来年のソニーの新製品の予想ロードマップが掲載

Sony Alpha Rumorsに、来年発表されるソニーの新製品の予想ロードマップが掲載されています。

What to expect from Sony in 2012. A rumor-speculation mix.

  • 2012年に何が起きるのだろうか? まず、本来の2012年のロードマップは(洪水等の影響によって)2-3ヶ月遅れになる可能性が非常に高い。従って、いつ新型機が発表されるのか正確に推測するのは容易ではないが、私に2012年のロードマップの予想をさせて欲しい。
  • 1月: ソニーの新型コンパクトカメラ。
  • 2月~3月: 新型NEXと交換レンズ。ご存知の通り、本来のソニーのロードマップは2012年に3本の新しいレンズの登場を示している。私は、このロードマップが良い方向に変わることを保証する。予想よりも多くのレンズが登場し、1-2本のパンケーキも登場するだろう。
  • 4月~5月~6月: 更なる新型NEXと交換レンズ + ハイエンドコンパクトカメラ + 新型NEXカムコーダー + α99が登場する。タイの洪水の影響でロードマップが変更されていなければ、2400万画素のα99がこの時期に発表されるはずだ。そして、多くの新しい交換レンズも登場するだろう(ハイエンド広角ズーム、ハイエンド望遠ズーム、ツァイス50mm F1.4、500mm F4)。
  • 8月~9月: フォトキナの時期で、3600万画素のハイエンドフルサイズ機と、NEX-7に似たA・Eハイブリッドマウントのフルサイズ機のビッグニュースがあるかもしれない。再び新型NEXとαレンズが登場するだろう。
  • 一般的に2012年のビッグな新技術は、富士の有機センサー、ソニーの36MPセンサー、オリンパスの新型ビューファインダー、そしてソニーとパナソニックのグローバルシャッターだろう。ニコンとキヤノンから革新的なもの登場するという情報は何も聞いていない。

 

これまでの噂を元にした新製品の予想ロードマップということで、確定的な情報ではありませんが、この通りに運ぶことに期待したいところです。

来年の注目はなんといっても新型フルサイズ機だと思いますが、この予想通りだとすると、24MPのα99と36MPのハイエンド機、そしてA・Eハイブリッド機の3機種が登場することになり、ソニーユーザーの方には本当に楽しみな1年になりそうですね。

2011年12月28日 | コメント(20)

コメント(20)

NEXはいくつリリースされるのでしょうか?
なんだか目が回りそうだ…。

雑誌インタビューでは、Eマウント小型レンズ
高画素、グローバルシャッターについて語っていました

新NEXは、C3・5Nの後継機でしょうか
C3はデジタル補正など5N同等の性能を期待したいですが

ハイエンドコンパクトカメラは、
1/1.7CCDか1/2.3裏面CMOSのどちらなのか・・・
以前個人的にもやりたいと積極的な発言があったのですが
音沙汰がなく諦めていました
実は長期開発していたというオチであれば嬉しい
Gレンズ、カールツァイスレンズいずれにおいても
伝説の銀塩コンパクト
「TC-1」「T2」を意識せざるを得ないですね

A・Eハイブリッドは気になってしょうがないのですが、
Aマウントレンズを主に所有している身としては素直に
α99、36MP機に期待したほうがいいのかもしれません

新型NEX多すぎw
2~3月のはNEX-7の事でしょうか?
で、その次がまた3か5のマイチェン?最後のはいよいよNEX-9だったり?
それなら良いのですが、これが全て只の既製品のマイチェン版だったら
ちょっと残念だし、乱発と言われても仕方ない気がしますね…

あぁ、でも楽しみだなぁ!
新型フルサイズがどうなるか気になります!
あと、SONYも三層(?)センサーの開発してるという噂もありましたし
富士が出すなら、SONYのも新しい情報が出てくるのではないでしょうか。
そうなれば更にワクワクですね!
本当に楽しみな1年になりそう!!

何気にオリンパスの新型EVFがありますね
廉価版のVF3でなく、VF2の発展型なのでしょうか

A99は、発表即予約だな。

36MPは多すぎ。
現行機同様にJPEG+RAWでJPEGサイズが変更できないならば、困った機種になってしまう。

SONYは一部の自動車のように、もっと長いモデルサイクルを実現できないのだろうか?

世の中「エコ、eco」と言ってはいるが、息つく暇も無いほどのハイペースで新製品が出てくる。

環境負荷と言うものを知らないのだろうか?

