トキナーがAT-X 116 PRO DX II (11-16mm F2.8)を発表

トキナーが、APS-C用の超広角ズーム「AT-X 116 PRO DX II」 を 発表しました。

Tokina AT-X 116 PRO DXの後継機種、Tokina AT-X 116 PRO DXⅡ発表

  • 人気の超広角ズームレンズ、Tokina AT-X 116 PRO DXの後継機種Tokina AT-X 116 PRO DXⅡが登場。AT-X 116 PRO DXの光学系をそのままに、新コーティングを採用。
  • 希望小売価格: 90000円(税別、フード付き)
  • 発売日: ニコン用が2012年3月下旬発売予定、キヤノン用が2012年7月下旬発売予定。

 

トキナーの12-24mm F4に続いて11-16mm F2.8も II 型にリニューアルされました。光学系は従来のままで、コーティングとAFモーターを変更したマイナーチェンジモデルですが、元々評判の良い超広角ズームなので、これで逆光に強くなれば更に魅力アップしそうですね。なお、レンズの詳細なスペックは、製品情報のページを参照してください。

2012年1月26日 | コメント(10)

コメント(10)

現行型ユーザとしては悔しい!
でもこのAPS-Cでは唯一無二なレンズが続いてゆくのが嬉しくもあります。
現行型の三大弱点(倍率色収差・パープルフリンジ・ゴースト)が改善されている様なら、買い換えを真剣に検討します。
でも製品詳細ページを読む限りでは大きな変化はなさそうですね…
サンプルは是非とも逆光バリバリのやつを載せて欲しいなあ。

ところで他のAPS-C用大口径レンズのリニューアルも期待していいのでしょうか?
その時は是非手振れ補正つけてお願いしたい。
トキナーさんヨロシク!!

AT-X 116 PRO DXはトキナーで現状唯一ソニー用も出てるレンズなのでソニー用の発売もお願いしたいです・・・。

待っててよかったTokina APS-Cの超広角ズーム!
逆光に弱いのは超広角としてかなりの欠点に感じていたのですが、解像感には惹かれていたので
評判がよさそうなら買おうかなー

超広角ズームの購入を検討していたので、候補の一つに入ってきますね。
でも発売がだいぶ先ですねえ…

コーティングが改良されているようで、弱点のひとつである逆光耐性はよくなったのかなと思いますが、光学系が変わらないってことは色収差も変わらないのですよね?
明るさはかなり魅力的ではありますが、描写性とズームレンジを考えるとシグマ8-16がやはり有力候補でしょうかね…。

今度こそDA★ 11-16mmF2.8ED AL[IF]SDMに。
なんてHOYA時代だったら期待したところですけど、ないでしょうね。

burnsさん同様、αAマウントユーザーなので、ソニー用も継続して欲しいですね。

AT-X116PRO DXは今年の春以降に購入するつもりだったので、今店頭からなくなると…

APS-C用の広角F2.8ズームは唯一無二ですから、是非α用も出してもらいたいです。
こんどはちゃんとAFモーター内蔵で!
旧レンズは、α用だけAFモーターが内蔵されず、AF/MFの切り替えが煩わしかったことと、あまりにもゴーストやフレアの発生が酷かったので見送りました。

新型が逆光に強くなっていて、AFモーター内蔵であれば非常に魅力的なのですが。

ついにきましたね!
待望の116リニューアル。
ニコン純正はやたらと高いし、逆光には弱そうだけど現行116をずっと考えていた私にとっては待望の一本です。
発売直後とはいかないまでも、問題なさそうなら期を見ていきます!
F6でも使えるということなのでそっちでも遊んでみるつもりです^^

待望のネガ消しと喜ぶべきか,散々放置して今更やるなら光学系も一新してくれよと文句を言うべきか,少々微妙な心境ですが・・・w
まあ,何にせよ楽しみです.欲しい欲しいと思いつつ,月明かりや街灯で盛大にゴーストが発生してる作例を見て二の足を踏んでましたから.
コーティングは124IIと同等なのか,それとも新コーティングと謳うからには新開発なのか,その辺も気になりますね.

吉報ですね。ニコン用で買えと言うことか。
DA15に魅了されていたので、どうしたものか。
本当は、レンズの本数が少ないα用で買いたいのだけれど。

逆光には強くなっているだろうと期待しています。
がんばれトキナー!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2012年1月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスOM-Dの動画のクオリティはGH2以上になる?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがX-Pro1を国内で正式に発表。店頭予想価格は15万円前後」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る