクラスの望遠レンズは手持ち撮影がメインなので、私はどうしても開放付近で使うことが多いです。ですから周辺の甘い写真を量産しますが、トリミングしてしまえばなんとかなりますね。もっともそれは裏を返せば構図を追い込まないわけで、作品作りにはまったく向いてません。完全に記録用・写真日記用です。

このあいだどうしても8キロ離れた高速道路を撮影する必要が出てきてSP70-300mm VC USDで初めて三脚を使ったのですが、F11まで絞った300mm端を等倍拡大したら、高速を走行してる車の種類まで分かって、すっかり見直しました。数百メートル離れた車のナンバーも読めます。これは言い換えれば、三脚さえ使えば野鳥も十分写せるということですよね。ただしトリミング前提となりますが、ブログ日記ていどなら十分でしょう。

F2.8通しクラスは作品作りに欠かせないでしょうけど、そういうのを望遠に求めない人には、この70-300mmで十分になんでも写せそうです。

VCはたしかに純正同クラスより効く感じですが、ちょっと音がするのと安定に時間がかかるような気がします。

写りに関してはタムロンが自慢するほどではないかな~??
悪くはないんですが、良くも悪くもタムロン調でエッジが立つ感じがありませんね(笑)
CanonのAPS-C限定いうなら、絞った時の解像はキットの55-250mmISの方がよいです。
タムロンは中心はいいけど、やはりエッジが立つ感じは純正ほど感じません。
あとファインダーをのぞいてみるとやたらマゼンタに寄っているようです。
まぁWBオートではそれほど違和感がないのですが...

ただ超音波モーターやフルタイムマニュアル、造りなどは良いので価格分相応以上のバリューはあるレンズだと思います。

期待しすぎると少しばかりの?感があるかもしれませんが
タムロンにしてはさすがに60周年ということで
よくがんばってると思います。
実売価格を考えると十分優秀なレンズだと思います。

さぁて、どうしようか?もっと早くここのサイトを見ていれば、何もSONY SAL70300Gを払い下げなかったものを…。

 今回、メーカー鞍替えでSONYからNIKONにするのだが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年4月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのいくつかの新製品の発表が延期される?」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-5の低感度の解像力はパナソニックGH2以上」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る