キヤノンEF40mm F2.8 STMはパーフェクトではないが非常にハイレベルなレンズ

photozoneに、キヤノンEF40mm F2.8 STMのフルサイズ機(5D Mark II)によるレビューが掲載されています。

Canon EF 40mm f/2.8 STM - Full Format Review / Test Report

  • レンズは単純な構造で、造りは問題ない。鏡筒はプラスチック製(マウントは金属製)でしっかりと組み立てられている。フォーカスリングはスムーズに回転し、フォーカシングで内側の鏡筒が若干伸びる。フォーカスリングは実際の駆動系とつながっていないので、レンズをカメラから取り外した後で、繰り出したレンズを元に戻すことはできない。
  • STM(ステッピングモーター)によるAFはかなり速いが、少なくとも5D2では率直に言ってリングタイプUSMほど速くはない。STMは動画撮影時のイノベーションがうたわれているが、古いEOSのボディではUSMからの改善はごくわずかだ。
  • 歪曲は0.6%のわずかなタル型で、基本的に無視して良い値だ。
  • 周辺光量落ちは開放で1.7EVとかなり目立つが、F4まで絞ると大幅に改善し(0.84EV)、F5.6ではほとんど問題はなくなる(0.57EV)。
  • 中央の解像力は開放から既に素晴らしい値(excellent)で、周辺部と四隅でさえも容易にとても良い値(very good)に達している。F4とF5.6に絞ると若干解像力は改善する。F11からは若干解像力の低下が見られるが、F16でもまだ使い物になる。若干の像面湾曲があるが、心配するほどの大きさではない。
  • 倍率色収差は平均で0.5ピクセルを下回っており、基本的に無視して良い値だ。軸上色収差はF2.8でもごくわずかで、F4まで絞ると基本的に解消する。
  • ボケ味は、ハイライト部分の描写は少なくとも中央部は極めて良好で、ボケは円形を保っており、円の内部もとてもスムーズだ。開放では輪郭がかなり目立つが、1段絞れば解消する。周辺部ではハイライトが猫の目状になり、これは普通のことだが良いことではない。前ボケは少々うるさいが、後ボケはスムーズだ。しかし、後ボケもパーフェクトではない。
  • 中央は極めてシャープで、周辺部と四隅でさえ開放からとてもハイレベルだ。ボケ味は良好だが際立ったものではない。鏡筒の造りは非常にハイレベル。STMによるAFは、古いボディではあまり改善は見られない。EF40mm F2.8はパーフェクトなレンズではないかもしれないが、非常にハイレベルなレンズだ。あなたが、レンズの焦点距離と明るさに納得できるなら、このレンズを大いに推薦する。

 

光学性能は5点満点中4点で、このクラスのレンズとしては非常に高い評価となっています。解像力は開放から四隅まで良好で色収差も少なく、レンズの大きさや価格を考えると、かなりがんばっていると言ってもよさそうです。ePHOTOzineのレビューで問題を指摘されていた周辺光量落ちも、フルサイズでこの程度の値なら、それほど悪くはないですね。

2012年6月27日 | コメント(6)

コメント(6)

5D3で使用しています。価格で思わず買ってしまいましたが、ボディに付けっぱなしで、家族や日常の記録を撮っています。USMとは、一味違った
AFが良いです。近撮影のボケもなかなかですよ。

フォーカスバイワイヤーなレンズの場合、電源オフ時にフォーカスを無限大に移動するオプションが(ボディ側に)欲しい。
その辺の使い勝手はオリンパスの方がいい。

購入しました。1DXでボディキャップ代わりになっています。
スナップ用と割り切れれば、写りに全く問題はありません。構図などにもよりますが、周辺光量も気になるほどでもないと思います。STMに関しては特段印象はないのですが、印象がないことは良いことと考えています。いずれにしてもこのサイズは非常に魅力的です。

これはすごく良さそうなレンズですね。
EF改のSD用に買ってみようかなあ・・・・・

だいたい同じ印象ですが、AFは遅いですね。
50mm F1.4の遅いUSMよりさらに遅いというのが実情です。
このレンズ、玉ボケが気に入りました。きれいです。

価格.comにレビューを載せました。
散歩がてらの手持ちで、比較としてはいい加減ですが、
玉ボケだけでも見てやってください。

>ぱんだ@風の吹くままさん

作例ありがとうございました。
玉ボケすごくいいですね。
早速突撃してきます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2012年6月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが新しいハイエンドNEXをフォトキナで展示する?」です。

次のブログ記事は「オリンパスが25mm F1.8と12-60mm F2.8-4をフォトキナで発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る