パナソニック12-35mm F2.8 OIS は良いレンズだが際立ったレンズではない

photozoneに、パナソニックLUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH POWER O.I.S. のレビューが掲載されています。

Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm f/2.8 ASPH POWER OIS - Review / Test Report

  • レンズの造りは素晴らしいクオリティで、レンズを繰り出してもガタつきはない。ズームリングとフォーカスリングはスムーズに回転する。
  • AFはとても速く、無音に近い。実写テストではAF精度には問題はなかった。マニュアルフォーカスは、バイワイヤ(モーター駆動)だが、フォーカスの遅れはなく、フィードバックの面ではもはや(ギアによると駆動と)全く違いはない。
  • 歪曲はJPEGでは自動補正される(12mmで1.54%のタル型)が、未補正のRAWでは12mmで5.8%の非常に大きなもので、このような(高価な)レンズとしてはとても残念だ。これほどの量の歪曲を補正すると、画像の引き伸ばしと補完による画質の劣化があることに注意して欲しい。
  • 周辺光量落ちは、12mmと35mmの開放では特に大きい(自動補正ONで1.28EVと1.13EV)が、1段絞れば許容範囲になる。ズーム中間域では周辺光量落ちは目立たない。
  • 解像力は中央は開放から全域で非常にシャープ(コントラストも解像力も高い)だ。周辺部と四隅では12mmと20mmではそれほど高い解像力ではないが、それでもなおシャープ(goodとvery goodの間)だ。よいニュースは、35mmでは画面全域でとても良好(very good)な解像力になることだ。像面湾曲は非常に小さく、被写界深度の問題を別にすれば、周辺部を改善するために絞る必要はない。
  • 倍率色収差は、高価なレンズなので良く補正されていることを期待するかもしれないが、12mmでは(自動補正OFFの状態では)1.5-2ピクセルで小さいと言うにはほど遠い値だ。20mmでもそれほど改善しない(1.49-1.67ピクセル)が、35mmでは色収差は改善する(0.7-1.1ピクセル)。
  • このレンズは間違いなく良いレンズだが、際立った性能のレンズではない。中央はとてもシャープだが、周辺部は広角側ではそれほどではない。色収差は予想よりも大きく、自動補正の無いオリンパス機では色ずれを感じるだろう。鏡筒の造りは素晴らしく、AFは非常に速い。手ブレ補正も暗所ではとても役に立つ。このレンズが、非常に高い価格分の価値があるとは確信しきれないが、多くの人がこのレンズで疑いなくハッピーになるだろう。

 

光学性能の評価は5点満点で3~3.5点とまずまずの評価になっています。記事では価格の高さが指摘されていますが、国内では7万円台前半まで値落ちが進んでいるので、コストパフォーマンスは全く問題なさそうです。

解像力はグラフでは中間域から広角側では周辺部が今ひとつのようですが、実写サンプルを見る限りでは、結構よく解像していてなかなかよい写りという印象です。

2012年9月29日 | コメント(19)

コメント(19)

35-100mmもそうですが、サイズがサイズですから、周辺はそれなりに妥協している部分がありそうですね。買うか買わないかは、何を求めるかによって変わってきそうです。

GX1XやE-M5レンズセットと撮り比べると明らかに暗部でのAFの精度や写りに差が出たため標準レンズとして常用中です。
しかしレンズの価格も気にはなりますが、防滴性能が?だったり修理代がメチャ高くなるため保険に入れてないと少し不安なレンズです。

このレンズは今、一番出番の多いレンズです。
スタジオ撮影では、これ一本で終わってしまう時もあります。
OM-Dにつけるので、レンズ側の手ぶれ補正はOFFが多いのですが、AFの早さなど、非常にお気に入りです。

出てくる画像も非常に満足で、これまででかいカメラ/レンズで写していたのが何だったのかと思う今日この頃です。

まあ、ボケが小さいので、フルサイズ機に単焦点つけてと併用ですけどね。

値落ちしていたにしても「高すぎるレンズ」という印象が強いですねー。
パナは各種収差は電子補正すれば良いという認識みたいですが、高価なレンズの場合は電子補正に頼らない高画質を望みたいものです。

パナソニックレンズは周辺光量が落ちるものが多いですが私はそれで困らないし、十分高性能だと思います。このレンズは知人がかなり褒めてたし、私も良いレンズだと思いました。m4/3にも大口径ズームがある、ということ自体も重要ですね。

こういったレビューは、衝動買いを抑えたいときには実に有効なので好きですw
GH3との組み合わせで早く試してみたいレンズです。

パナソニックのレンズは20mmf1.7なども周辺光量不足が生じると言われますが、パナのボディを使っている限り、気になったことはありません。それと周辺光量不足はフルサイズの超広角レンズをフルサイズのボディに付けた時に発生するものとは異質のような気がします。

ただし、7万円以上出して出てくる絵が14-42のパワーズームと見分けがつかないのであれば、重さの違いなども考慮すると、二の足を踏んでしまいますね。

まさにこの記事のタイトル通りと思います。長く待った割には特筆するところがなかったですね。dofが35mm換算でf5.6ですから、明るいレンズといってもボケが期待できないのはちょっとつらいですね。特に最近はセンサーの高感度特性が良くなってきたために、f値が明るさというよりボケ量の指標になっていると思うので、結局M43の場合はf1.4通しぐらいのレンズを出さないと、みなさん、あっといわないと思います。

