キヤノンEF24mm F2.8 IS USMは旧型から解像力・色収差・周辺光量落ちが改善

SLRGearに、キヤノンEF24mm F2.8 IS USM のレビューが掲載されています。

Canon EF 24mm f/2.8 IS USM (Tested)

  • 解像力はAPS-C(7D)では開放からF11までの絞りで一貫しており、際立ってシャープではないが、とてもシャープだ。F5.6で解像力はピークになるが、画面全体が際立ったシャープさにはならない。
  • フルサイズ機(1Ds3)では、F2.8では四隅がかなり甘いが、F4に絞ると四隅は劇的に改善し、F5.6では無視してよいレベルになる。際立ったシャープさではないが、このレンズの解像力はとても良好だ。
  • 色収差はAPS-C(7D)のほうがフルサイズ(1Ds3)よりも若干目立つが、どちらも絞りにかかわらず一貫した値だ。ハイコントラストな部分でマゼンタとグリーンの色ずれが見られるが、幸いなことに、大部分の画像では気にならない。
  • 周辺光量落ちは、APS-Cでは開放で1/3EVで、開放以外では無視してよい値だ。フルサイズでは、周辺光量落ちはもう少し大きく、開放で1EV落ちるが、F4まで絞れば1/2EVになり、F5.6以上では1/3EVで落ち着く。
  • 歪曲はAPS-Cでは0.5%のタル型、フルサイズでは0.6%のタル型で、広角レンズとしては予想よりも小さい。
  • AFは非常に速く、作動音はほとんどしない。AF後はフォーカスリングを回すことでフォーカスの調整が可能だ。フォーカシングでフィルター取り付け枠は回転しない。
  • 最大撮影倍率は0.23x、最短撮影距離は20cmで、マクロ性能はまずまず良好だ。
  • フォーカスリングは良好な重さがあり、ピント合わせはしやすい。最短と無限遠ではソフトストップする(フォーカスリングが重くなる)。
  • 手ブレ補正は通常広角レンズには付いていないが、動画撮影ではどのレンズでも手ブレ補正があると便利だ。
  • 旧型のEF24mm F2.8と比較すると、新型の24mmのほうがシャープで、特に開放時の周辺部はシャープだ。また、色収差と周辺光量落ちも改善されている。
  • EF24mm F1.4L II と比較すると、24mm F1.4L II は開放付近ではソフトだが、同じ絞り値に絞れば、24mm F1.4L II が24mm F2.8 ISを超える解像力だ。
  • シグマ24mm F1.8 EX DG と比較すると、シグマは周辺部がキヤノン24mm F2.8 ISよりも甘い。
  • キヤノンは広角単焦点に手ブレ補正を搭載するという革新的な決定をした。レンズの性能は旧型よりも良好で、手ブレ補正は風景写真家や動画作家に歓迎されるだろう。

 

光学性能は旧型の24mm F2.8から全体的に改善されていて、後継機として無難な仕上がりになっているという印象です。広角単焦点に手ブレ補正が付いたことには賛否両論あるようですが、動画撮影以外でも、室内で三脚が使えない場合など、結構ISが役に立つケースも多いかもしれませんね。

2012年9月30日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年9月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NEX-6とE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSの公式サンプルが多数掲載」です。

次のブログ記事は「シグマが更なる一眼レフの発売を計画中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る