ソニーNEX-5Rの詳細スペックが掲載

Sony Alpha Rumorsに、ソニーNEX-5Rの詳細なスペックと発表時刻に関する噂が掲載されています。

(SR5) Full NEX-5R specs (announcement tomorrow August 29th)

  • 明日、8月29日のロンドン時間で午後3時~4時(午前ではなく午後だ)に、ソニーは新しいNEX-5Rを発表するだろう。NEX-6とα99、VG900、そして更なる新製品の発表は9月12日になる。以下はNEX-5Rのスペックだ。

    - 1610万画素APC-C CMOS Exmor センサー
    - 新型のBIONZ画像処理エンジン
    - ISO100-25600
    - 動画はフルHD、1980x1080/60p AVCHD2.0フォーマット
    - PASMモードによる撮影とデジタルズームサポート
    - 位相差とコントラストのハイブリッドAF
    - 99点の位相差AFポイント
    - 25点のコントラストAFポイント
    - コンティニュアスAFとAFトラッキング
    - MFアシスト
    - ピーキング レベル/カラー
    - オートポートレートフレーミング
    - セルフポートレート、セルフタイマー
    - 3インチ、チルト可能な液晶モニタ(NEX-F3にような)
    - タッチシャッター付きのタッチスクリーン
    - 15種類のピクチャーエフェクト
    - 2xクリアズーム
    - 1回のバッテリーチャージで400枚以上撮影可能
    - オプションでFDA-EV1S外付けEVFが使用可能
    - ステレオマイク
    - シャッタースピードは30秒~1/4000秒
    - タイムラグは0.02秒
    - Wi-Fi
    - アプリケーション対応によるリモートコントロール機能
    - 残りのスペックはNEX-5Nと同じ

 

NEX-5Rは像面位相差AFと新しい可動式モニタの採用、アプリケーションへの対応がNEX-5Nとの主な違いのようです。

像面位相差AFの測距点は99点ということで、これが事実だとしたら十分以上の数ですね。後は、位相差・コントラスト併用のハイブリッドAFのパフォーマンスが興味深いところです。

なお、発表はロンドン時間で明日の夕方ということなので、日本では深夜ということになります。これは海外の発表時刻だと思われるので、国内では別の日時に発表される可能性が高そうですね。

2012年8月28日 | コメント(15)

コメント(15)

像面位相差AFポイントが99点もあるの?
どのように連動するのか見物ですね。

像面位相差AFとアプリケーションへの対応は大歓迎なのですが、(NEX-F3と同じような)新しい可動式モニタの採用ってのが個人的にはマイナスです。
なので自分はNEX-6待ちです(NEX-6はEVFが付いているので、おそらくNEX-7と同様の可動式モニタだと思うので)。
あとはハイブリッドAFのスピード・精度次第ですね!

99点の位相差AFポイントは驚きですね。
Eマウントレンズでどの程度位相差AFが動くのか見物です。

LA-EA2でAマウントを使用したらどうなるんだろ?
まさかα99の様にデュアル位相差システムになるとか?

それとも第3のマウントアダプターが発売されるんですかね…。

NEX-6が楽しみになってきました。

toursharanさんのいうように、LAEA2でα99のデュアル位相差になったら面白いですね。
高価なα99に手を出す前に、α99のAFシステムをお試しできたら嬉しいです。

99点も位相差センサーがあると画質への影響が気になりますね

また発売日はいつ頃になるんですかね? 

あと nex-6のスペックも気になりますね~ 

フォトキナまでの各社の発表が楽しみです!!

オリンパスの4/3レンズの生かせるボディーにも搭載されるのかな?

このAFの出来次第では、EOS Mの優位性は殆どなくなりますね。まあ、それでも既にEFレンズを持っている人はEOS Mなんでしょうけど。
なんにしても、SonyとCanonの技術対決、非常に見物です。


>99点も位相差センサーがあると画質への影響が気になりますね

1600万画素のうちの99点なんてあってないよなものでしょう。
私は全く問題ないように思います。

もちろん、1点で複数の画素を潰しているなら話は別ですが。

スペック的には5Nでも十分ですが、
新たに物理ダイヤルが増えたことで
5Rをより魅力的に感じます。
見た目的なデザインも良くなった気がします。
操作感、そして皆さんが気にしている位相差センサー
の有無による画質の変化がどうなのか
そのあたりが早く知りたいですね。

位相差とコントラストのハイブリッドAF
99点の位相差AFポイント
25点のコントラストAFポイント

これとダイヤルの存在が一番の変更点な気がします。

5Nユーザーですが、全体的な操作性、AF性能があまり変わらないようであれば、6を通りこして次世代NEX7がでるまではこれでいきそう・・。

その前にレンズ揃えないと・・・。
でも望遠は付けたくないなぁ。

発売日に買ったNEX5からやっと乗り換えられそうです。
一眼レフ陣営のミラーレスはこれで皆位相差AF搭載になるんですかね。
やっぱりAFは位相差AFが信頼性があって道具として便利です。
シャッター音だけはもうちょっと小さくしてほしいので、そこが改良されていたら嬉しいですね。

>タッチシャッター付きのタッチスクリーン
これ、何気に危険ですよね。
当然設定でオフに出来るでしょうけど。

デジタルズームの操作性が強化されれば単焦点ユーザーには朗報ですね。
位相差AFもありますし。24mm 35mmあたりは特に良さそう。

連写用バッファはなるべくたくさん積んで欲しいです。
近頃のSONY機は連写するとすぐ息継ぎしだすので
どこから本気モードで押せばいいのかよくわかりません(^_^;)

像面位相差は従来の位相差とは性格がだいぶ違うんですけどね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2012年8月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックGH3はWi-Fiを搭載し、スマートフォンからのリモート操作が可能になる?」です。

次のブログ記事は「オリンパスがフォトキナで12mm F2のリミテッドエディション(ブラックバージョン)を発表?[内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る