パナソニックが海外でDMC-FZ150、DMC-FX90を発表、DMC-LX5のファームウェアをアップデート

パナソニックが海外で、2機種のコンパクトカメラと、LX5の新しいファームウェアを発表しました。

Panasonic launches Lumix DMC-FZ150 12MP 24x 1080p60 MOS superzoom

  • パナソニックは24倍の高倍率ズームを搭載したDMC-FZ150を発表した。FZ150は若干不人気だったFZ100の後継機で、パナソニックが旧型の14MPセンサーをしのぐ性能と主張している12MPセンサーを採用している。レンズは旧型と同じ換算25-600mmのレンズだが、内部反射を抑えるナノサーフェスコートが採用されている。また、旧型同様、RAWでの撮影も可能だ。FZ150は最近策定された1080p60プログレッシブのHD動画も撮影可能だ。

Lumix FX90 Wi-Fi-enabled touchscreen compact camera

  • パナソニックが、Wi-Fi 機能を備えたLumix DMC-FX90 タッチスクリーンコンパクトカメラを発表した。FX90は2チャンネル読み出しで1080i60の動画(出力は30p)を可能にする12MPハイスピードCCDを採用する。レンズは換算24-120mm F2.5-5.9の手ブレ補正付き。このカメラはアップルとアンドロイドのスマートフォンに接続することができる。

Panasonic DMC-LX5 firmware 2.0 brings image and handling improvements

  • パナソニックはハイエンドコンパクトLX-5のファームウェアをアップデートした。アップデートではより速いAF速度と、ISO1600-3200の撮影おいてのノイズリダクションの改善が見込まれている。人工光源下のホワイトバランスも調整されている。動画での手振れ補整も改訂され、ミニチュアモードが追加されている。

 

ニコン、キヤノンに続いてパナソニックも海外でコンパクトカメラを発表しました。ここ何日かの各社の新製品ラッシュはすごいですね。FZ150は最近のコンパクトにしては珍しく(?)画素数が旧型よりもダウンしているのが興味深いところです。

それからLX5のファームウェアですが、改良点は結構多いようなので、ユーザーには嬉しいアップデートになりそうですね。

2011年8月27日 | コメント(3)

コメント(3)

管理人さん

ありがとうございます。
pana グローバルサイトにも乗っているようです。

・FZ150
http://panasonic.net/avc/lumix/compact/fz150/index.html

・FX90
http://panasonic.net/avc/lumix/compact/fx90/index.html

FZ150):「ナノサーフェスコート」は高価な製品にしか適用できない高コストなコーティングではなく、コンデジにも適用可能なようですね。同じネーミングだから同じ処理とも限らないかもしれませんが。こういったレンズ枚数の多いズームレンズでは高い効果を期待したくなりますね。コントラストの高さなど、従来機との明確な描写力の差は見られるのでしょうか。


FX90):Wi-Fi搭載、スマートフォン上の専用アプリとの連携により、簡単操作でコンデジからソーシャルサービスへの写真(+動画?)アップロードを可能に。コンデジの生き残りを賭けて、各社とも取り組んでいる部分でしょうね。スマートフォンで直に撮ってアップロードするよりは確実に手間は増える訳で、その手間を僅かでも快適にする工夫、センスが各社に問われるのかな。Facebook, Flickr, Picasa, YouTubeなどに対応との事ですが、「スマートフォンによるトラフィック過多で遂に『パケット定額』が破綻」などと言う話も聞こえ、写真サービスへ「リサイズ前の」巨大画像をアップロードするのは特殊な場合に限られる事になるのでしょうね。
一方、自宅などWi-Fiネットワーク環境が整っている環境においては、カメラから各種サービスへ直にアップロードも可能、同様な機能は既に発売済みの他社製品で実現済みでしょうか。こちらの方法であれば画像サイズを気にせずにオリジナルサイズでのアップロードもできますね。(保存先の容量制限は気にしなくちゃ駄目か(汗)。)パナソニックの写真共有サービス「ピクメイト」が9月5日よりリニューアルだそうですが、この類のコンデジとの接続への最適化も含まれているのかもしれませんね。
iPadの流行などもあり、自宅にPCは無いけれどインターネット接続環境は構築するという家庭も増えてくると思われます。カメラからのダイレクト接続が主流になるのか。テレビやゲーム機などのGUIを介在する形になるのか。その辺りでメーカー囲い込み合戦が盛り上がるのか、白けて廃れるのか。どうなる日本家電(汗)。

購入後半年ほど経ちますが、嬉しいファームアップです。

f2かつ24mmスタートでiAズームで120mmまでの5倍というスペックのレンズはm4/3にもEにもないんですよね。

しかもミラーレス系はボタンの削減に積極的に取り組んでいるようで、残念です。

XZやLXといったボタン豊富なハイスペックコンデジを保有しているとミラーレスカメラに対する自制心が働きます、笑。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2011年8月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが9月中旬に新製品を発表?」です。

次のブログ記事は「リコーGR DIGITAL IVが9月15日に発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る