ソニーがα65とNEX-7の発売日を2012年1月27日に決定

ソニーが、タイの洪水の影響で発売が延期されていたα65とNEX-7の発売日をアナウンスしました。

デジタル一眼カメラ"α65"、「NEX-7」および関連アクセサリー発売日決定のお知らせ

  • 2011年10月20日に発売日変更のお知らせをいたしました、デジタル一眼カメラ「SLT-A65V」・「NEX-7」および関連アクセサリーに関して、発売日が決定いたしましたので、お知らせいたします。
  • <2011年10月20日ご案内> 未定 → <今回> 2012年1月27日発売
    SLT-A65V(ボディ)
    SLT-A65VK(ズームキット)
    SLT-A65VY(ダブルズームレンズキット)
    NEX-7(ボディ)
    NEX-7K(ズームレンズキット)
  • <2011年10月20日ご案内> 未定 → <今回> 未定
    DT18-55mm F3.5-5.6 SAM
    NEX-5NY(ダブルズームレンズキット)
    NEX-C3Y(ダブルズームレンズキット)

 

多くの方が待っていたNEX-7の発売日がついに1月27日に決定しました。代替生産が順調に行っているためか、当初の噂(3月頃)と比べるとかなり早くなっていますね。後は、これらから発売日までの間、何事もなく順調に行って欲しいものです。

2011年12月 8日 | コメント(9)

コメント(9)

ようやく出ましたね.でも,思ったより早くてよかったです.
まずは明日発売の24/1.8を手に入れて待つことにします.

ようやく来ましたか!
予約分は発売日に手に入ると思っていいのかな?

思って以上でした。ちょっと横にそれてしまいますが、これでニコンの発表も1月当たりの可能性がかなり高まりました。

NEX-7はスコア的にα77より良い点がかなりあるようですね。
しかし、ミラーレスにそのようなアドバンテージを与えて
発売する姿勢は、今後、一眼よりミラーレスに注力すると、
宣言しているように見えます。

私は、現在のEマウントは、レンズ、手振れ補正無し、操作性などの理由で買う気はしませんが、
もし今後、フルサイズ&ボディー手振れ補正、高性能広角レンズがそろえばミラーレスでも気にせず購入するでしょう。
でもSONYは、そうはしないでしょうね。

DT18-55mmF3.5-5.6 SAMって新型でしたっけ?
まさかα65用に外装をリニューアルした奴ですかね。
いい加減、動画用にSAMはやめてほしいですが。
AFうるさいし。

早かったですね。NEX-7楽しみです。

>αxiさん
たぶんその外装変更のSAL1855BQってやつだと思いますよ。
動画用レンズとしてはSAL1650を使ってくれってことじゃないですかね。
開発者インタビューにもSSMは静かだから動画撮影を意識して77のキットレンズにした。って感じのことが書かれてましたし。
あくまでもSAL1855は「安く標準ズーム」ってことだと思います。

ソニーストアではα65やNEX-7の商品販売情報メールサービスに登録しており、ソニークラブ会員のスター数(製品登録や購入金額によるポイント)の多いメンバーから本日より予約受付専用ページによる受付を開始しています。現在は10,000STAR以上のメンバーのようです。

まあ、数量さえ出てくれば会員に予約が行き渡った後、通常の販売体制に入ると思います。
販売数にもよりますが、2012年1月27日に間に合うか
まだ2ヶ月程ありますので、ソニーとしては間に合う前提で発表しているとは思うのですが。

斧さん

BQというレンズになるんですか。
やっぱり外装の変更だけですかね。
銀座で見た時は、ツルンとした外装から、シボ調の外装に変わっていたような。
光学系の改良やSAMの動作改善は期待できませんかね。

Aマウントでも動画を撮れるようになったのだから、AFの静音化もすれば良いのに。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年12月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF300mm F2.8L IS II USMは旧型からあらゆる点が改良されている。」です。

次のブログ記事は「タムロンがソニーEマウント用の18-200mm F3.5-6.3 Di III VCを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る