EOS 5D Mark II と5D Mark III の感度別の画質の比較テストが掲載

CAMERA LABSに、キヤノンEOS 5D Mark II と5D Mark III のJPEGによる感度別の画質の比較記事が掲載されています。

Canon EOS 5D Mark III vs 5D Mark II noise (JPEG) (RAW and many more results to follow)

  • レンズはどちらも同じEF24-105mm F4L ISを使用し、焦点距離は40mmで、手ブレ補正はOFF、F値はF8に設定した。両機とも標準のピクチャースタイルを使用し、ホワイトバランスはマニュアルで3300Kに設定している。オートライティングオプティマイザーと、ノイズリダクションは無効にした。
  • ISO50-200では両機とも基本的にノイズフリーで、ISO400では等倍で見るとごくわずかに色ノイズが見られる。ISO800では両機とも色ノイズが若干多くなるが、Mark II はよりノイズが目立ち、画質が少しソフトになり始める。Mark II はまだ素晴らしい画質だが、この感度が両機の分岐点だ。
  • ISO1600では、Mark III はISO800よりも若干ノイズが増えるが、まだとても良好に見える。一方でMark II はMark III よりも若干ノイズが多くなり、デフォルトの絵作りの違いを考慮してもよりソフトな画質だ。
  • ISO3200ではMark II はノイズとソフトさがより顕著になり、Mark III に遅れを取っている。ISO6400では、Mark II のノイズは極めて目障りになるが、Mark III はずっと良好だ。ISO3200-6400ではMark III はずっとノイズが少ないだけでなく、より豊富なディテールを維持している。
  • ISO12800以上ではMark II は非常にノイジーで非常用だ。一方、Mark III はずっと良好だが、ISO25600で大きく画質が落ちる。Mark III のISO25600でクリーンな画質を期待すると失望することになるが、しかしMark II が使えない画質なのと比べると大きく改善している。
  • Mark II とMark III はISO400まではノイズもディテールも同じレベルで、違いはJPEGのシャープネスの設定だ。ISO800ではMark III がディテールや色乗り、ノイズでリードし始め、ISO3200では1段分前後のアドバンテージがある。ISO6400以上では、アドバンテージは1段半から2段分になる。
  • 大部分が低感度の撮影ならMark II とMark III は同等の画質だ。しかし、ISO800より上の感度をよく使うならMark III は全体的に良好な画質に見える。

 

Mark II と Mark III はJPEGのデフォルトの絵作りが異なっている(Mark II のほうがよりソフト)ようですが、両者の画質は低感度では基本的にあまり変わらないようです。

とは言え、高感度になればなるほど差が広がるようなので、高感度を多用するユーザーには、5D Mark III のアドバンテージはかなり大きいかもしれませんね。なお、RAWのテストは現在行なっているところで、後ほど公開するそうです。

2012年3月23日 | コメント(13)

コメント(13)

JPEGですか~
RAWのNRなしで比較したいですね。

JPGの高感度側は1段半分程度進化したようですね。
すごいと思います。

高感度域におけるセンサーの熱かぶり問題が出たようですが、天下のキャノンさんも少し油断したかなあ。
でも、プライドにかけてきっちりと対応してくるでしょう。
がんばれ!キャノン!

センサーの性能とエンジンの性能は分けて評価してくれると嬉しいんだけどねぇ。

DIGIC5のノイズリダクションによるJPGの画質はいいと思います。サンプルを印刷してみるとA4程度の場合、特に影部分の微妙な暗部ノイズが綺麗に消えて、解像も悪化が少ないし素晴らしい進化だと思います。ただ残念ながらこのクラスのカメラは私はRAWでしかほとんど撮らないから、
やはりセンサー性能でノイズが少ないと尚良いんですがね。
どうなんでしょうね。

個人的にはこれぐらいの差であれば(特に低感度域は差が無さそうですし)まだまだ5D2もいけちゃう感じですね
5D3が出ることで安くなった5D2を買う腹積もりでしたが、5D2も急落はしない気がしますね…

EOS 5D Mark III SPECIAL SITEの中にこんな話がありました
『CMOSセンサー側と映像エンジン側でトータル2 段。それぞれが目標とした分だけSN比を向上できれば いい。』

センサーだけで達成してほしかった
このくらいはみなさんも期待してましたよね

http://cweb.canon.jp/camera/5dmark3/interview/index.html

みなさん,センサー特性気にされてますね-.
私も非常に気になってるので,RAW ファイルの画像を統計処理して比較してみました.

http://green-rabbit.sakura.ne.jp/blog/2012/03/23/3068/

グラフ作成に使用した Excel ファイルもダウンロードできますので,よかったどうぞ.

