キヤノンの高画素フルサイズ機は1D X から派生したボディを採用する?

Northlight Imagesに、キヤノンの高画素フルサイズ機(1D Xs?)に関する噂が掲載されています。

Canon 1D Xs rumours

  • 28日: 高画素機の最新情報では、このカメラは最終的には1D X から派生したボディで登場すると聞いている。実際の名称はまだ分からないが、基本的にEOS-1シリーズになるだろう。プレビュー(内覧、予告)から、発表・発売までは長い時間待つことになるだろうという注意も聞いている。

 

原文に「詳細は不明なので割り引いて聞いておいて欲しい」と但し書きがあるので、現時点ではあまり信憑性の高い情報ではないようです。

とは言え、もしこの話が事実だとすると、キヤノンの高画素機はかなり高価なカメラになってしまいそうなので、一般のアマチュアにはこの1D Xs よりも5Dの高画素版や3D(?)の方が歓迎されそうですね。

1Dsクラスのボディは、プロにもそれほど売れなかったという話をしばしば耳にしますが、キヤノンはこのクラスのカメラをはたして復活させるのでしょうか。

2012年9月29日 | コメント(55)

コメント(55)

5D2ユーザーですが、欲しいのはD800のキャノン版なんですよね~。
それ以上でも以下でもないんですが。
それ以上ですと価格的にも手が出ませんし。

1D系のようにグリップ一体式は歓迎ですが
スペック的に1D系の位置付けならばおっしゃる通り
5DⅢクラスが良いですね。
さすがに1D系の位置付けになると1D系と1DS系の統合
の意図が解消されてしまいますね。

現状のキヤノンのマーケティングで出来る出来ないは別にして、
この話をもう一度EOS1桁台のボディであらためてやろうというのなら、
いっそのこと、
思い切って中盤クラスに手を出してしまった方が潔いような気がするんだけど、、、。
動画カメラに舵を向けた今のキヤノンでは、
やっぱ静止画カメラにおいては「何かの流用」
的な話が今後も続くのだろうか?
往年のキヤノンヘビーユーザーとしては、一抹の不安を感じます。

EOS-1系にしか出来ない事も依然として有るし
本当に必要な人の為に1D系のボディで出すべき。

1Dと1Dsの統合って言いながら
1DsX?
ウワサが立つ事自体
迷走してるって感じですね。

結局、統合した1DXは失敗って事になるのかな???
それにNikonに振り回されてるって感じも否めない。。。

高画素機が1D系と4Dと2機種出る。
1D系は発表から発売までかなり間が空く。
4Dは比較的早い時期に発表されて1か月後くらいに発売になる。

キヤノンデジイチの噂を大まかにまとめるとこのような感じでしょうか?

こうなってくると、「5D3は失敗」ということになってしまうんですよね。

安価な6Dと、D800との対抗上出す必要がある高画素機との間に挟まれて、ポジションが無いんですよね。

はじめから、5D3を高画素で出せばよかったんです。

これから出すのならば、
5D3の高画素機の3Dにするか、
1DXの高画素機の1DXsにするかしか無いんですからね。

1DXsは高価過ぎて売れない。
3Dにすると、5D3との住み分けが難しい。

私もそうですが、5D2のユーザーが5D3に乗り換えないという現状が示すように、キヤノンも系列をちゃんと考えて欲しいですね。

連投失礼><
私も上記最初のお二方のように基本的には「EOS5D系」を強く希望派です。
あくまでも、
1系ボディで話を蒸し返すくらいならって事で、そんならいっそ中盤行けと><
でも、
5D系で出して「すいません今回はニコンの二番煎じです」
ってやってくれるのが一番理想だと思います。
これこそマサに2台巨頭切磋琢磨で大歓迎です。

