ソニーの8月下旬の新製品発表ではちょっとしたサプライズがある?

Sony Alpha Rumorsに、ソニーの新製品発表に関する噂が掲載されています。

(SR3) Some sort of Sony small (videostuff?) announcement on July 26th.

  • 友人が当サイトのFacebookにちょっとした噂を投稿してくれた。彼は、ソニーが7月26日に小さな発表をするだろうと述べている。これはNEX-FS700に関係するものかもしれない。
  • 8月下旬のソニーの新製品発表には、ちょっとしたサプライズがあるようだ。発表されるのは、α99とNEX-5Fだけではない。これは他の透過光ミラー機やフルサイズミラーレス機ではないので、あまり期待しないで欲しい。信頼できるソースからの裏付けが得られたら、お伝えしたい。

 

7月26日の発表が何かは不明ですが、FS700関係とのことなので、動画関係のアイテムか何かでしょうか。あと、8月下旬の発表ではα99とNEX-5F以外にも何か新製品が登場するようですね。α99と同時に交換レンズが登場することは、以前から噂されていたことなので、それ以外の何かを期待したいところですね。

2012年7月22日 | コメント(29)

コメント(29)

NEX-5は使い易さを追求しつつも尖ったデザインであり続けて欲しいですね。
NEX-3は、、ちょっと悲しいデザインと質感になってしまったので^^;

何にせよ
Eマウントのレンズであって欲しい・・・

待つのにも限界が・・・

7の新ファームであることを祈ります

もう待てない!

ちょっとしたサプライズなんかいらない、フルNEXという物凄いサプライズのみ希望‼

キットレンズ2年放置・・・

センサー開発、本体設計などは素晴らしいのだけど
レンズは下請け丸投げとか悲しすぎる

銘玉はよ!

スチルも撮れるNEX-FS700ですが、肝心の動画撮影に1つ必要な”機能”が足りません。
その”機能”を使う為のボタンだけが本体に用意されてます。

そう、”電動ズーム”です。
Eマウントカメラであるにも関わらずNEX-FS700は電動ズームを想定して本体が設計されています。
これはつまり、NEXシリーズで使える電動ズームレンズの開発が進んでいる事を示唆しています。

7月の発表は(特にNEX-FS700に影響が強い発表なら)NEXシリーズ用の電動ズームレンズではないでしょうか。

以前『ソニーがAPS-Cセンサーを採用したコンパクトカメラを準備中?』 ( 2012年2月21日 ) http://digicame-info.com/2012/02/aps-c-10.html という噂がありましたが、まだ出てませんよね。
でもこれじゃないですね。これだったら「ちょっとしたサプライズ」ではなく「とんでもないサプライズ」でしょうから。
でもソニーになんかあるというのなら、EOS M も出ることだし、期待してしまいますね。

VG30ではないでしょうか?

VG10も20もそれぞれ8月に一年おきに更新されています。

サンニッパなどのリニューアルレンズの同時発表があるでしょうね。
Aマウントレンズを他社並みに揃えていって欲しいですね。
楽しみにしています。

NEX-5Fの液晶はF3みたいなのでなく、従来型のチルトがいい。F3のはホント使いにくいし見た目も悪い

NEX-7のローパスレスモデルというのなら、フルサイズNEXでなくとも拍手します。
フルサイズローパスレスなら相当のインパクトでしょうけれど。

>NEX-3は、、ちょっと悲しいデザインと質感になってしまったので^^;

そうですか?歴代3ナンバーの中では一番出来がいいと
思っていますけど
初代3や3Cは、5ナンバーと比べ影の薄い存在でしたが、
F3は内蔵フラッシュや180度回転液晶など、
5Nよりハイスペックな部分もあり、ようやく
自己主張の強いカメラになれたなあと思っています


>小さなサプライズ

α99に付随する何か?ではないでしょうか
たしか現行300mmF2.8G-SSMがディスコンだし、
70-400mmGのリニューアルも計画されていると
噂されていますよね

また、オートロックアクセサリーシューがバージョン2.0
になるとしたら、フラッシュか動画関連のアクセサリー
新調なんてのもあって良さそう
α57のPVでは、LED照明を装備したりもしていました

>ちょっとしたサプライズ・・・?
個人的にはフルサイズ1600~1800万画素で連射&高感度耐性重視、それで光学式ファインダー搭載機が出てくれたらとっても購買意欲がわきます。

