ソニーがNEX用の透過光ミラー内蔵マウントアダプターを準備中?

Sony Alpha Rumorsに、ソニーがNEXでAマウントレンズを使うための透過光ミラーアダプタを準備しているという噂が掲載されています。

(SR5) The revolution is coming: NEX adapter with built-in translucent mirror!

  • 私の最高のソースによると、ソニーは透過光ミラーと位相差AFシステムを搭載した特別なα(Aマウント) - Eマウントのアダプターを発表する準備をしている。これは全てのNEXを完璧なAマウント互換システムに一変させることを意味している。

    (このアダプターに)EVFは内蔵されず、別途ホットシューに取り付けることができる。価格はまだわからないが、現行のEマウント用のアダプターLA-EA1よりも大幅に高価になることは明らかだろう。

    これは、伝統的な一眼レフや透過光ミラー機を時代遅れにさせる大変革の最初のステップかもしれない。2、3年後に、ひょっとすると市場にはミラーレス機しかないかもしれない。しかし、私は、ソニーが来年も透過光ミラー機を開発することを確信している。従って、伝統的なデザインのカメラが好きな人も心配する必要はないだろう。

 

SR5となっているのかなり信憑性の高い噂のようですね。この噂が事実だとすると、NEX上でAマウントのレンズを、本来のAF速度のまま利用できるようになりそうです。

EVFも装着可能ということなので、このマウントアダプターは、NEXを実質的にα二桁シリーズと同等の機能にするアクセサリーなのかもしれませんね。

Aマウントの資産があるユーザーにとっては便利なアイテムかもしれませんが、一方で、このアダプターが発売されるとNEXとα二桁シリーズとの住み分けが少々曖昧になるような気もします。

2011年7月18日 | コメント(65)

コメント(65)

素晴らしい技術ですが、これでEマウントレンズのラインナップが減ったりしないことを望みます...

おもしろいアイテムではありますが、言い換えるなら不完全な仕様に継ぎ足しをすることで余計なコストをかけさせてて完成させるみたいな、ふざけた仕様とも言えます。道楽や遊びとしてはありかもしれませんが、レンズを含めたEマウントシステムの歪みをこんな形で補完するなよと言いたくもなります。

面白いのですが…
素直にα55とか噂の上級機を使った方がよさそうに思います。
こちらのセールスポイントは?センサー式手振れ補正がないので動画を長時間撮れるとか?それはちょっと自虐的。

何の為なのか意味不明
レンズが揃わない穴埋めの為?

そんなものよりもレンズのラインナップを充実させるのが先だと思います。
わざわざ高いアダプターにデカイレンズを付けるよりもカメラを二台用意するほうが合理的だと思います。

>2、3年後に、ひょっとすると市場にはミラーレス機しかないかもしれない

とか本気?

個人的には歓迎ですが、アダプタ内に透過ミラー入れて
ゴミ対策はどうするのでしょう、入り放題な気がします。
あと、透過ミラーよりも手ぶれ補正機能の追加の方が
マウントアダプタ使いとしては優先度高いので、こちらも
なんとかして欲しいですね。αはボディ内手ぶれ補正が売りの一つ
なのですから。

>>123
nexって、最小限のコアなシステムに必要な機能を組み込んでいく
所謂レゴブロックみたいなカメラだと思えば、良いんですよ

ここまでやる意味があるのだろうか。
2万円ぐらいで売られるなら大歓迎ですが5万近くする様なら
Aマウントを近い将来やめるために開発しているのではないかと勘ぐってしまいますね。


NEX買った人はほとんどが標準レンズしか買わないので他のEマウントレンズが売れてない。なので新しいEマウントレンズ作らず今回のアダプタでごまかそうかと、苦肉の策では。私としては広角ズームの画質のいいの出してくれたら、ボディ込みで買うのですが。

価格次第でしょうね。
3万円切るぐらいじゃないと売れるには厳しいかと。
それでも既存Aマウントユーザーの取り込みには十分では?
今のアダプターでは既存AユーザーがEマウントにする意味があまり無い(笑)
それなら素晴らしいAマウントレンズがα55程度のAFスピードになるなら大歓迎ですね。
あとは大きさ次第・・・
AFセンサーとモーター内蔵にミラーでどこまで小型化できるか。
SSM,SAMのみだとさびしいなあ。

>>oto
標準レンズしか買わないのではなく、標準レンズくらいしかないというのが現状です。。。「売れない」ではなく、レンズがまともに出てないので「買えない」というのが現状だと思います。