希望としては我々アマチュアに手が届く5Dクラスのボディですが、現実的には1DXベースでしょうね。
3年後を待つことにしましょう。

フラッグシップの画質番長は楽しみですが、
結局、期待していた高画素機はアマ向けじゃ無くて
プロ用ですよね。あのヘビーなボディは常用するには、
ちょっと辛い大きさです。その辺はちょっと残念。
暫くは、D800並みのコストパフォーマンスの良い
高画素機はキヤノンからは出そうも無いみたいですね。

ニコンに戻ろうかなと思った人は僕だけではないはず。

D800を大きく超える高画素フルサイズで、5D3並みのレスポンスなら価格は40万を超すのでしょうね。それでも世の中に出回っているレンズを考えると相当売れるだろうな。早く4000万画素フルサイズ機を使ってみたいです。

1D系で高画素版が出るなら、5D系(3D? 4D?)では出ないでしょう。二台出したら、それこそ1Dsの二の舞になり、1D系の方は「売れないフラグシップ」で終わりそうです。

出すなら片方でしょう。


5D系(46MP, 3fps, 3500ドルとか)だと良いですね^^

BS21さんの仰るとおりですね。
今回のフルサイズ系の商品構成は失敗だったと思います。
5DMK2を持っているユーザに対して3年以上待たせて、結局行き場のない製品が立て続けにリリースされています。高画素に行きたいが、今あるのは5DMK3だし、6Dも中途半端に5DMK2に近い。これでは次に行く機種がありません。困ったものです。

5D系で4610万画素、1機種はノンロ-パスで2機種出してもらいたい。これなら価格にもよるが5D-2から買い替え検討したい。

1D系で出すかな? もし高価なプロ機だとしたらC300/100ボディで別ものになりそうな予感もあるんですがね。どうでしょう?

銀塩EOS3も1系のボディをややコストダウンした感じで、インターフェイスが1系を踏襲という事だったので、高画素機の3D(仮称)はそういう路線でもいいんじゃないですか?
もっぱらプロユースを考えた場合、1系の操作系の方が馴染みがあるし。
その場合、価格は1Dxを超えない様にしてほしいですね。

5D3は高画素を期待する人には期待外れなのはわかりますが個人的には大筋 期待通りの
良いカメラですけどね。2台目も買って今日届きましたし。

キヤノンのフルサイズのラインナップはあとは高画素機を出せば完成すると思うのですが
それは来年くらいからで良いのではと考えています。

ニコンはD4と同等の低画素センサーを使ったD700の後継のような7~8コマのモデルを
もう一機種 いずれ追加するじゃないでしょうか。

キヤノンの高画素は1D系でなく、やはり5Dと同じラインになることを期待します。
突出した4600万画素機ならDIGIC5+1つの3コマ程度でも十分だと思うんですが。

「5D3は失敗」とか「5D2のユーザーの方が行き場がない」と言うのは、変な話です。

当時、5D2ユーザーの方から、「高感度が必要」「AFが弱い」というのはさんざん聞いていましたが「より高画素を」と仰っていた方は殆ど居なかったはず。

1D系か5D系かは分かりませんが、高画素機が控えているのは確かなようです。そんなに悲観するような事ではないのでは?

5D2後継云々というのは結局CANONのD800が欲しいってことです

ま、キヤノンは、普通のアマなら2000漫画素で十分だと思ってるんでしょう。私もそう思います。だって、A0とか伸ばさないでしょ。
それ以上の画素数を求める写真家向けのカメラなら、1D系じゃないと

とはいえ、今や中級機も高画素じゃないと売れないからなぁ。画素数はいらない、連写が欲しいってみんな言ってたのにね。

もう、型番も固定したら?
1DXs>5D=フルサイズの高画素モデル
1DX>7D=APS-Hの連写モデル
6D>KISS=プラボディーのエントリー機

Nikonが何を出してもこの系統でいくとか・・・
ドンドン他社に対抗して新しいモデルが出るのは良いけど

どこに向かってるのか?がわからなすぎ!なんでは?

