キヤノンが中心と周辺部で屈折率が異なる硝材を使った300mm F4の特許を出願中

エンジニアの嗜みで、新硝材(ラジアル型屈折率分布素子)を使用した300mm F4を含む合計3本のレンズの特許が紹介されています。

・Canon 300mm F4 にラジアル型屈折率分布素子を用いて高性能化する特許(※引用元サイトは閉鎖されています)

  • キヤノンが300mm F4、50mm F1.2、24mm F2.8の特許を出願中。ラジアル型屈折率分布素子と呼ばれる硝材を用いて、色収差の補正を効果的に行ったフルサイズ対応の単焦点レンズになる。
  • ラジアル型屈折率分布素子とは: 光軸と垂直な方向に屈折率が変化する。光線はレンズの境界面とレンズ内の両方で屈折する(色収差が発生する)。屈折率分布が適切であれば色収差を補正可能。球面や非球面ではなく、平面(平板ガラス)でも良い(加工が楽)。
  • 特許技術は、中心と周辺で屈折率が異なる硝材を用いて、更に光学設計の計算を最適化することで色消しを行うというもの。
  • 300mm F4: (最前面の硝子は)保護ガラスのようだが、実はこれがラジアル型屈折率分布素子。300mm F4の性能は別次元。
  • 50mm F1.2: 非点収差の開きがちょっと気になる。二線ボケの原因にならないと良いのだが。
  • 24mm F2.8: 像面湾曲が目立つかもしれない。 特許の例だとAFが遅いと思うので、もう一工夫といったところ。

 

中心と周辺で屈折率が異なる硝材を使って色消しを行うなどということができるんですね。元記事のレンズ構成図を見る限りでは、300mmの最前面にあるラジアル型屈折率分布素子は、保護ガラスにしか見えませんね。この新硝材を使った300mmの性能はかなり優秀なようなので、製品化に期待したいところです。

2012年1月17日 | コメント(3)

コメント(3)

EF300ミリF4ISは首を長くしてリニューアルを待っています。何と1997年の発売で、手振れ防止も2段までしか効かないなんて、今更買えないでしょ。ニコンなんかVRもなし。こっちも買えないよね。どっちか先に出した方に跳び付く予定。

キヤノンの新サンヨン候補と言えば同じえがみさんとこで紹介されていた
電気光学素子を手振れ補正系としたものも気になりますね・・・早く製品
となって手にとってみたいものですね。

「ラジアル型屈折率分布素子」とやらの製造コストがわかりませんが
サンヨンの導入例でG1に位置付けられてることを考えるとそれなりに
ローコスト・高耐久性なんでしょうか。
24/2.8ISの噂が出たこともあり今度の24mmがどういう光学設計に
なっているかによってこの特許の導入が現実的かどうかの一つの
判断材料になりそうです。
サンヨンの更新は私も首を長くして待っている一人なので是非今年中に
お願いしたいところです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2012年1月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスの新型m4/3機(OM-D?)には16MPセンサーが採用される?」です。

次のブログ記事は「オリンパスOM-DはそのままOMシリーズに見えるデザイン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る