この文の注目すべき点は、変態アダプタじゃなくEVFの件じゃないかな?
ようやく、NEX-5でもEVFが搭載されるのかも。

これからも安心してαAマウントのレンズを買えるので大歓迎です。
レンズは資産と言いますし、カメラがどんな形になっても、本来の性能を発揮できるようにしてもらえるのはありがたいですね。

歓迎かどうかと言われれば歓迎なのですが、Eマウントは?と言いたいですね…
どういう方針のどういうカメラなのかもう少しハッキリして欲しいです。
ボディはハイスペックなのに販売方針はライトユーザー向けに見えますね。

>otoさん
nexさんと同様に、選択肢もないし、
酷評が多いので「イイレンズ待ち」の人はそれなりにいると思います。

少々勘ぐってしまうと、Eマウントを小型のままで高性能化することがよっぽど困難なので、しばらくはAマウントにその役割を負ってもらおうという方針になったのでは?
Eマウントに対する明るい未来が見えてこないのでこういうマイナス方向の想像をしてしまいます。

これって昔の記事によるとパナソニックが特許をとっているはずなんですけどどうなっているんでしょうかね?

http://digicame-info.com/2010/04/af-3.html

>これって昔の記事によるとパナソニックが特許をとっているはずなんですけどどうなっているんでしょうかね?

特許はわずかな改良を主張するだけでも別な特許として通ってしまいます。

スチル機の為というよりNEX-FS100JとかVGシリーズとかの動画機を意識しての事では?

スチル系ユーザーは豊富なレンズを使いたければ、普通にAマウント機使えばいい話ですが、動画系NEXユーザーはロードマップのレンズが全部発売されても、まともにAFが効くレンズは10本だけですからね。

しかしこのアダプターが発売されればレンズの選択肢が一躍拡大し、"一眼動画機" の分野で大きなアドバンテージを得られるでしょう。

NEXユーザがαマウントのレンズに手を出しやすくするのには
大きな意味があると思います。現状、SONYの入門機として
NEXは成功したと言えると思いますが、この流れをαの中、
上級機へ橋渡しするのにはやはりレンズの流用性を上げるのは
重要かな、と。

現状だと、NEXからのステップアップを考えた場合にNEXと
αのつながりが今一つ弱いので、他社マウントもどうしても
視野に入ってくるんじゃないかなという気がします。

NEXを買う人のなかでコレを買う人が一体どれだけいるのか甚だ疑問です。バランス悪すぎでしょう。そんなことよりもBIONZプロセッサを2コア~4コア化してコントラストAFの性能上げてくれたほうがいいんじゃないかな。エンジニアのお遊びが過ぎる。こういうギミックきらいじゃないですけどね。
ただソニーの中の人が同一センサーでレンズの大きさもたいして変わらないマウントを2つも走らせてしまったことを若干後悔してるんじゃないかと不安ですね。利点はAマウントユーザーがNEXとαの両刀使いが一層しやすくなったところですね。それでも使いどころは相当限られてはいます。

ミラーレスって、こんなもの付けてまで使う意味があるのでしょうか?
益々コンパクトさからかけ離れる訳だし、

Aマウントのレンズ使うなら、
普通にαのボディを使えばいい事です。

アダプタで上位機種のレンズに頼ろうとするシステムは、
先がヤバいと思います。
コンタックスNのように・・

ごめんなさい、意味わかんないです。
ミラーレス機にミラーを搭載させるってことですか。
そこまでしてNEXを使用する理由が不明です。

従来のAマウント資産は良いとして、
新しいことをやろうとすると、最初はいいのだけれど、結局ソニーはいつもパナに勝てないんだよね。と・・思いながらマクロレンズの発売を待っている私。

システムの奥行きがかなりのものになりそうで、
これを買い足すなら素直にα二桁シリーズのボディを新たに買った方が……。

それに使ってみたいと思わせる良いレンズは大きく、重く、高価で、
色々な面でNEXシリーズとはバランスがとれないと思います。

>ただソニーの中の人が同一センサーでレンズの大きさもたいして変わらないマウントを2つも走らせてしまったことを若干後悔してるんじゃないかと不安ですね。

僕もそう思います。
APS-Cと言うサイズを優先したが為に、レンズの小型化に行き詰ったように思えます。新マウントの規格を立ち上げたのに、1年経過しても、片手で数えられる程度しかないレンズに、カメラシステムとしての不安を覚えます。