5D3は万能機ではなく、はっきりと高画素機または高速連写機のどちらかで出すべきだったんじゃないでしょうか。
そうすればユーザーは出なかった方のボディに対して「次はは出る」と、首を長くしながらでもはっきりとした希望を持てたでしょう。

今になって現状を見ていると、高速連写機で出した方が良かったのかと思います(連写7.5駒/秒、バッファ倍増で。キヤノンなら3万円増しくらいでは利かない?)
そうすれば高画素機・高速連写機としての5D3、6Dできれいなラインナップとなります。

今の5D3だと他社の高速連写機が出るころにはだいぶ見劣りしそう。
もう5D2の時みたいに「でも出てくる絵は最高」で誤魔化せるような状況ではありません。
フルサイズ機の後継機種が1年半間隔で出たりすれば話も変わりますが。

以上、勝手な妄想でした。

1D系の統合って、結局「APS-Hはやめて、フルサイズだけにします」ということでしょう?
ならば、使用目的によって、画素数や感度が異なる機種が併売されても良いと思います。
時間が経てば、必ずしも 高画素=高価と言い切れず、
製造技術の伸びが著しければ、既存のボディに搭載できるし。
1DXs と 3D のクラスに分けて、耐久性とレスポンスを変えたら購買層も変わるでしょう。
同じ40MPでも、LPFの効きを変え、連続撮影コマ数を変えたら。

噂が先走っているだけにしか思えません。
普通に考えても1D系にしたら売れないのくらいは
キヤノンにも分かっていると思いますが。
高画素機はブレがシビアで三脚が必須と聞きますが
それなら余計に三脚を選ぶ1D系ボディは想像できません。

なぜ1D系高画素機の発売はある程度先なのに年内に発表されるか考えるべきです。
5D系で4Dと呼ばれる高画素機を発表した時に、プロ用機種は別に出すとアナウンスしておかないと購入トラブルが起こるからです。まったく同じ調整が1DXと5DmkIIIとの時にされたので間違いないのではないかと思います。

ただ高画素機2種類とはいっても画素数含め他の要素も大きく差別化されているようなのでバッティングしないでしょう。

画素数的には

1D系高画素機> 4D>5DmkIII 2230万画素> 6D 2020万画素> 1DX 1810万画素

となり、普通のユーザーは4Dと5DmkIIIとの二択になるのではないでしょうか。

センサーの画素数は部材調達コストとはあまり関係ないのでは...?

5D系と1D系の両方に同じ高画素センサー搭載の機種を出しさえすれば誰も文句を言わないと思うんだけど。
と言うか、高画素機なら超高速連写は今のデジタル技術水準では無理だろうから、5D系の高画素機=D800のキヤノン版さえあればいいと思うんだけど...。

5dmark3はもともとプロの声を元に前機種の不満点を見事に払拭してきたカメラだと思いますよ。仕事で実際に使っている人間の立場からすれば高画素機はあまり支持されないでしょう。本当に必要とする人ならば1D系でも買いますし、むしろ1D系でなければならない。
スタジオの撮影でも2000万画素ちょっとで十分だと思うし 、接続されたパソコンの表示速度が遅くなる方が個人的には嫌かな。

この流れは歓迎です。
あとは価格ですね。1D X 登場時と同等価格なら少し無理してでも欲しいです。
既存の1Dsのような価格帯までいくと不要です。

高画素機を作れば現行レンズの解像度が問題視されるのは否めない訳であり今からレンズを一新して出すというのも大変な事です。
技術は進歩しなければならない宿命がありますが、足るを知る事も消費者は必要かと感じます。
私は現在三世代前の機種1ds2を仕事で使っておりますがスタジオ撮影という事もあり機能や画質も実用上十分だと感じております。
よくアマチュアの方に質問されるのですが新しく高額なカメラほど良い写真が撮れるという感覚の方が多い。しかしカメラがどれだけ高性能高画素化しても写真を撮る人間のセンスとテクで写真の善し悪しが決まる訳であり画素の1つ1つの細かさを見比べる訳ではありません。
高画素化競争での論争をみてますと写真を撮る事よりも画素の1つ1つを見比べて写真の善し悪しを決める的な感じがします。写真は全体を見て善し悪しを決める物なのでその点惑わされないように機種選びをしていただきたいと感じます。