2012年は楽しみな年になりそうですが、お財布がきついです

NEXはでかいズームよりパンケーキレンズ群&
レンズ3個くらい入るホルダーほしい

ロードマップにあった広角ズームは春のタイミングで出るんでしょうかね?
これが出揃えば先行するマイクロフォーサーズ陣営から広角マニアを一気に抱き込むことが可能になるかもしれません。

しかしまぁ来年は今年の反動で賑やかな一年になりそうで楽しみですね。

NEX開発&販売の責任者にはカメラはレンズ次第だということを忘れないでいただきたい。
少なくとも、APS-Cミラーレス機では、単焦点レンズを付けた姿がライカに単焦点レンズを付けた姿より大きくては日常携行の魅力がない。

今年のモヤモヤを吹き飛ばす製品発表です。とにかく無駄な出費は抑えて、ひたすら貯金・・・それで買える物を選ぶしか無さそうです。最低でもα99と新レンズ1本くらいは買えるようにしておかないと・・・と言いながらソニーストアから追加入荷ということで、再度、NEX-7レンズキットの予約可能メールが来ました。私は、どうしたらいいのでしょう・・・最初のメールでは我慢したのですが、年末で気持ちと財布のひもが緩んでいます(汗)

オリンパスの新型EVFは
PENのEVF内蔵機のことだと思います
MZD12-50同様に防塵防滴になると予想します

同じ雑誌のインタビューで
「トランスルーセントミラーならレフ機の形に
囚われない斬新なデザインも可能なのでは?」
という質問に対し
「それでも一眼レフの形態は残したい」という
回答がありました

ひょっとしてA・Eハイブリッドは、α99と対になる
一眼レフ形態ではないAマウント試作機として誕生
するのではないでしょうか

NEXの製品サイクルが早すぎる気がします。
ミラーレスの寿命が短いということ?

デジイチだったら数年サイクルだから
ここまで早くて、しかも進化も早い(5系の高感度・補正効果はビックリした)となると
嬉しいような、寂しいような…

ハイエンドフルサイズが9月ってことは3600万画素センサーの開発が遅れてるんでしょうかね?
α99はα900のセンサーのブラッシュアップ版でとりあえず出すってことなんでしょうか?
それともハイエンド機のほうは一眼レフ?

ああ、鬼が爆笑してやがる。

多すぎと思ったけど、2~3月はNEX-7と考えれば妥当かな。

NEXについては、カメラ本体よりもレンズ、特に短焦点のコンパクトレンズを充実させてほしいです。
ツアイス24mmのような高画質レンズの要求もあるのでしょうが、僕的には16mmと同程度の大きさの18mm、24mmが欲しいです。
NEXはコンパクトレンズとセットでこそ活きるカメラであるはずです。

NEX-7とツァイス24mmを買うつもりですが、コンパクトな単焦点がどんな焦点距離になるか興味津々です。
ペンタックスDA40mm F2.8があんなにコンパクトなんだから、似たようなサイズ、焦点距離だと理想的ですねー。

NEXのボディの製品サイクルが早いのは、ミラーレスが発展途上の技術だからです。初期のデジイチがセンサーの幾何級数的な進歩で頻繁に新製品を投入していったように、ミラーレスもどんどん新技術を試して、それを製品に反映させてている段階なのではないでしょうか。
ある意味、ユーザーは膨大な労力(と資金)を費やすテスターなわけです。なので、ちゃんとした評価をメーカーに伝えることで、ミラーレスという製品ジャンルの発展に寄与していけるわけです。
まあ、自分が買った商品が一年後には(へたしたら半年後)陳腐化していたりするのは悲しいのですが。
ソニーには意欲的に新技術を投入する社風があるので(そのせいで初期ロットのトラブルも多いのですが)、来年もがんばって画期的な製品を送り出してほしいものです。でもできるだけ的外れなものは出さないでくださいね。

Eマウントは16-50/3.5-4.5ぐらいで長さ4cm位のコンパクト標準ズーム希望

来年はレンズも含めて楽しみ1年になりますね。

ただ1点だけ、α99に改善して欲しい点があります。

それは動画時の「AF絞り値の固定」です。

ご存知のようにα55から動画で世界で初めて位相差AFが使えるようになりました。そのAFがF3.5か開放F値が暗いレンズはそれ以下(以下、数字が大きいほうが低い前提)に固定になってしまいます。

AF用に光が30%必要なため、AF利用時の絞っての撮影が出来ないことは機構上承知ですが、技術者の方が「アルゴリズムの関係でまだ」という理由より、光がより多く集まるF3.5以上が使えないのが現状です。

α77やα55はAPS-Cサイズなので諦めがつきますが、よりボケ量が大きいフルサイズのα99では、F3.5以上のF1.4やF1.8で動画を撮影したいものです。

一眼レフは写真を楽しむ一方、せっかく撮影する動画も妥協したくない気持ちです。

絞っての動画撮影や、シャッタースピード優先の動画撮影はNEXに任せますが、コントラストAFはまだ迷うシーンが多かったり、AF自体のスピードと初動作が1テンポ遅れる感じで明るいレンズでは不向きかと感じています。

来年度発売されるα99には、動画撮影時の「AF絞り値の固定」を、メニューでの任意設定でも構わないので、F3.5以上(F1.4やF2.8)も使える設定にしていただきたいと強く要望します。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年12月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが有機センサーの色別の感度を改善する特許を出願中」です。

次のブログ記事は「ニコンがタイで2012年1月6日に新製品発表を計画中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る