Didjeridooさんがうまく表現してくださいました。レゴのようなカメラ。
私もそう思います。これはアイディア次第でたいへん面白くなると思います。
NEX5E(5N)の左側にグリップをかねて外付け出来るEVFをだしてくれないかな。
今回のアダプターは、従来のものに違うタイプが加わるということかなと。

アダプターさんと同じくぼくも動画撮影用のために、という意見(要望?)に一票です。NEX-VG20で使いたい。するとミノルタXiのパワーズームが使えるわけだ!?NEX-5の動画も綺麗だけど如何せんレンズが静止画用だから、撮影中のピント操作やズームはしないものと割り切るしかないんですよね~。

キヤノンをメインとしてNEXにEFレンズ付けてますが、
このアダプタが出たら、Aマウントの35mmF1.8を買って、
なりゆきでA77辺りも買ってしまいそうです。

キヤノンは35mmF2.0と50mmF1.4のリニューアルと、
動画でまともにAFが効くまで望遠専用になりそうです…

いや、面白そうじゃないですか?
普段はEマウントでコンパクトに抑える。
気合い入れる時はアダプターを介してAマウントの名玉を使い画質を追及する。
二通りができそうで、個人的には有りじゃないかと思います。
もっとも、その為には今後出るEマウントレンズをコンパクトで画質もなかなか
といった我儘な要求に答えた物にして欲しいですが…
さらには魅力的なAマウントレンズもたくさん出して欲しいですが…

アダプターさんが言うように動画機の為のものというのも説得力ありますね。
どちらにしても、これでEマウントがさらに広がれば良いな~と期待します。

>物体Xさん
正直、僕にはカメラ二台体制というのが未だに理解できないので
あまり合理的とは思えません…(+コンデジ、というのならともかく)
おそらく、ハイアマチュア以上じゃないと二台用意しようとは思わないのでは?

もしやレンズ交換式カメラは将来的にNEX1本で行くと言う事なのかな?

正直言って、いまさら?って感じですね。
E-PL1のダブルズームキットみたいに、アダプター付属で望遠レンズはAマウントの55-200mmっていうのも有りだと思う。
APS-Cを採用しているために、これ以上の小型化は無理だろうし、μ4/3を見てもわかるように、望遠レンズは結局大きくなってしまうのだから。

無理矢理、小型・軽量化して暗くて画質イマイチな(そのくせμ4/3に比べたら大きな)レンズを開発するよりも、望遠レンズは素直にAマウントレンズを流用して、Eマウントは広角から標準画角のものを揃えれば、今より数倍マシなシステムになると思いますけどね。

出ないかな~って前々から思ってました。
Aマウントユーザー側としては、
コンパクトなNEXに興味はあっても機能的には満足できるレベルに達して無いし互換性も大してないのでマウントアダプター共々買い控えてましたが、
価格や機能次第では両マウントの橋渡しを果たしてくれるのではと期待できそう。
まあ色々可能性の有るEマウントだがら選択肢が多いだけにそれぞれの開発に手間どってるのかと思いますが、
ちゃんとしたシステムに発展成長するよう願うばかりです。

皆さん、スチールのNEXカメラのことを考えているようですが本命は業務用のNEXCAM用ではないかと思います。

うわさではα77のAFは高速になるということでもし同じAFシステムが採用されるなら透過ミラーを使用して高速位相差AF、ミラーを跳ね上げてのコントラストAFと両方が使用できるようになれば面白いですね。

またこのアダプターを使用して外付けEVFが装着できるのも各機能をモジュールで追加するREDデジタルシネマのEPICのようです。  

私はデジタルカメラとして動画、静止画の区別なく同じシステムで各機能のモジュールを取り替えて使用するこの方式こそ真のデジタル時代のカメラだと思います。
 

なんだか半ヴィゾフレックスみたいなことになるわけ?
それとも、AFセンサーのための光分け?
考え込んでしまうな。
このアダプターで外付けEVFってのも、ピンとこないな。

これは,NEXユーザーのためというより,Aマウントユーザーのため,もしくはNEXCAMのアダプターと考えるべきではないかとおもいます.Aマウントユーザーの私にとっては,このマウントがあればNEXの魅力がぐんと増し,欲しくなりますね.Aマウント資産がそのまま有効利用できるのですから.もちろん,成熟したNEXユーザーを他者マウントではなく,Aマウントに移行しやすくする意味も十分にあるとおもいます.
このようなマニアックな「小技」をSONYが考えてくるとすれば,SONYもカメラメカーらしくなってきたと言えるのではにでしょうか?私は大歓迎です.