フラッグシップはここまでやれるという指標であって欲しいですね。1DXs大歓迎です。もちろん金額は心配ですが、高画素機になったら、ファインダーの性能や、センサーの変革なども必要だと思うので、圧倒的なものを求めます。手ぶれとかも心配なので、ボディの性能は妥協しないで欲しいですね。

フラッグシップはここまでやれるという指標であって欲しいですね。1DXs大歓迎です。もちろん金額は心配ですが、高画素機になったら、ファインダーの性能や、センサーの変革なども必要だと思うので、圧倒的なものを求めます。手ぶれとかも心配なので、ボディの性能は妥協しないで欲しいですね。

フラッグシップ機は妥協しないで欲しいです。高画素機になったら、ファインダーの能力、手ぶれ防止をボディの性能で。など、望まれることが多いはず。金額は気になりますが、5D3と併用では、無理があるような。

フルサイズ超高画素機はほとんど風景や物撮り用でしょうから、報道で使われる機種のような連写性や堅牢性までは求める使用者はすくない。とすれば、私が1DsⅡ→1DsⅢとした半年後に5DⅡが発表され、こっちで充分だなぁ・・・と感じたように、すでにニコンのD800/D800Eが市場にある今となっては、キヤノンのフルサイズ超高画素機は1D系の仕様・価格では受け入れがたい。
5DⅡを使い続けキヤノンの超高画素機を待っている他の方々の気持ちを考えても、1DX系の超高画素機を市場に受け入れさせるのは簡単ではないと思う。
フルサイズ機で風景・物撮りの方々のこれ以上のニコンへの雪崩現象は、なんとしても、止めたいところですね。

キャノンはこれでも十分頑張っていると思います。
でもスペックでニコンに勝るのでは無く、ユーザーが綺麗な写真、撮りたい写真を取れる様に、結果売上が伸びる様に開発を続けているのでしょう。現在レンズ交換式として1DX、5D3、6D、そして噂の高画素機、それにAPCの7D、60D、kiss系×3種そしてミーラレス、8種+高画素機って凄くなですか?
普通の企業ならなるべく統合して在庫や生産ラインを減らして行かねば生き残れないご時世です。
元々5D3より安い事は有り得ない(自ら5D3を否定する様な価格で出せば本当にサプライズですが・・・)ボディがどんな形でも出れば御の字、4600万もの高画素がどうしても必要な極一部の方はお金を貯めて購入しましょう。

私は5D3がもう少し高速、連写機だったらもっと良かった派ですが・・・

高価格(80万くらい?)、4600万画素、16ビットを搭載なら、D800とは別次元のものになりそうですね。でも買えません。インタビューで「新しいコンセプト」っていってたのは、このことだったのでしょうか?もしそうなら、2年位で、この機能が20万円くらいまで落ちるのはいつことでしょうか?妄想はふくらみます(笑)

5D2の時は、高画素の要求が無かったから5D3には必要なかったと言い切るのはおかしいと思います。
それはD800が出るまで、高画素機の良さに気付いてなかったからにすぎないのです。
技術はどんどん進化していますし、その時々によってみながより良い(better)と感じるスペックは変わります。
今回はニコンが、最新の技術を理解して(ソニーのセンサーを使える利点はありますが)、高画素機で勝負をし、皆の価値観を変えました。
これはニコンの方が先見性があったということです。
その結果、キヤノンのラインナップがバランスが悪く感じるようになったのは言うまでもありません。
顧客の声に答えるだけではいい商品は生まれません。そのようにして市場から取り残されていった企業は山ほどあるのです。
ただ今回でキヤノンが取り残されるなんてありえないですから、次の大逆転に期待したいですね。

ふと思ったんですが、PCはどのくらいのスペックが必要なんでしょうか。

自分は、RAW撮影→TIFFで現像→編集→最終アウトプットは8bitのJPEG、(同時編集は10枚程度。それ以上だとアプリがクラッシュした時の影響が甚大なので)
とやっているのですが、4600万画素の16bitだと、どのくらいのスペックのPCが必要なんですかね。
現在CPUは2コア4スレ、メモリも8GB。この程度だと厳しいですかね?

