SLR MagicがM・E・m4/3マウントに対応する50mm T0.95を発表

SLR Magicが、ライカM、ソニーNEX、マクロフォーサーズに対応する大口径単焦点レンズ「HyperPrime CINE 50mm T0.95」を発表しました。

SLR Magic announces HyperPrime CINE 50mm T0.95 M-mount lens

  • 香港のレンズメーカーSLR Magicが、ライカMマウント用のHyperPrime CINE 50mm T0.95を発表した。m4/3やNEXにも容易に取り付けできるこのレンズは、被写界深度を浅くしたい動画撮影や、自然光での写真撮影用に設計されている。レンズ構成は7群12枚で、メーカーは、開放での撮影に最適化されていると言っている。発売は2012年9月以降になるだろう。その間にSLR Magicは、直接m4/3カメラに取り付けられるスポッティングスコープも発表する。
  • マウント: Mマウント、Eマウント、マイクロフォーサーズ
  • 絞り羽根は12枚の円形絞り、フィルター径は62mm
  • 長さ95mm、直径73mm、重さ975グラム

 

最近、m4/3やNEX用のレンズを精力的に発表しているSLR Magicが、今度はミラーレス機用の50mm T0.95を発表しました。価格は不明ですが、リーズナブルなレンズを出しているSLR Magicのことなので超大口径レンズとは言え、手がでないほど高価なレンズにはならないような気がします。

SLR Magicのシネレンズでは、以前発売されたm4/3用の12mm F1.6がPhotozoneのテストでなかなか良好な結果を出しているので、今度の50mm T0.95もスチル用レンズとして結構使えるかもしれませんね。

2012年1月 1日 | コメント(7)

コメント(7)

ボケと周辺光量に期待したいところですね。

うれしいけども、デザインはノクティルックス意識しすぎなのが勿体ない・・・
オリジナルなデザインなら尚よかったと思う。

レンジファインダー時代の、Canon 7,7sの 50mmF0.95を意識しているのでしょうか?
'60年代、首からぶら下げている人を2,3度見たことがあります。
ガウスタイプで、開放では、あまり写りは良くなかったと聞いておりましたが、今、他のブログなどで拝見すると、味のある写りの写真がアップされてます。
デザインというか見た目はだいぶ違いますが、値段しだいでは、一度試してみたい気もします。
ご存知でしょうが、コシナから25mmF0.95というのも出ています。

Mマウント対応ということはフルサイズをカバーするということでしょうか。フルサイズ対応だったら、将来NEXがフルサイズになった時にとても魅力的なレンズになるのですが…。あくまで願望ですね。

> HyperPrime Lens corresponds to a 50mm lens in 35mm format.

と、プレスリリースにありますから35mmライカ版対応ですね。

35mmフルサイズのイメージサークルがあり0.7mまで距離計に連動するみたいですね。凄いなぁ。ノクチより寄れるじゃないです(笑)
50mmF0.95のシネレンズ(アンジェニューだったかな?)を宮崎さんにMマウントに改造してもらっている方のブログを見たことがありますが、それだとレンズで5万円、改造でまた5万円くらいでしょうか?10万円もかけるほどの価値があるか?という画質でした。
このレンズの価格設定と画質の本気度(明るさを無理するとトイレンズ的になる)がどんなものなのか、まだ分かりませんね。
フォクトレンダーのNoktonF1.1も良いレンズで、外国でも評判良いですから、中途半端じゃ売れないことぐらい分かってるでしょうから、案外本気で良いレンズだったり。スペックとサイズ的にもありえるから恐い。

しかし、ライカに怒られそうだなぁ。

NOKTOR銘柄のレンズとは絞り枚数やら重さレンズ構成やら微妙に違うようですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2012年1月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あけましておめでとうございます 2012年1月1日」です。

次のブログ記事は「ソニーDT16-50mm F2.8 SSMはT*16-80mm F3.5-4.5と同程度の画質」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る