キヤノンがEF35mm F1.8(またはEF-S35mm F1.8)を準備中?

Canon Rumorsに、EF35mm F1.8(またはEF-S35mm F1.8)に関する噂が掲載されています。

EF-S or EF 35 f/1.8? [CR1]

  • 受け取った英語ではないメールによると、35mmの口径の小さなレンズが近い将来に発表されるだろうということだ。このレンズはL よりも低いクオリティの35mm F1.8になるだろう。

    しかしながら、このレンズがEFになるのか、EF-Sになるのかは確証がない。最近、現行の35mm F2の在庫が不足しているが、これはもしかするとアジアの製造問題のためかもしれない。

 

キヤノンの新しい35mm F1.8(F2)の噂は以前から何度か流れていますが、そろそろ本当に実現して欲しいところですね。

35mm F2クラスではニコンやソニー、ペンタックスなどが廉価なAPS-C用のレンズを発売しているので、キヤノンも軽量コンパクトで安価なEF-S35mm F1.8になる可能性が高いかもしれませんね。個人的にはEF35mm F2後継機を出して欲しいところですが・・・。

2011年12月19日 | コメント(16)

コメント(16)

EF-Sだったら要らないかな…

いや~ホント待ちに待ってました。35ミリはフィルム時代から重宝してましたが、デジタル時代にはちょっと向いてない仕様でしたからどうしてもズームに逃げてました。でもやはり開放が明るいし、カメラに付けてかさ張らず軽いのが良い!
EF-Sじゃ単なる標準レンズですからフルサイズでも使えるEFでUSMでお願いしたいです。

EF-Sだと、キヤノンの場合は1.6倍ですから、30mmが妥当で、ぜひEFであってほしい。

USM化されるなら、ぜひ欲しいですね。

35mm F1.8ならSigmaとのガチンコ勝負、楽しみです。

できれば、デジタル高画素に耐えられる単焦点28mmを出して欲しいのですが、ニコンもキヤノンも動きがないですね・・・。APS-Cでも、ちょい広めの標準レンズになるし良いと思うんですが、世の趨勢は35mmなのでしょうか?

い、い、いいなああっっ!!!(羨)

USMは必須でお願いします。

EF-Sで35mmだと、ちょっと使いにくいですね
今まで通りの画角でそろえるなら、むしろ28mmを希望します

ASAKAZEさん
フルサイズならの注釈つきですね。

並単はありがたいですね。
F2.0のままでもいいから、まともな外装(しっかりしたフォーカスリング)とUSMにして欲しいです。
あと、24mmF2.0(T_T
1.4と2.8の差が大きすぎます。

EF-Sなら15mm希望です。

並単のEF「パンケーキ」が欲しいなぁと日頃から思っています。
カラスコやウルトロンは大変魅力的ですが、
普段使いはAFでサクサク撮りたいなぁという想いも強くあります。
(本格的な撮影のときはMFで神経すり減らして撮っている事もあり....)

どちらかと言えば、EF28mmF2.8で実現して欲しいのですが、
28mm、35mmのどちらかでパンケーキ化されると凄く嬉しいです。
ジーコジーコうるさくなければ、USMでなくても構いませんし
兎に角、「質感高く、薄く」お願いしたいものです。

EFだったら全てのCanonユーザーが喜ぶレンズになりますね:)


ただ、EFだと同画角のLレンズの売れ行きに影響するので、Canonが出すかどうか、、
あくまでAPS-Cユーザーを満足させる(お手軽な)標準レンズとして発売される可能性が高いような気がします。


個人的には是非EFでお願いしたいです。

仮にEF-Sだとすると、新kissといっしょに
こだわりスナップキット向けだったりするんだろうか。
EF50F1.8だと寄れない上に換算80mmだから
屋内での利用は辛かったのも事実なんで商売上はアリ?

15mmかもうすこし広角の高性能並単とかあったら個人的には嬉しいんですが…

こんなのは需要ないんでしょうかね^^;

というか10-22みたいに写りが甘くなければズームでも全然いいのですが。

高画質動画撮影用に、単焦点レンズにも手ぶれ補正を入れて欲しいなぁ・・・

ソニーがf1.8でレンズ内手ブレ補正を入れてきてますからキヤノンも遅まきながら入れるってことでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年12月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD4のISO範囲は100-12800になる?」です。

次のブログ記事は「デジカメメーカー8社の今後の戦略に関するインタビュー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る