キヤノンが35mm F1.4の特許を出願中

エンジニアの嗜みで、キヤノンの35mm F1.4の特許が紹介されています。

・Canon 35mm F1.4 の特許(2012-123155)(※引用元サイトは閉鎖されています)

  • キヤノンが35mm F1.4の特許を出願中。 現行品は1998年発売なので、いつリニューアルされても不思議ではない。
  • レンズ構成は9群12枚、非球面2面2枚。
  • キヤノンの特許はレトロフォーカス光学系の欠点が浮上しないよう各種光学パラメータを最適化したもの。
  • 球面収差が+0.05mm程度、非点収差がワーストで-0.1mm程度、歪曲がワーストで+0.2%、倍率色収差が四隅で+0.01mm。 驚異的な性能。 各種収差ともソフト補正に頼らなくても良さそう。

 

35mm F1.4の特許は過去にも出願されているので、試行錯誤を重ねているのかもしれませんね。今回の特許の光学系は「驚異的な性能」ということなので、これがそのまま製品化されれば、EF35mm F1.4L II (?)にはかなり期待できそうです。

2012年7月 2日 | コメント(4)

コメント(4)

どんなに高くても、借金してでも買います。
50L、85LⅡ、135Lが、とても素晴らしかったので、
期待させられてしまいます。
ただし、クッキリしゃっきり写るだけのレンズなら、
ノーセンキューです。

135Lもそろそろリニューアルかもしれませんが、
あちらはまだ必要性を感じないほど、
よく出来たレンズだと思うので、
やはり35Lのリニューアルが急務なのでしょうね。

Canonの光学技術の結晶と謳われるくらい、
素晴らしいレンズを期待しています。

現行の35Lは広角の解像力がNにやや劣ると聞くC社のなかでは
結構いいほうですので、それを「明らかに超越する」新型の
開発は難しいんじゃないかと思ってたんですが、まぁ、
40mmF2.8の性能もそうですが、時代は変わりますね。

驚異的な価格、になりそうで怖いですが。

APS-C使いですので、50mmとともに頻繁に出動するレンズです。
恐らく、動画のAFもKiss X6iの技術が基本に進化していくのでしょうから、今後は「EF35mm F1.4L STM」でいいのではないでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年7月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-Pro1は卓越した画質だが、いくつかの欠点があるカメラ」です。

次のブログ記事は「キヤノンがミラーレス機と共にEFマウントアダプタを発表する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る