ミラーレスにミラーを乗せてもLA-EA1と同じ大きさなら別に問題ないような気がします。
ただEVFは新アダプターが無いと使えない・・・と言うのだけは勘弁して欲しいですね。
既存NEXでも使えるのならGJですが買い替え需要を減退させそうです。
APS-C 24Mセンサーの出来が素晴らしいのなら良いですね

Mレンズフェチさんがいみじくもおっしゃるように,ビゾフレックス効果もあるかなと.
もしフルサイズNEXが出た場合,このマウントアダプターの存在は絶対的なものとなるとおもいます.フランジバックの関係から,一眼レフのレンズを使うには,「ゲタ」が必要になるので,このアダプターが基本となるでしょうね.Eマウントレンズはイメージサークルが足りませんから.AマウントはAFで,他のマウントはMFで,無敵のフルサイズになれる可能性もありです.
そこまでソニーがやってくれれば最高なのですが.

技術屋さんの、為にする技術?こういう事も出来るだよ!という、アドバンテージだけに済ませるのなら面白いと思うけれど、皆さんの???・・・が正解だと思います。フィルム時代の旧ミノルタも技術、スペック、アイデア先行、の傾向があったような?(他社でもよくありましたが)実際には、撮影現場では使いにくい、実用的でない・・・!?  フルサイズNEX ですか。?  アダプター以上の驚きですね。 それなら、意味があるかも・・・?

たしかに、NEXCAM用ならぴったりなスタイルかも、スチールたと、あまり意味なく思えます!

風景をじっくり撮りたい時はミラーレス
動画でAFが欲しかったり、高速連射したかったらTLM
激しい動きを追いたかったらOVF

1台3役できるのに???となるのが良く分かりません。
ベースとなるボディがあって
後はそれぞれのニーズで好きなものが選べる
しかもアダプタを用意すれば別のカメラにもなる。

革命的といっても良い気がします

αマウントユーザーには面白いと思いますが、
NEXからはじめたユーザーが高額なアダプターとαレンズを買うとは思えません。
買うとしても現状だとα55買ったほうが便利だし、十分高画質だと思いますが…。
フルサイズNEX用というのは面白いですが、
それに関してはニコンキヤノンがフルサイズミラーレスボディを出してきたら、
振り出しに戻る感じがします…。

面白いけど…なんだかフルアーマーNEX!な感じでゴチャついた合体フォルムにはしてほしくないな。
ソニーらしくスマートなデザインで仕上げてね。

カメラはシステムと唱える人がいるなら
まさしく、これもカメラのシステムでしょう。
動体を撮ることも苦手でなくなるシステムです。
一眼って、フィルム時代初期からこういう足したりの
システムって多かったので、別に興味ない人が
強制的にセットで買わされるわけではないので
選択の余地としてあって面白いと思いますよ。

 実はこのアダプタフルサイズ対応してたりして
 そうするとAマウントをEマウントに軟着陸するための切り札かもしれませんね。
 フルサイズ、ボディ内手ぶれ補正のNEX-9が登場した時点で オリンパスのフォーサーズのように、Aマウントはフェードアウトする...と

NEX発売当初のソニーの言動からフルサイズ化はあるなと思っていました。
ただ、Eマウントのレンズではイメージサークルが足らないと思うので、どうするのか興味がありました。
これならNEXとα900が両立できるかな。

ビゾフレックスみたいなの噛ますの???
なにやら面白いけど
NEX-3~5レベルのボディじゃ操作性考えると
ますますお遊びだナァ(ネタとしては良いと思います)
レンズ(α用の定評あるもの)+通称ビゾw+NEX(操作・機能微妙)
=撮影中にネタとして取り出す。
まわりの反応「ああっちゃんと写ってる!」
(写って当然なんですけどぉ・・・でもそれだけの評価と言うか反応)
という一芸的な感じが強いんですが。
されに液晶フードも付ければ周囲ドン引きですね。
個人的にゾナー135で振り回してみたいですw
完全にレンズ主体という。
EVF付マウントアダプターとかの名称で売るのかな。

