ソニーUK公式サイトでNEX-3とNEX-5が"旧モデル"と表示

Sony Alpha Rumorsに、ソニーのNEX-3とNEX-5が既に旧モデル扱いになっているという情報が掲載されています。

Sony NEX-3 and NEX-5 now listed at "previous models"

  • 新しいNEXの発表が近付いている! ソニーは(ソニーUKのサイトで)公式にNEX-3に"旧モデル"と表示し、そして驚いたことにNEX-5にも"旧モデル"と表示している。

    NEX-C3がこれから数週間のうちに発表されることは分かっているが、NEX-5を置き換えるモデルは秋の発表が予想されている。もしかするとソニーはNEX-C3を積極的に売り込む決断をしていて、NEX-3とNEX-5の製造を中止するのかもしれない。

 

現在、ソニーUKのサイトの「旧モデル(PREVIOUS MODEL)」の表記は削除されているので、フライングで表示してしまったのかもしれませんね。ただ、NEX-C3は高性能な16MPセンサーを採用すると噂されているので、発売と前後してNEX-3だけでなくNEX-5がディスコンになる可能性もあるかもしれません。

以前、NEX-5はNEX-7に置き換えられるという噂が流れたことがありましたが、ここでは、秋にNEX-5の後継機が登場するとなっているので、どちらの噂が本当の情報なのか気になるところです。ただ、NEX-C3の性能によっては、3機種体制になると住み分けが難しくなるかもしれませんね。

2011年5月12日 | コメント(4)

コメント(4)

3の後継機が4とか6とかではなく、C3と3ナンバーを保持している事、またリーク写真を見る限り動画がAVCHDではない事、おそらく7はちょっとお高めの価格になるであろう事を考えると、5を7に統合して5ナンバーを空き番にするという事は無いのでは。

人気の5後継機はクリスマス商戦用に秋発表なのかな、と思ってます。

どちらにせよ、6/3が楽しみですね。

リンクシェアではNEX-3・NEX-5のバナーはとっくに(1ヶ月以上前)消えてましたのでわりと予想通りでかね…。
ただ、α33α55はまだ残ってますが。

普通の会社なら社外秘扱いの情報が、どうしてボロボロ出てくるのでしょう? 意図的に蒔いていると考えるのが妥当かもしれません。
こんなことをするぐらいなら、今度のカメラはこのような内容でいつ頃発売します!! ・・としたほうが、よっぽどスッキリします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年5月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海外でパナソニックDMC-G3が正式に発表」です。

次のブログ記事は「ソニーNEX-C3とα35、30mmマクロ(NEX用)は6月3日に発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る