キヤノンが2種類のセンサーのEOS 3Dのテストを行っている?

Northloght Imagesに、キヤノンのEOS 3Dに関する噂が掲載されています。

Latest News 2011 July

  • 先日の特許(※キヤノンの3層センサーの特許のことです)に続いて、2つの異なった情報があり、来年キヤノンが、トップエンドのデジタル一眼市場を刷新したいと思っており、ベイヤーセンサーと3Dセンサーを搭載したEOS 3Dのテストが重点的に行われていると言っている。この"3D"はセンサーの構造について述べていて、2つのレンズと眼鏡による立体画像のことではないことに注意して欲しい。

 

この記事にある3Dセンサーとは、シグマのFoveonのような積層型のセンサーのことだと思いますが、このタイプのセンサーはシグマが基本特許を抑えているようなので、他社による製品化は特許が切れるまでは難しいのではないかと思いますが、どうなんでしょうかね。

ただ、少し前から、EOS 5Dシリーズが上位機種と廉価機の2機種に分かれるという噂が流れているので、3層センサーの採用はともかくとして、EOS 3Dが5Dの上位機種として登場する可能性はあるかもしれませんね。

2011年7月11日 | コメント(9)

コメント(9)

長きにわたる不況や震災の影響もありますが、早く銀塩時代のように、-1,-3,5,7のラインナップを完成させて欲しいです。
製品としての歴史が短い-3の知名度不足は否めませんが、個人的には、スタジオ用プロ機(-1)、報道・スポーツ用プロ機(-3)、風景・静物向けハイアマ機(5)、動体向けハイアマ機(7)といった性格分けが最も解りやすいのではと考えています。

正直セグメンテーションをしすぎるより、今ぐらいのラインナップで機種当たりの台数を稼ぎコストダウンした方がメーカーと客と両方のメリットになるのでは。

和訳情報はいつも助かっています。

ベイヤ型と3D型の両方を撮像素子として載せるのなら、プリズムを入れるなりして筐体が肥大化すると思います。
現実的な案として、63分割デュアルレイヤー測光センサーの進化版ではないでしょうか。
ニコンは3D-RGBマルチパターン測光という名称ですし、3Dというのは言葉の綾かもしれません。

えがみさん、一機に両方を載せるのではないと思いますよ。
載せるメリットも見出せませんし。

>memeさん
私が途中でタイトルを変更したので、
最初のタイトルを見た方は誤解されたかもしれません。

んー、世の流れを見ても、3Dは3Dも撮れる
カメラと見てるんですけどねえ。
何気に1眼デジ、それもEFレンズ群そのままで
3D写真も撮れたら凄いかと。それも眼鏡なしで
見れたら。撮れないなら名称は「2D」で(笑)。

こんな情報が飛んで来ました!

photorumors Photo Rumors
Canon EOS 5D Mark III video: This unofficial teaser video about the upcoming Canon EOS 5D Mark III camera showed... http://bit.ly/qLZlnb
.

 本の記事によると、ベイヤー配列は、当初コダックのカラーフィルムの感光剤配置として考えられたそうだ。

 感光剤の三層塗り技術が実用化されて日の目を見なかったのだけど、デジタルも同じようにベイヤーから三層に進化することになるのだろうか?

3Dの立ち位置ってどんなふうになるのでしょうかねぇ。1D系が統一されて、その下に高画質系の5Dがいて、その下に高速連写の7Dがいて… 動画重視の機種が5Dの上位に位置するのでしょうかねぇ。自分的には年末あたりに統一された1Dと7Dの後継機種が発表されて、半年遅れぐらいで5Dの後継が出てきて、結局は、正統進化で ちゃん・ちゃん ってな気がするのですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年7月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが8月末にα77と共に16-50mm F2.8 SSMを発表?」です。

次のブログ記事は「ソニーが回折限界以上に解像度を高める技術の特許を出願中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る