プロで高画素が必要な人は、
より大きなセンサーを選択してしまった。
だから1Ds系は売れなかった。
高画素ならダイナミックレンジや高感度を犠牲にしてもかまわないのはアマチュアでしょう。
となるとミドルハイまでが無難では?

ニコンは、超高画素でありながら、ダイナミックレンジや高感度性能を
犠牲にしなかった。だから、評価が高いんだと思います。


キヤノンも、そこだけは、気合い入れて開発して欲しいです。
ニコンに匹敵または、それを超えるものを期待してます。

1D系ボディに期待しています。
1D Xを使っており、超広角〜超望遠を過酷な自然環境下でも手軽に扱える事が1D系とデジタル135フォーマットの利点だと実感しています。

端的に言えば、D800がうらやましい。それだけです。
5D3が素晴らしい機種なのは確かですが、D800に解像度で大負けし、高感度でも良い勝負、価格は高いというのは正直残念です。
1D系で高画素機がでるのは良いことだと思いますが、この現状の残念感はどうにもなりません・・・。

メーカー名とか画素数の数字を少し変えてやれば、過去に繰り広げられた「高画素要・不要論争」のリプレイを見るようですね。

本当に出るかどうかはまだ未定でしょうが、実際に出ればその時点で世界観が変わると思いますよ。過去にそうであったのと同じように。

D800はISO1600以上の高感度はやはり不得意ですね。高画素で解像感で勝れていても、1ピクセル辺りの光の取り込みが少ないせいか、曇りとか日陰のところの画質がもっさりして立体感なく色のりも悪い、高感度は今の技術では仕方ないとしても、この辺をキヤノンがどう対応してくるのか楽しみの部分ではあります。1Dタイプだとしたら高額になりそうなので、惜しみなく持てる技術や最高の部材を使ってくるでしょうから楽しみではあります。

EOS発売から一応歴代の主な機種を使ってきましたが、
5d3バランスとれていて5D2からの乗り換えは
お薦めですよ。超高画素機、楽しみですが、1D並みの
作りの良さの機種として発売と解釈したいですね。

5D3の高画素化にしても1DXの高画素化にしえも、コストVs性能の折り合い点は見つけることが難しいでしょう。5D3価格のD800超えはその根拠が薄いように感じますし、唯一つ高ISO感度優位性が事実であっても(私は不要ですが)、高画素数化のコストアップは仰天物と思う。DSLRのライフサイクルは短い。1年後にはトータルの性能がセコハンになるご時世。毎日が日曜日生活者のD800、D600、6D、5D3が一年後にバックナンバー化するのは目に見える現実です。目まぐるしい技術進歩の昨今、アラフォー価格へ少なくとも「私財」投入は躊躇するでしょう。高画素化レースの感を呈している現象は本来の姿でしょうか。私は、24MP~30MPで基本性能D800仕様の「連写6~8カット/秒」が有れば、即買いです。メモリー8GB、第3世代CPU、最大3.9GHz PCでも47MP は荷が重いだろうことは、経験から類推できます。高感度スペックに走った5D3の画素数22.3MPは正解でしたでしょうか・・・。

3年前の、
少画素数ニコンD700対多画素数キヤノン5D2が、
今度は、
少画素数キヤノン5D3対多画素数ニコンD800/D800E
になっただけなんですよね・・・
今度はキヤノンユーザーが3年待たなければならないのでしょうか?