ちなみに,比較に使ったデータは,RAW→16bit TIFF→Excelなので,劣化のない生データです.

MK2と比較すると1段よりは進化しているけど
2段ほどではないという感想です。
安易には比較できませんがMK3のISO25600と
α900のISO800あたりが同じくらいのノイズのような気がします。
D800EはまだですがD800も含めこれらとの比較なども
大いに気になるところですね!

ニコン・キャノンとフルサイズで100%ファインダーを積んできて
SONYはこれと対等の一眼を作れるのでしょうか(汗)
まだフルサイズのアナウンスすらありませんし。
ボディ内手振れやツァイスレンズは魅力ですが
TLMを使っていてレンズ画質を引き出しきれないような
カメラを推していくようで最近は魅力を
感じなくなってきてしまっていますね。。。
結果的にキャノン・ニコンに行ったほうが
幸せなんじゃないという感じと言いますか(苦笑)

長年待っていた5DⅢは、期待していたほどの劇的進化はなかったような~優等生というならそうかもしれないが、アマチュア・ユーザーとしてはもっと不良でもよいので、クラスの全員を驚かすような存在で登場してほしかった!この程度の進化なら他社がすぐ後ろ、いやもう前を走っているかもしれないし、5DⅢのあと2年も待たずして5DⅣを登場させなければならない事になりかねない。そうじゃないとするとやはり3Dか5D高画質が来るんじゃないと…この程度の進化なら、これからしばらくは5DⅡで我慢しておいても大丈夫かな!

5D2のJPEGはディティールが落ちるのでAPS-Cの機体より悪い結果もあります。ただRAWならゾクっとするほどシャープなのでRAWでの比較をしてくれないと本来の性能を知ることができませんね。それより5D3はシャッターフィーリングが良くなりましたね。サクサク切れる感じは好印象です。5D2は深く押し込まないと切れないのでタイトなチャンスには不向きです。

5D2のJPEGのデフォルトのシャープネスは甘々でした。
7Dから画素数に合わせたシャープネスに変わったと聞いたことがあります。
これはそれまでは全機種画質の統一を図るためだったと思います。
その点の違いが現れているのかと思います。
また、体験会でイスラム寺院?のような場所で撮ったISO25600の写真が
大きなパネルにしてありましたが、
ISO2500でもディティールがよく残っていたと思います。
これまでのカメラではできなかったことの一つかと思います。

5d2ユーザーの要望もかなり実現しましたし、動画機能も充実して完成形のカメラにはなりましたが、やはり対抗機があまりに進化しすぎてしまったことで、なんとなく失望感というか、気分的に盛り上がらないアップデートになってしまったのは残念ですね。今後、どういう展開をしていくのか、御手洗さんの手腕が問われるところです。ミラーレスも後手にまわっているので、今年はキャノンは正念場かもしれませんね。

管理人さん、こんばんは。

カメラ雑誌を読みまくりましたが、プロの意見では画質が
いいのは当然として、カメラとしての質感が非常に上がったと。
シャッターの感覚とかすごく上がったという意見がありました。

EOS 5Dシリーズは、画質がいいのはもう当然。
EOS 5D Mark IIで不満があった部分もすべてといっていいほど
解消されているらしい。

こういうカメラとしての質感って、本当のカメラ好きが求めて
いるものではないかと思います。
それを実現したEOS 5D Mark III はすごいと思います。

カメラ雑誌では「7D並みに良くなった」というニュアンスも
良く目にしました。

EOS 5D Mark III の出来のよさを見たら、7Dの後継機も
楽しみというものでしょう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2012年3月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが28mm f/1.8と16-35mm f/2.8の特許を出願中」です。

次のブログ記事は「ニコンD800がDxOMarkでトップのスコア(95)をマーク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る