とにかくちゃんと構えられる奴が欲しいですね。
スチルでは縦の構図もあるわけだしビデオみたいな
構造だとつかえません。
それにだれもがバラスト積んでるような強力な定常光光源
でライティングできるわけでもなく、ビデオというより安価な
ムービー用と言う考えには懐疑的です。
それはより高価なラインでやるべきことでしょう。
汎用ストロボがつかない(ださない)時点でNEXは
スチルのライティングは無視してるんだなという評価です。
コンデジ層⇒押すだけの人達なんだから操作はコレだけという
メーカー側のある意味、愚民視。
ステップアップ層=購入額ステップアップでしかないという状態。
あの変なシューにつく古典的なアクセサリーシューアダプター
だせば少しは評価は変わりますがやはり「一眼」はイメージ牽引で
コンパクト化できなかったAPS普及コンデジなのでしょう。
そう考えるとパナGF1は「女流」などとライトイメージながら
操作はうならせるものがあり幅広く受け入れられたと思います。
ミノルタ時代からαレンズの描写を愛用してきましたので
ソニーの打ち出し方(営業や市場要求もあるとは思いますが)
には苦言も出していかないと、気がついたらノスタルジーになって
しまっては困ります。

この記事によると、やっとNEXにも外付けEVFが発売されるようですね。やはりあの変態ホットシューには外付けEVF用の信号も出ていた・・と。

なんにせよ、NEXにAマウントレンズを付ける現状のマウントアダプターは、AFが桁違いに遅く非常に使いにくかったので、改良した物が出ると言うのはいいことではないのでしょうか?

妙に関係ないところで否定的な意見が出ていますが、確かに位相差AFアダプターは画期的ではありますが、結局、たかが「マウントアダプターが出るというだけのニュース」にすぎません。
たかがアダプターひとつが出たからといって、NEXのレンズのラインナップが減るとか、Aマウント消滅の前振りだとかは、大げさで飛躍しすぎな意見に思えます。
まぁ、「最初から出せよ」とか、「ミラーのゴミどーすんの」とかは現実的でもっともな批判、心配だと私も思います。

確かにAマウントがフェードアウトしていった時にNEXでレンズ資産を無駄にしないための保険、と言う程度の意味合いはあるでしょうね。Aマウントユーザーの私でもNEXよりAマウントの方が寿命お終わりが近いだろうくらいの見込みはありますし。

αユーザーにとってはめっちゃうれしいと思いますけどね。この噂がでることによって完全にμへの興味がなくなりますね。やはりサブ機として買うなら同じメーカーがいいですし。
ソニーもまさか批判が出るとは思ってないと思いますよ。Eマウントが期待できないとかじゃなくて単純にαユーザー取り込みだと考えたい。

私はもっとシンプルに
「ユーザーが同一ボディにおいてAF方式を選べるようになった」
ということを評価したいですね。
今の一眼レフのミラー部を省いた商品が登場しそうでおもしろくないですかねw(所謂、モジュールカメラ的な意味で。将来的にはセンサーとかも交換できれば尚おもしろいですね)
また、無いとは思いますがμ4/3とかライカMマウント用のTLMアダプタが出れば…とかw

 ついでに α900のファインダーを搭載してOVFにした ネオ・ビゾフレックスも作って欲しいですね。
 そうすれば、TLM否定派の方も満足されるのではないでしょうか?

「レゴブロック」の表現に座布団を!
「せっかく小型化したカセットウォークマンにオープンリールでも付けてみようかな」との発想にも似ていない?

モジュールシステムにはこれといった形はありません。
そのため通常のカメラシステムのように具体的な表現はしにくいです。

詳しく知りたければREDデジタルシネマのHPでEPICなどをご覧になればそのイメージはつかめると思います。

これは非常にぶっ飛んだシステムなのでスチールカメラがこの形でということではありません。 あくまでもそのシステム概念を導入してはという意味です。

面白そうな商品ですが、Eマウントのレンズをとっとと出せ!と思っているユーザーがいることは忘れないでほしいですね。。。

前から出ている情報として,「フルサイズは2つのモデル」というのがありましたが,2つのうちの1つが,フルサイズNEXのような気がしてなりません.そしてもう一つがα900の実質的後継機なら辻褄が合いますね.
「ニコンキャノンがフルサイズミラーレスボディを出せばリセット」というご意見に同意します.ただ,それはSONYが望んでいることではないですか?今の一眼レフの体系を終わりにしない限り,永遠に2強には及ばないことは自明ですから,リセットこそSONYの狙いだと思います.その時,このアダプターの存在は,2強にはまねのできないアイテムになりうるのではないでしょうか?

αマウント切捨ての準備のように見えますね。
将来的にNEXに全て集約するとか?

