トキナーがフォトキナでAT-X 12-28 F4 PRO DXを展示

トキナーがフォトキナで「AT-X 12-28 F4 PRO DX」と「AT-X 70-200 F4 PRO FX VCM-S」を展示しています。

【フォトキナ】ケンコー・トキナーが「AT-X 12-28 F4 PRO DX」を出品 (デジカメWatch)

  • (トキナーは)CP+2012に展示していた「AT-X 70-200 F4 PRO FX VCM-S」のほか、新たに「AT-X 12-28 F4 PRO DX」を出品。AT-X 12-28 F4 PRO DXは発売済みの12-24mmの進化形とし、フィルター径や重量をそのままに最短撮影距離を詰めたという。
  • トキナー「AT-X 16-28mm PRO FX」を光学系そのままにメカ部分をPLマウントのシネレンズ化した製品を出品。同ブランド初のシネレンズとなる。来場者の反応を見つつ、2012年3月の発売を予定しているとのことだ。既存シネレンズよりかなり安い価格になるという。

 

AT-X 12-28 F4 PRO DXは今回のフォトキナで初登場のレンズですね。望遠端が28mmまで4mm伸びると、標準レンズ(標準ズーム)へのレンズ交換の頻度が減って使い勝手がよくなりそうです。評価の高い12-24mm F4の後継機ということなので、光学性能にも期待したいところです。

2012年9月25日 | コメント(12)

コメント(12)

まさか、これがペンタのアレになるとか…。

これはペンタックスのレンズロードマップにあった広角ズームレンズと同じレンズでしょうね。確かに望遠端が28mmというのは大変使いやすいと思うので、コレ一本で色んなシチュエーションに対応できそうです。

>まさか、これがペンタのアレになるとか…。
>これはペンタックスのレンズロードマップにあった広角ズームレンズと同じレンズでしょうね。

DXならAPS-Cフォーマット専用ですよね。それはそれで良いんですが…。

ペンタックスも同じようなレンズのロードマップがあるので、またまた、協業になるんですかね。それなら、FXレンズを、ペンタに、OEMして下さいよ!

12−24 PRO DXⅡは気に入って使ってますが、望遠端で解像力が落ちるのが気になってます。
その点が解決されて28mmが実用できるようになれば、とても使いやすい広角スナップレンズになりそうです。

いいんじゃないですか?特にAT-X 12-28 F4 PRO DX。
超広角レンズとして焦点域が広いので、使い勝手はよさそうです。

ただ、いい加減マウント固定の3本ネジはやめて欲しいですね。
旧12-24mmを使っていたら2年もしない間にネジが緩み、マウントがずれたので修理に出しても再発、結局捨ててしまいました。
つまらないコストダウンのためにネジを減らすなんて、言葉は悪いですが愚の骨頂です。

ペンタのアレなんですか?
APS-C専用なんですか?
そ~ですか、そ~なんですか・・・・

ニコンユーザーですが純正レンズに「AT-X 70-200 F4 PRO FX VCM-S」のようなレンズが存在しないので非常に興味深いです。
CP+2012にも展示してありましたが、なかなか発表してくれませんね。

やっぱり、ペンタのDA12-28はコレのOEMかな…
それだと、他社用も出るので、全くアドバンテージにならないんですよね。挙句の果てに高価な純正に性能が及ばなくて、話題にもされないって事も多々ありますし。
一眼レフメーカーとしてのペンタ純正(オンリー)のレンズを見せて欲しいというのは、過度の要求なんでしょうか。

現行の24mm画質にがっかりしているので、改善してほしいところ。

ペンタ用はWRでお願いします。

中身AT-X124なDA12-24は写りに関しては純正DA16-45よりも良かったし、これは期待できますね。
DA12-24はフィルター径77mmの前球でSPコートが無いのはつらかったので、
+SPコート、さらにはWRやDC化してくれたら風景撮りの鉄板レンズになりそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2012年9月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドイツのニコンが販売店にD5100のディスコンを通知?」です。

次のブログ記事は「北欧のオリンパスがフォーサーズレンズのためのボディを検討中とコメント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る