パナソニックLEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 は標準レンズとしては高価だが素晴らしい性能

PHOTOGRAPHY BLOGに、LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. のレビューが掲載されています。

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH

  • 大口径の標準レンズとしては、極めて軽量コンパクト。レンズは多くのプラスチックの部品で出来ているが、マウントは金属製。マウント周囲にラバーシール(防滴)はされていない。大きくて有用なレンズフードが付属するが、レンズに逆向きに取り付けられないので、しまう際に支障がある。
  • AFはほとんど無音で、新型のG3との組合せではAFは非常に速い。フィルター枠が回転しないのは、偏光フィルターやグラデーションフィルターを使うユーザーには朗報だ。MFはモーター駆動で、とても自然な使用感。フォーカスリングは十分以上の幅がある。
  • 色収差は、コントラストのある輪郭部分に紫とブルーの色ズレが見られるが、目立つのは、(背後に他の被写体が)ほとんど何も無い部分のみだ。
  • 周辺光量落ちは、開放では周辺部に多少見られる。
  • 7枚羽根の絞りを採用しており、少なくとも我々の見解では、ボケ味はとても素晴らしい。
  • 実写での解像力テストは、中央はF2.8でベストの解像力。一方周辺部はF4からF11の間で許容範囲内の解像力だ。
  • 光学性能は素晴らしく、中央部は開放からシャープで、周辺部もF4まで絞ればシャープになる。色収差はほとんど完全に補整されている。プレミアム価格から期待されるように、造りのクオリティは素晴らしい。599.99ドルの価格は、換算50mmのレンズとしては確かに高価だが、素晴らしい性能やクリーミィーなボケ味を考えると、この価格は概ね理にかなったもので、大口径標準単焦点を辛抱強く待っていたm4/3ユーザーにとってよい投資になると思う。

 

サンプルでは開放付近ではややソフトな感じですが、絞れば周辺部までシャープな描写になるので、大口径の単焦点らしく絞りによる描写の変化を楽しめそうなレンズですね。

ボケ味は、他のレビューではややうるさく見えるサンプルもあったようですが、ここに掲載されているサンプルはとてもスムーズで好印象です。

2011年7月21日 | コメント(4)

コメント(4)

開放は言うほどスペシャルじゃないしボケもうるさ目の感じだが、動画用途には威力ありそうだね。軽装備で小津安二郎監督ごっこにはありがたいレンズ。

ボケはまずまずですね。シャープネスも、4/3ほどではないにしても悪くはないです。。

μ4/3、単玉が揃ってきてイイ感じだねぇ。
パナの14、25、45で一通りのシステム完成って感じかな。

「小津安二郎監督ごっこ」なら、NEX+マウントアダプタ+フルサイズ
50mmのMFレンズの方がしっくりくるかもよ

Nokton F0.95との比較が是非欲しい


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年7月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα77のフランスでの価格は1050ユーロになる?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがX100の技術を使ったm4/3機を開発中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る