トキナーAT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8はズーム全域で素晴らしい解像力

Photozoneに、トキナーAT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8の15MP機(EOS 50D)による再テストが掲載されています。

Tokina AF 11-16mm f/2.8 AT-X Pro DX (Canon) - Review / Lab Test Report

  • このレンズの見た目と感触は、姉妹機の12-24mm F4とほとんど同じで、素晴らしい鏡筒の造りも同様だ。鏡筒の外装はポリカーボネートだが、ズーム機構は金属製。レンズの全長は常に一定で、インナーフォカースのため、前玉は回転しない。
  • AFは若干時代遅れの標準的なマイクロモーターだが、AF速度はOKだ。AFとMFの切り替えは、スイッチではなく、フォーカスリングを押したり引いたりすることによって行う。これは、どのピント位置からでも可能だ。
  • 驚いたことに、歪曲は極めてよく補整されている。歪曲は11mmでは中程度のタル型(2.1%)だが、このタイプのレンズとしては比較的低いレベル。望遠側では歪曲は減少し、14mm(1%)ではほとんど問題はなくなり、16mm(0.5%)ではおおむね無視できる値になる。
  • 周辺光量落ちは、11mm 開放では1.4EVで多くの状況で目に付くが、開放以外では周辺光量落ちは比較的よく補整されている。14mmや16mmでは周辺光量落ちは減少するが、それでも若干絞ったほうがよい。周辺光量落ちは、超広角レンズとしては比較的良好だ。
  • 中央の解像力は開放からF8まで素晴らしい値(excellent)で、周辺部も非常に高いレベルでこれを追っている。四隅も16mm開放時を除けば同じことが言える。16mm開放時の四隅は、このレンズ唯一のウィークポイントだが、F4以上に絞れば高い解像力になる。回折の影響が大きくなるのはF11から。像面の湾曲はとても穏やかで、問題はない。
  • 倍率色収差は周辺部で平均2.1-2.6ピクセルで、ズーム全域で一様に大きく、問題がある。これは多くのトキナーのレンズにある典型的な欠点。
  • このレンズは特に解像力の点では素晴らしい超広角ズームで、16mm開放時の四隅を除けばズーム全域でどの絞り値でも極めてシャープだ。周辺光量落ちはF4以上では良好で歪曲も比較的小さい。ウィークポイントは倍率色収差が非常に大きいことと、少々フレアが出やすい傾向があること。全体として価格を考えればとてもしっかりしているが、ライバル(シグマ8-16mm、キヤノン10-22mm)もかなり手強い。

 

光学性能の評価は5点満点中4点と、かなり高い評価になっています。解像力はズーム全域で周辺部まで非常に高い値で、15MP機でもまだ十分に余裕がある印象です。トキナーの広角ズームは、このレンズを含め、16-28mm F2.8や12-24mm F4など優秀なレンズが多いですね。

欠点として倍率色収差が目立つこととフレアが出やすいことが指摘されていますが、フレアに関しては、トキナーの12-24mm F4がII 型でコーティングを変えてきているので、11-16mmにも新コーティングを採用して逆光耐性を改善して欲しいところですね。

2011年8月10日 | コメント(8)

コメント(8)

APS-Cで星景を撮るためだけの目的で買いました。
フレアは夜中なので関係ないですけど、色収差の
大きさは問題です。
現像時にソフト処理で消してますけど、無いに越した
ことはないです。
ここを何とかしてくれたら、最高のレンズです。

現在のニコン機では撮影時にレスポンスも落とさず自動で式収差補正を
してくれるので、こういったレンズでは旨味が増しますね。
何よりどのレンズ(非純正)でも補正が効くと言うのが素晴らしいです。
「余計なお世話」と言う人も居る様ですが私は快適に思います。
任意で補正OFFにもできれば、さらに便利なんでしょうけど。

K-5に使いたいけどKマウントがない。
トキナは魅力的なのにな・・・

思えばここで紹介された超広角比較を見てこの11-16mmF2.8を買いました。
まだ100枚くらいしか写してませんが、何年か使うことになりそうです。

5点中4点とはハイレベルなスコアですね。
中心は11-16の方が画質が良く、四隅は12-24の方が良いと聞いています。

DA35リミテッド以降、トキナーと共同開発レンズがペンタックスから出ませんけど、11-16のペンタックス版は結局出ないのでしょうね。共同開発は解消になったんですかね。これで★レンズにすれば広角、標準、望遠大口径がそろうのにもったいないです。

Tokina AF 11-16mm f/2.8のKマウント版だしてほしいです。出たら速攻で買うのになぁ~。

どうしてトキナーには、最近になっても、倍率色収差の大きいレンズが多いのでしょうね?
これが気になって、17-35mmFXが予約出来ない・・・

私もペンタで星野撮影をしているので、早くKマウント版を出して欲しいです。
そのうち出してくれると期待してるのですが、遅すぎ。
このままSONY用で終了だったら悲しい。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2011年8月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが24-70mm F2.8の特許を出願中」です。

次のブログ記事は「グッドデザインエキスポ2011のサイトにソニーα77の仕様が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る