キヤノンがIS付きの24-70mm F2.8の特許を出願中

エンジニアの嗜みで、キヤノンの28-70mm F2.8 IS と 24-70mm F2.8 ISの特許が紹介されています。

・Canon 24-70mm F2.8 IS(手振れ補正)付きの特許(※引用元サイトは閉鎖されています)

  • キヤノンが防振機構(IS)を搭載した24-70mm F2.8と、28-70mm F2.8の特許を出願中。
  • (24-70mmの)レンズ構成は12群21枚、非球面 3面3枚、UDガラス 2枚。インナーフォーカス、手ブレ補正。
  • 発売するからにはプロ御用達の性能にしなければならないが、その結果が光学系の大型化であり、実施例2(24-70mm)の場合、前玉の有効径が77.29mmで、フィルター径がφ95mmやφ105mmになってしまう。性能と小型化の両立は難しいようだ。
  • 今まではレンズが肥大化するので(手ブレ補正の搭載を)諦めていたのが、タムロンのおかげで、現実的な大きさの24-70mm F2.8ISの開発が急務になった。

 

キヤノンがIS付きの24-70mmの特許を出願しているということは、EF24-70mm F2.8L II とは別にIS付きの標準ズームも用意するつもりなんでしょうか。ただ、この特許のレンズはかなり巨大で、このまま製品化するのは難しいようなので、これから光学性能と大きさとのバランスを煮詰めていくつもりなのかもしれませんね。

2012年7月 8日 | コメント(30)

コメント(30)

ズームにはISが付いていた方が使い出がありますよね。
次は17-40mmF4LにもISを付けてリニューアルして欲しいですね。

9月に延期された理由、これだったらうれしいなぁ!!
このレンズが出ないので5D3を買い控えしてるのに。。。

もう大きくなるのはしょうがない。

フィルターはドロップインタイプにするってのはどうでしょう?

前玉は得意のフッ素コーティングにすれば大丈夫なのでは?

24-70mmの新型を買うつもりですが、この特許は実際に製品化はされないでしょうね。
95mmや105mmの口径で1kg以上の標準ズームは使いどころが限られてしまうでしょう。
むしろ、24-105mmF4L ISの描写の向上を図った方が良いと思います。

それ以上にきまじめさんの仰る通り、広角ズームのF4はISを搭載してレンズメーカーに負けないレベルの描写にすること、F2.8も収差低減や解像度向上など描写力を向上させることが急務だと思います。

お値段も一回り大きくなりそうですね。実売25万円くらい?

個人的にはIS有った方がカタログ的にはいいと言う気もするが、あまりに大型化するとなると考え物だ。もし超高画素のカメラが出るなら考えられなくもないが、現状24-70クラスならISO上げてシャッタースピードで手ぶれを防ぐ方向も有りかも知れませんね。2000万画素クラスなら、28㎜で15分の1でも何とか止められるので。

大きくなるならいっそのことインナーズームにできませんかね。
16-35/2.8Lのような疑似インナーズームでも大丈夫ですので。

1kgぐらいなら私的にはたいした重さではない(85/1.2や50/1.0とほぼ同じ)ので、かまわないのですが重すぎると逆に手ぶれの原因となりそうですね。

新型を予約した人は出て欲しくない。
ISなしでガッカリした人は出て欲しい。
私は後者です(笑)

それよりもEF28-135 f3.5-5.6 IS をリニューアルしてほしい。出来ればF4通しで。重さは変わらずに。

またこのタイミングだと疑われますね。
ニコンもVR付けて欲しい。
開発者自らが、雑誌のインタビューで、手振れがあるので24-70より24-120を勧めている位だからね。

もし出たら5D3や1DXにもってこいのレンズですね!
ソニーやニコンからも同様なのが出たらうれしいです。

管理人さん、こんばんは。

絶対にIS付きを出すべきだと思います。

某カメラ雑誌でキャノンの24-70は1億画素にも対応するような
ものを作っているような記事が載ってました。
もはや腰抜かすほどの驚きではないですが、それだけ
カメラボディの性能が高いのなら、レンズもIS付けないと
三脚必死では辛いと思うからです。

大きくても重くても文句を言ってはいけないでしょう。

もちろん、ミラーレスを見ていると小型化も・・・という
矛盾した考えも自分の中にはあるので複雑ですが。

今後発売されてくるフルザイズ機は当然、X6iと同等かそれ以上のハイブリッドCMOS AFを搭載するであろうから、もしかしてそれを見込んで「24-70mm F2.8IS USTM」!??
まあ、このクラスの人たちはMFか...。

私もISは搭載すべきとの意見です。


24-70mm F2.8クラスのレンズは注目度も高く、各社の実力が問われる試金石。
ボディ内蔵手ぶれ補正が登場しても光学式手ぶれ補正にこだわり続け、性能を高め続けてきたキヤノンだからこそ、絶対にISを搭載べきです。
私も一時期はボディ内蔵手ぶれ補正に傾きかけましたが、動体を追いかけてもファインダーの安定した象を得られ、AF速度を殆ど犠牲にせず、更には描画性能への悪影響を着実に減らし、今では光学式手ぶれ補正への信頼は高いものとなりました。
そんなキヤノンだからこそ、自信を持ってISを搭載するべきでしょう。

タムロンさんに負けて欲しくありません。
なので、キヤノンが必ず24-70のis付を出してくれると信じてます。
24-70 is (イズ) キヤノン!