1D X ボディ流用は歓迎です。EOS-1系は他と全然違いますから.....。
ただ、1D X 同等の価格に抑えられないと、また元の木阿弥になる気がします。

1D系ボディになると価格的にも無理ですし、カメラバッグにも入らないなど、使い勝手から見ても手が出ません・・・。

結果論ですが、通常版5D3と高画素5D3sという形で同時発売していたら、キャノンは神!みたいな流れになったと思います。高画素派も低画素派も納得。
それこそセンサーだけの違いで良かったはず。
それから遅れて6D出せば、エントリーにも優しいイメージで最高です。

震災やらなんやらで、キヤノンとしても思惑通りいかずに苦労しているでしょうが、少し可哀想な気もしますね。

>yauta
>RAW撮影→TIFFで現像→編集→最終アウトプットは8bitのJPEG

私には、買えそうにもないのに、これだけ高画素で16ビットとなると、ボディー価格と、PCの能力のことは気になっていたのですが、RAW→編集→JPEG現像ではいけないのでしょうか?
TIFFではRAWよりデーター量が大きくなるのでは?
TIFFは使ったことはないのですが・・・。

5D系のボディで出すと5D3や6Dが売れなくなるので、1D系のボディで出すということなんでしょう。まあ、このうわさが本当だとしてのことですが。

キヤノンは一応きちんとマーケティングをして5D3と6Dを出したのでしょうが、D800の登場(とその好評ぶり)が完全に予想外だったように思います。

このまま1D系のボディで出しても売れないでしょう。いっそのこと、中判カメラとして出せばインパクトはあるかもしれませんが。

ニコンはD700で失敗してよかったような感じですね。

フラグシップとしての全部入り高画素機1Dxsを発売した後に
サプライズとしてシンプル化した5D3sも発表したら大絶賛かも。
1Dx&1Dxs 5D3&5D3s 7D2&6D、みたいな感じで
レンジごとに双璧立てられたら商売上どうかはわかりませんが
ユーザー的には選びやすいですよね。

この噂は現況を考えると、決して不合理ではないと思います、が、希望としては早めに安価に高画素機を出してもらいたいところです。

人それぞれ求めるものは違うので、どのカメラが良い悪いはどんなものを出しても付きまとう話

ではメーカーはどんなカメラを開発すべきなのか?
ひと言でいえば、これまでの世界観を変えるカメラと言うことでしょう

①これまで(他)とは次元の違う高速連写可能なカメラ
②これまで(他)とは次元の違う高精細なカメラ
③これまで(他)とは違う高感度特性のカメラ
など

上記に過去のカメラを当てはめるならば
①いわゆるフラッグシップ機
②発売当時の5D2
③発売当時のD3S

そう言った観点で、5D3/D800を当てはめた時
D800は言うまでも無く②において、1段も2段もこれまでの水準を引き上げた
5D3は5D2で指摘されていたAFや連写の弱点を補いながら、全方位的に優れたカメラにしようと、高感度を引き上げた(つもりだった)
しかし、そこに読み間違いが生じたのがD800の予想以上の高感度特性の良さだった(全面的にSony-CMOSのおかげ)
そこでD800に差をつけられなかった事が今の評価につながっていると思う

もし、5D3が画素数を今のままとするならISO51200位まで使える
(今のISO12800レベルの画質で)性能に仕上がっていれば、勿論高感度不要としている人からは色々言われるだろうが、それを望んでいた人には大絶賛されていたことでしょう

なので、CanonのようなNo1メーカーには難しいことではあるが、
是非突出した特徴のあるカメラをLineUpしてほしいなと思います

1D4/5D2/7D/Kissの前世代機では出来ていたのですから

celicaさん
>RAW→編集→JPEG現像ではいけないのでしょうか?

自分は、
広角~標準をオリンパス
中望遠~望遠をキヤノンで組んでいます。
そして現像ソフトはそれぞれ別の物を使っており、編集は同一ソフトです。
ですから、中間ファイルとしてはTIFFを使わざる得ません。

あとは使い慣れているファイルと言うのもありますので・・・(顕微鏡写真を扱うときは、TIFFが基本になるのですよ)

ローパスレスも出ないかな


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年9月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックGH3に関する質疑応答が掲載」です。

次のブログ記事は「NEX-6とE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSの公式サンプルが多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る