面白そうなアダプターだと思いますが、
レンズの重さで少しの衝撃で壊れやしないか凄く心配です。
気を付けて使ったり運搬していても衝撃はあるだろうし、
レンズもかなり大きくなるだろうから。

ミラーレス=マウントアダプタ天国の万能レンズマウント機
と考えると、NEXがその領分をAマウントを十全に使えるよう
さらなる進化をしようとしていると考えればいいと思うんですがね。
Eマウント用の拡充は当然として、既存のAマウントレンズユーザーの
レンズ資産を有効につかえるのであれば悪いことではないでしょう。

いやなら買わなきゃいいだけのことですし。

現状の純正マウントアダプタではAFの遅さが取りざたされて
いるわけで、他社レンズはともかくおなじソニー製のレンズくらいは
きちんと使えるものにしておこうというのは見識ある行動だと思います。

Aマウント機を終了するならまだしも、Eマウント機と併売しながらこんなアダプタを用意する理由が分からないなあ…

NEXならなんでも出来ますよ、というアピールの一貫にすぎないと思いますこれ。意味のあるなしはオールドレンズ遊びと一長一短かな。イベントでもNEX開発陣自らが各種アダプターを付けた状態のNEXを展示してますしね。お金に余裕のある好事家がそれなりに買ってくれるでしょう。元より買った時点で完結するライトユーザーはなにを出しても買いませんし。

選択肢が増える事は素直に歓迎できます。
普通にマニュアル操作してもいいし、ピーキング機能を使ってもいいし、普通にAF・・・NEXはカメラ遊びには良い機材に発展してますね。そのうち、αとENXの立場が逆転したら「αのミラーユニットを外せば、Eレンズを装着できます!」みたいなことになるのでしょうかねw

ユニットの中に、手ぶれ補正のシステムが入るようで
あれば面白いかもです。

ボディはAとEを作って、新しい静止画用レンズについて
は全部Aマウントのみで、Eマウントのレンズは動画用に
注力、なんていうこともありそうですね。


ミラーレス機に透過ミラー付きアダプターってミラーレスじゃないのでは?

既にNEX購入してていまいちαレンズの資産を活用できてないのですが、
AFマウントが出来ればサブシステムとしての役割が広がるので大歓迎です。
大型化したり電池消費が激しくなったりもしそうですが、多少AFが遅くてもいいのでモーターは必ず載せて欲しいです(できれば実売価格3万円台ぐらいで)
外付けEVFもMFレンズの使い勝手がよくなるので是非とも購入したい

>ミラーレス機に透過ミラー付きアダプターってミラーレスじゃないのでは?
ミラー(ボックス)レス機という意味なら合ってるような?

面白そう!
現在持っているαマウントレンズ群や、これから出るであろうEマウントレンズの両方を使えるのなら、こんなに便利なことはない訳だしね。
5万円くらいなら即買いですね~!待ち遠しい!

7月13日のsonyalpharumorsのα77の画像は本物だったようですね。
http://www.sonyalpharumors.com/sr5-last-week-leaks-of-the-a77-are-real-images/

>SONY好き
気合いを入れる時はAマウントのカメラを使えば良いのではないでしょうか?
わざわざアダプターを付ける必要性を感じません。
NEXしかもってなくてAマウントのレンズを買うのもどうかと?
カメラの使い方は人それぞれなので自分の使い方を押し付けるつもりはないのでSONY好きさんの意見ももちろんありだと思います。

私は風の強い日等はレンズ交換したくないのでカメラ2台の方が便利で合理的ではないかと?もちろんコンデジもOKです。

自分は運動会等でデジイチのシュー上にコンデジを乗せて静止画と動画を同時に撮影したりします。(シャッター音が記録されますが音は置き換えればなので)

NEX用のAマウントのアダプターが2万円近いのを考えるといくらになるのか?
安くなった透過ミラー機買った方が安かったりしないことを祈ります。

次第に夢が膨らむので、投稿します。
アダプターが、光軸方向に前後すると面白いのではないかと思います。
過去のレンズがすべて、自動焦点出来るのではないでしょうか。もしそうなら、すべてのレンズをNEXにつけることが出来ます。
もっとも、カメラ保持がしにくいかも。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年7月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニー28-75mm F2.8 SAM はF4スタートのレンズと考えたほうが良い」です。

次のブログ記事は「オリンパスPENの新型EVF「VF-3」は90万ドットの普及型になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る