シグマAPO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM は価格は高くなったが、それだけの価値のあるレンズ

Photozoneに、シグマAPO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSMのフルサイズ機(5D Mark II)によるレビューが掲載されています。

Sigma AF 150mm f/2.8 EX DG HSM APO Macro OS (Canon EOS) - Review / Test Report

  • 鏡筒は以前のEX仕上げとは異なるラバーコートで、造りのクオリティは際立っている。フォーカスリングはズムーズで、マクロ撮影をする人は間違いなく高く評価するだろう。全長は常に一定で、前玉は回転しない。
  • AFは超音波モーターで非常に速く、実質的に無音。テストした個体は、位相差AFの精度は良好だった。コントラストAFの速度は平均的。マニュアルフォーカスでは、マクロレンズとしてはフォーカスリングの回転角が比較的小さいので、正確にピント合わせするにはいくらか注意が必要だ。
  • シグマのAPO EXコンバーターは1.4x、2xともに使用可能。キヤノンのテレコンは、EF1.4x III でしか位相差AFが動作しなかった(コントラストAFはEF 2x III でも動作した)。
  • 歪曲は完全に無視してよい値(-0.0386%のタル型)。EF1.4x III 使用時は0.65%、EF2x III 使用時は0.6%のわずかなタル型で問題はない。
  • 周辺光量落ちは開放で1.4EVで、被写体によっては目に付くだろう。F4まで絞ると周辺光量落ちは著しく改善(0.61EV)し、それ以上の絞り値では無視できる。テレコン使用時は、周辺光量落ちは改善する。
  • 解像力は絞り開放から画面全域でとてもシャープで、絞ると中央は素晴らしい解像力(excellent)になる。このレンズは極めて素晴らしい解像力だ。F11以上に絞ると回折の影響がでるが、F16までは使用可能だ。像面の湾曲は基本的にない。テストした個体は完璧ではないが、センタリング(偏芯)の精度は良好だった。
  • 倍率色収差は極めて少なく(周辺部で0.17-0.27ピクセル)、このことが素晴らしい解像感に寄与している。軸上色収差(ボケの色付き)は、基本的に見られない。これは極めて希なことで、このレンズはスーパーアポレンズだ!
  • ボケは良好だが、とろけるようなボケ味(クリーミー)ではない。開放では、ハイライトの形は完璧な円形だが、周辺部では口径食で猫の目状になる。絞ってもF5.6まではほぼ円形を維持している。ハイライトには若干の輪郭が付くが、ハイライト内部はとても均一な描写だ。前ボケはかなりうるさいが、後ボケはパーフェクトではないにしろずっとスムーズだ。
  • シグマの150mm F2.8 OSは、開放からとても良好な性能で、最もよいマクロレンズの1つだ。歪曲や色収差はごくわずかで、周辺光量落ちも1段絞れば解消する。残念ながらボケ味は極上ではないが、それでも全体的なボケは良好だ。軸上色収差が少ないのは驚き。鏡筒の造りは、防塵防滴ではないことを除けば、おおむねパーフェクト。価格は旧型と比べるとかなり高くなったが、それだけの価値があると思う。大いに推薦!

 

光学性能は5点満点中4点と、旧型同様の非常に高い評価となっています。解像力は絞り開放から四隅まで均一で、とても使いやすそうですね。唯一ボケ味だけが若干低い評価となっているのが気になるところですが、サンプルを見る限りでは、多少固く感じる写真もあるものの、うるさいというほどではないと思います。

2011年8月 9日 | コメント(6)

コメント(6)

軸上色収差が無い!
それはスゴいけど、ボケ味が良くないと意味ないですね。

私もシャープさより、ボケ味を重視します。
ちょっと作品作りに使えるレベルではないのが残念ですね。
しかし、用途によっては良いレンズなのでしょう。

マクロレンズは絞り込んでシャープに写すのが
本来の目的なので、近接撮影時の歪曲収差の除去と
シャープネスの追求がレンズ設計の主眼でしょう。

とはいえ、タムロンの90/2.5マクロ以来、明るい
中望遠レンズとしてボケ味を追求したものが出始めて、
少し方向性が変わったように思います。

このレンズは、本来のマクロとしての性能を追求した
ので、ボケがイマイチということになったのは仕方
ないかもです。

同社の50mmマクロも恐ろしいほどのシャープネスと
画像平坦性、歪曲収差補正ですが、ボケはガサガサ
です。文献の複写などには最適ですけど(^^;

先代150マクロは、結構ボケいいけどねぇ。
今度のは、かなり重くなっちゃったのが残念。

収差をなくせばボケもかたくなりますからねー。
STFみたいな機構があれば別ですが・・・。

純正カミソリと言われてる
CANON EF100mm F2.8L マクロ IS USM
これを手放しました、魅力的なレンズです。
キレ、抜け共に最高です。
一度使うと純正CANON EF100mm F2.8L マクロ IS USM
には戻れません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2011年8月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα77は電子先幕シャッターを採用している?」です。

次のブログ記事は「キヤノンが24-70mm F2.8の特許を出願中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る