ソニーα77、α65、NEX-7、交換レンズの発表は8月24日?

Sony Alpha Rumorsに、ソニーのα77とα65、NEX-7、いくつかの交換レンズの発表日に関する噂が掲載されています。

(SR5) The Sony DDay on August 23/24!!! The biggest Sony Photo products announcement in history?

  • 信頼できるソースによると、ソニーはα77、α65、NEX-7、(おそらく、NEX-5NとVG20も)、新しい16-50mm F2.8とEマウント用のツァイス24mm F1.7(加えて50mmと55-210mmも発表されるかもしれない)を、8月23日/24日に発表する。

    2つの日付があるのは、住んでる地域のタイムゾーンに依存するためで、例えば、日本なら8月24日、アメリカなら8月23日になる。近日中に正確な発表時間と、正確な製品リストを入手できるはずだ。

    この発表は、恐らく、これまでのソニーの写真関係の発表で最大のものになると聞いている。新型機が店頭に並ぶのは(少なくともアジアでは)10月の初旬になり、たぶんヨーロッパとアメリカではもっと遅くなる。

 

この噂が事実だとすると、ソニーから8月に少なくともボディが3機種(NEX-5後継機とNEX-VG20があれば5機種)、交換レンズが2本(50mmと55-210mmがあれば4本)発表されるということで、本当に大規模な新製品発表になりそうです。

今回の新製品では中級機のボディやハイアマ向けのレンズも登場するので、これまでのソニーの発表にも増して期待が高まりますね。あと、NEX用の50mmは、これまであまり噂が流れていないので、どのようなレンズになるのか気になるところです。

2011年7月31日 | コメント(14)

コメント(14)

最新の噂ではZeiss24mmはF2、50mmはOSS40mmF2になったはずでは無かったでしょうか?
いずれにせよ、どんなものが出るか実に楽しみです。

E55-210を待ち望んでいます。
NEX-3で嫁さんが子供の音楽発表会に持って行きたがっています。9月下旬に間に合えばいいのですが・・・
55使いの私は、77&65に関心がありますが・・・

本題とは違う事で申し訳ありません。
「日本なら8月23日、アメリカなら8月24日になる」??? 「日本なら8月24日、アメリカなら8月23日になる」ならわかりますが…。私の理解力が無いせいかも…。

>おりおりさん
修正されたようです。日本は24日ですね。

α77は16-50F2.8とのキットレンズで購入予定ですが、NEX-7が噂どおりの形なら物欲を刺激されて悩ましいところです。紅葉の時期に間に合えばいいのですが。

NEX-7とツァイス24mm F1.7(F2?)に興味津々です。
NEX-7に比べNEX-5後継機は噂も少ないですが、
基本的にセンサーをC3のものに変更しただけのマイナーチェンジ機に終わるのでしょうか。

「最大のもの」とか言われちゃうと興味をそそられますねw

最初にNEX-7やα77の噂が出始めたころから、今回の発表日が分るまで長かったです。NEX-5後継機やツァイス24mm以外のEマウント用レンズも発表される事も含めて今回の発表に期待しております。

確かにSONY ファンにとっては、夏祭りになりそうですね!
5N狙ったのですが、7がも可能性大ですし!VG20狙い目になってきましたしー

55/33の時は8/24発表9/10発売でした。
今回も8/24発表ですが、発売はrumorの通り10月初になるんですかね。
できるだけ早く発売して欲しいです。

HVL-F43AMの国内販売に関する情報も、是非同じ場で発表があることを希望します。正直、今はこれが一番欲しくてたまりません。

一気に来ますねぇ
新しいEVF機(α77・NEX7)は出来がよければどっちか買ってしまいそう
待ちかねてたEマウント用のレンズやαの新ズームも来るし
貯金はどれくらい用意しておけばいいのやら……
せめて在庫切れはありませんように

最近のαは勢いが凄まじいですね。

ニコンのD400と同日発表みたいですが、本命α77がD400にどれだけ対抗できるかが気になります。

65がOVFでありますように(-人-)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年7月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンAF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G VR II はとても有用だが弱点もあるレンズ」です。

次のブログ記事は「ニコンが24-70mm F3.5-4.5などのFX用の標準ズームの特許を出願中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る