NEX-7に絞り・シャッター固定で、ISOが動くモードを備えた新ファーム、それにそろそろフルNEXのお話しも欲しいところです。

ちょっとしたサプライズだとレンズは期待できませんね。

多くのレンズがリニューアルされる。小出しに出る。などと話がありましたが、EもAもレンズは7月は新製品出ませんでしたね。
やはりレンズはフォトキナの秋以降早くて冬まで気長に待つしかなさそうです。

何でしょうね。
「ちょっとした」ですからね。
レンズやカメラの新型発表!という感じではないとは
思うのですが・・・

といいつつ期待しちゃいますが^_^A

NEXはメニュー第一階層にISOとか設置しようよ
店頭でNEXを触った時、マニュアルにした途端使い方が分からなくなった。
結局分からず、後日ネットで調べてから店に行き直した。
第一階層にある馬鹿でかいアイコンとか必要なの?(タッチ用?)
2行3段にしてあるのも、ダイヤルで次どこに行くかわかりづらい

ソニーファンさん、

> 以前『ソニーがAPS-Cセンサーを採用したコンパクトカメラを準備中?』 ( 2012年2月21日 ) http://digicame-info.com/2012/02/aps-c-10.html という噂がありましたが、まだ出てませんよね。


この噂はSony Alpha Rumorsが情報元ですが、RX100が発表されたときに同サイトのAdminが、間違い情報であったことを認めています。
情報ソースからの「大きなセンサーのコンパクトカメラ」という話をAdminが「APS-Cセンサーのコンパクトカメラ」というように拡大解釈していたということです。
(今Sony Alpha Rumorsを少し探してみても、そのことを伝えている記事が見つからないのですが・・・。6月上旬の記事がごっそり見当たりません。)

1年間ほどレンズの拡充だけに注力してもらえないでしょうかね?

a900 さん

情報ありがとうございました。
そうですか。RX100 のことでしたか。ちょっとがっかりですね。


管理人さん

最新情報の収集にいつも利用させていただいています。
このような有意義な情報交換の場所を与えていただきありがとうございます。

24-120mmF4をα99と同時発売とか期待してます……
「ちょっとした」だとアクセサリーかファームウェアですかね。

α99が自信作ならさ、オリンピックでテストなんてどうですかね。ゴーヨンも新しいわけだしサンニッパの噂も出てますし。
二強に対抗するならそのくらい頑張ってほしいな。

ここは単純に「ちょっとしたサプライズ」はこの間ちょい見せだった
「ウェアラブルカメラ」ではないでしょうか?

7/26のはFS700用4k収録ユニットじゃないですかね?

キャノンのEOS-Mを見ていると、将来の一眼はNEXタイプだなあとつくづく思います。一方、一眼レフで写真を知った私などは、Aマウントカメラが本道のように思いますけれど。NEX-5Fは、その解答を暗示してくれるのかな。
NEXのレンズが大きいという意見が多くありましたが、EOSMの印象も同じですね。どちらも、こういう形で良いと思います。
A99が姿を現すまで、まだいくつかのうわさがあるでしょう。楽しみです。

ちょっとしたサプライズですから、うっかりすると見落としそうな発表なんでしょうか?

α99の開発が難航しているので、遺憾ながら発表延期。
その代わりと言ってはなんですが、代替機としてα9001を小ロットですが準備いたしました...。

...ちょっとではすまないか。

α77はモック、スケルトンモックが登場しましたが
α99はそういう動きが一切ないですね

ライバルをけん制するにも、同価格帯のD800・5D3は
すでに発売済みだし、あえて隠す必要も無いと思うのですが・・・
スケルトンが出てくれば、小さなサプライズとは言えそうです

レンズを出してくれるだけでいいよ

30日になって、
ソニーのセミコンでこんな発表がありました。

http://www.sony.co.jp/Products/SC-HP/cx_pal/vol93/pdf/imx144cqj.pdf

1/1.7型の裏面照射型12Mセンサーの開発です。
通常より大型化している点が、新しいし、

レンズの設計自由度も広がると書かれています。

自社製品に組み込まないのかなあと思います。

リコーのGR4、ニコンP7100後継機に
搭載する用途なのでしょうか。
興味津々です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年7月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンAF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRは色収差が少なくシャープだが歪曲が大きい」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS Mの詳細スペック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る