いっそのこと、ISなしの普通レンズとISありのLレンズでどうでしょう。
少なくとも写真を仕事にしている人は大きくて重くて高くても買いますよ。

スレチで申し訳ありませんが、EFのリニューで一番急務なのは28-300mmではないでしょうか。
重量とコストを1/3に落とさないと、迫力だけではもはや魅力の感じどころが無いように思います。
個人的には24-200mmの方が良かったりしますが。もちろんIS付きで。

すでにタムロンの23−70の手ぶれ補正付きを購入してしまった身としては、フィルター口径が大きなろうが、ISつきで精度のあげたものを出してほしいと思います。
1DXにタムロンのレンズでは荷が思い、開放ではつらいと思っていたところです。

それにしても、発売延期が多いのはどうしてなんでしょうね。キヤノンさん。

いろいろ問題発生については、むしろ以前からもあったのを対応をオープンにしているだけだとはおもいますが、発売の1週間前、数字前に発表というのはなんともお財布の調整をするにあたってはつらいものがあります。

つくずく、性能を考えれば、CONTAXのNシリーズの冗談のような巨大レンズは、正しかったのだと…。

あれから10年、高画素、高感度の画質は飛躍的に上がったが、周辺光量不足を補う技術はあまり進歩がないですね。

50/1.4とか528を作った実績のシグマも潜在敵として存在してますからね。でかくて重くても作ってやる!というメーカーが。

いやあ、IS無しで正解でしょう。

フィルター径105mmって、、重そ〜(笑


24-105mmF4の光学性能をUPさせた新型を出して、超高画質のF2.8、バランスのF4、という現状を維持するのが、色々な意味でベストだと思います。

どうせ70mmは画質低下で使わないので、
20-55くらいで小型化して欲しいですね。

でかっ。あまり現実的ではないような。実物見たら
その大きさに引いちゃうんじゃない。

ボディの小型化の進化スピードに見合った
レンズの小型化はとてもじゃないけど追いつかない。
今更ながら、キャノンもニコンもボディ内手振れ補正を検討したほうが逆に手っ取り早いんじゃない。

24-70 f2.8LⅡとは別に24-70 f2.8の廉価版が計画されていると聞いたことがあります(元CANON社員から)。それがこれかもしれませんね。ただ、LⅡが遅れ続けているので中々こちらの開発に取り掛かれない、とも聞きました。
また、CANONはこのクラスにISは必要ない、と考えているとも聞きましたから、この噂との関わりは微妙ですね。
廉価版の24-70 f2.8は魅力的ですよね。

レンズ内手ぶれ補正は、フィルム時代には画期的な機能でしたし、採用レンズもかなりの数になりましたから、採用メーカーはいまさらボディ内手ぶれ補正に変更できないだろうな。
ただ、APS-C機でのボディ内手ぶれ補正機のレンズを見ると、例えばキットレンズでも、その大きさの違いははっきりするし、オールドレンズでもなんでも手ぶれ補正が効くのはありがたい。
フルサイズでもボディ内手ぶれ補正が実現できるなら、それはそれとして嬉しいが、今は、ワイド〜標準のレンズについては、大口径高画質レンズは手ぶれ補正無し、小口径普及レンズは手ぶれ補正付きというのも、いい棲み分けだと思う。
キヤノンも、サスガ、やるね!

逆に105mm Lレンズがみたいw

24-70mmの方でレンズ全長 191.93 - 224.86mmとのことですからEF70-200mm F2.8L II IS USMよりも長いです。
フィルター径がφ95mm以上でレンズの直径も太いですから重量も当然重くなり2kgは越えるんじゃないでしょうか。
これではどんなに画質が良くてもさすがに売れそうではありませんね。

>Enochさん

実施例のレンズ全長はフィルム面(撮像素子面)までの長さなので、フランジバックを引いたものがレンズの大きさになります(それでもかなり巨大ですが・・・)。

せっかくフィルター径77mmで揃えて来たのに~(´・ω・`)

最近出てくるの82mmが主流なんですよね。


これ以上デカイのは勘弁です・・・

個人的には大きくて重くても、高画質、インナーズーム、IS付が良いですね。でも、直径105mmはさすがにやり過ぎ感がありますけど(^^;
重さは70‐200 2.8くらいまでだったら、全然OKですね

ただ、最近の発売延期に次ぐ発売延期で、ちょっと心配です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年7月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムXF14mm F2.8R と XF18-55mm F2.8-4 OISの詳細スペックが掲載」です。

次のブログ記事は「EOS Kiss X6iのセンサーはX5と比べてダイナミックレンジが改善している」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る