私はE-M5ですがMZD12-50mmからこのレンズに乗り換えました。
12-50の場合遠方の木々がもやもやしていたのですが、このレンズの場合は素晴らしい写りで大満足しています。
周辺光量不足や各収差についてもそれで困ったという経験も無く、24-70mmF2.8の大きさ重さに比べたら年寄りの私には天国のようなものです。
35-100mmF2.8も迷わず購入するつもりです。

標準レンズに名玉なしとよく言いますが、このレンズも並のレンズと言う事でしょう。また、各種収差が大きいのはオリのボディには厳しそうですね。これではオリから大口径のレンズが出るのを待つしかなさそうです。
>PPGさん
>明るいレンズといってもボケが期待できないのはちょっとつらい
4/3の標準ズームでは大きなボケを期待するのは少々無理があると思います。明るい望遠レンズを使うときれいなボケが出るのでオススメです。そのかわりF5.6-F8あたりでもパンフォーカス並になるので、レンズのおいしい所をいかせるというメリットもあります。その分シャッタースピードも早くなりますしね。要は使い方次第だと思います。

際立った性能ではないとなってますが逆に見れば安心して使えるレンズとも解釈できますね。
無難なレンズをどう使いこなすかは撮影者の腕次第とも言えますし。

値段もこなれてきてるのでコストパフォーマンスは高そうです。
さしずめ4/3用竹クラスといった性能的な位置付けですがμ用としてはバランスが取れてて良いのでは。

収差のデジタル補正はこれからの必須技術ですしそのお陰でコンパクトでコストが下げられるので大歓迎です。
ただ、パナとオリとで補正データーが効く効かないというのは同じ規格の中では問題なのでどんな組み合わせでもきちんと効くようにしてもらいたいものです。

無理に光学技術のみで収差を抑えようとするとレンズ枚数が増えて大きく重くなるのは一眼レフ用レンズで実証済み、μ4/3用としてはバランスが悪くなりますし多くのユーザーもそういう方向は望んでないでしょう。
どうしてもデジタル補正無しで光学性能を確保したいなら4/3用のオリンパス松レンズが有りますしね。

ZD松の光学性能は全レンズ中でも上位の性能揃いですから大きさ重さ、μ機でのAF速度を犠牲にしても画質を最重要視するのならお勧めです。
現行ボディならAF速度の低下も個人的には我慢できる範囲ですしそのうちAF速度も遅くならない新型も準備されるようですし…
(ただしシグマのレンズだけはAFが効かないですが…)

単純にボケ易さを重視するならμ4/3を選ぶのは間違いですし、
単焦点ならMFながらF0.95も有りますしAFならF1.4~2クラスも有るのに大きく重く高くなり過ぎるF1.4ズームなんて非現実的です。
(μ機でも焦点距離や撮影距離を適切にすればF2以下なら結構ボケますしボケ過ぎ、周辺画質の低下を嫌って少し絞らないといけない状況も多いフルサイズと比べると撮影難易度は低くコントロールし易いですよ)

無理に一つのフォーマットで何でも対応させようとせずにフルサイズ機も価格低下し出してるので用途に応じてフォーマットを使い分ければ良いのでは。

いい人なんだけど…
ちょっとつまらない人だよね

そんな感じしてます。
ノクトン25mmが常用になってる。
個性がもうちょっとあればなぁ。
そつなく便利なのは分かるけど。

キットレンズと比べて「はっ…」ってするのがなかった。

私はこのレンズについては防滴性能に一番関心があります。
実際のところ、MZD12-50mmと比べてどれほどなんだろう?

>実際のところ、MZD12-50mmと比べてどれほどなんだろう?

確かに、気になりますね。
E-M5のように、水を上からジャバジャバかけられるぐらいだと嬉しいですが、、 

ないでしょうね^^;

歪曲収差と色収差はカメラ任せな割りに
値段(定価)は高いような気がします・・・
まあ実売が7万円台ですからさほど文句はありませんが(笑)

解像力テストでは中心は開放から性能はよさげですが
補正で数値が落ちている可能性もありますかね。
絞っても数値が伸びないけど
開放から性能が変わらないのは
良いレンズということかと思います。

ただパナのカメラの補正を頼りにしたレンズ設計は
ちょっとやめてほしい部分ではあります。。。
*オリ機では色収差補正が効きませんしね

OlympusのZD14-35mmと比較すると、
驚きはなかったレンズですが、
小型軽量にまとまってるし、
過去に使っていた、
OlympusのMZD14-42mm(初代と二代目)、14-150mm、Panasonicの14-140mmやx 14-42mmよりも良く写る気がします。


周辺光量不足は被写体によっては
ちょっと気になりますが良いレンズですよ

smileblogさん>E-M5のように、水を上からジャバジャバかけられるぐらいだと嬉しいですが、、

そうですね、水辺りのロケーションや悪天候時にためらうことなく、というかむしろ積極的に持ち出す気になれればいいですよね。
小型軽量で明るい上に全天候性であれば、雷や嵐の記録などにありがたいです。

値段は別として、サイズ重さを考えれば十分な性能を持つレンズだと思います。
E-M5との組み合わせでは、滝の水飛沫がかなりかかりましたが問題なかったですし、バランスのとれたお勧めレンズです。

オリンパスのズームレンズと比べると確かに解像度は違ってきますが
パナの14-45mmと比べるとレンズの明るさ以外はさほどアドバンテージは無いような気がします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年9月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-5後継機は4/3・m4/3・ハイブリッドなど多くの可能性がある」です。

次のブログ記事は「パナソニックGH3に関する質疑応答が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る