キヤノンが2013年の2月と3月にEOS Mの新型機と7D後継機を発表?

Canon Rumorsに、来年の2月~3月にキヤノンが発表する新製品に関する噂が掲載されています。

February & March are Announcement Months for Canon [CR2]

  • 2013年の2月と3月に新製品発表があり、これは大きなイベントになるだろう。
  • EOS M: どうやら、発表の1つは2番目のEOS Mのボディになるようだ。このボディは若干大きく、ビューファインダーが搭載される。また、少なくとも2本のレンズも登場する。私は望遠ズームと大口径単焦点レンズの登場を予想している。
  • EOS 7D Mark II: もう1つの発表は、EOS 7D後継機になるだろう。スペックに関する情報は無いが、新しい命名体系になることが示唆されている。
  • 高画素機: 4000万画素+αのカメラについての情報があり、発表は2013年第1四半期が予想されている。このカメラは5D Mark III よりも大きいが、EOS-1D X よりは小さくなるだろう。これまでのところ、このセンサーは、1D Xスタイルのボディに組み込まれていることが知られている。

 

キヤノンの来年春の新製品に関する、少し信憑性の高い噂が出てきました。EOS Mの新型機にファインダーが搭載されるという情報がありますが、EVF内蔵の上位モデルが登場するのでしょうか。

また、APS-C機では、以前、Canon Watchで、70Dと新型Kissが登場するという噂が流れていましたが、ここでは7D後継機となっていて、どちらが事実なのか気になるところですね。

2012年11月17日 | コメント(44)

コメント(44)

EOS M新型、EVFは当然としてもまさかのフルサイズだったりしたら即購入なんですが(^_^;
これだけ遅れて出したんだから「EF-Mは実はフルサイズに対応してます」なんてことないかなあ?

EOS M、もう新型ですか?さすがにちょっと、Mを買った人が可哀想では。EF-Mレンズは歓迎しますけど。

でもM2でフルサイズは無いでしょう。フルサイズミラーレスを希望されてる方、多いですけど、フルサイズにしたらレンズは高いし重いですよ?そこまでするなら6Dの方がいいな。

APS-C機はさすがにKissは早すぎると思うので、7D後継機じゃないでしょうか。このクラスはいまNikonが放置中なので、今なら引き離せそうだし。個人的にも希望です。

高画素機が1DXみたいなプロ機の価格ではなく、アマチュアでも買える常識的な価格に収まることを期待します。
画素数的に連写が難しい以上、1DXみたいなメカ性能は必要ないはずですから。

>新しい命名体系になることが示唆されている。

これは、益々、EOS1とEOS7の確立が高いのでは?^^


7Dの後継機は結局出るんですかねえ。センサーサイズの小ささを活かして10fpsオーバーの、(手軽な)超高速連写機が見たいですね。

大口径単焦点が50mm f1.4とかなら嬉しいですが、これまでの流れだと35mmでしょうかねえ--;
7D後継も高画素機も楽しみです。できれば7Dも新開発センサーで…

高画素機が出るとしたら、35〜40万円程度でしょうなぁ。

EVF搭載となるとそれなりの価格、大きさになりそうですから、
購入層もカメラについてある程度知識がある人たちが中心になりそうです。

いかにキヤノンブランドといえどEOS Mの今のままのAF性能などでは、
買わせるのが難しそうですがはたして…?

僕はキヤノンのカメラが吐き出す色や雰囲気が大好きです。
なので、個人的に撮影し易いビューファインダーの搭載は大歓迎です。
パンケーキを装着して気軽にサクサク撮れるキヤノンの小型機体は、お散歩用に欲しいなう(-ω☆)キラリ

フルサイズのミラーレスは禁断の果実かな
レンズが大きくなるとゆうが マニュアルで多少暗めの単焦点なら バルナックライカのレンズを見ればすごく小さい
ピーキングなどを良くすれば十分に実用的だと思う
AFでもコンタックスGの大きさくらいにはできるでしょう
カメラだけでも3~500g軽くできる
ただセンサー技術の進歩が大きくフルサイズほどの大画素の需要がどれほどあるか 一眼レフと需要を分け合うほど生産量が確保できるかが問題では

新製品の発売はどのような内容であってもユーザにとって歓迎すべき話です。特に7DMk2はだいぶ時間が経ってますから待ちに待ったというところでしょうか。
しかし、Mはどうでしょう・・・?
まぁ、もともと一連の開発アイテムを小出しにしているか、実績のあるデバイス(EVF等)の一世代遅れで安価に購入、組み込めば開発費用も抑えられますからメーカのリスクも抑えられというものでしょう。

しかしそれは、ユーザを軽視し、製品ブランド力の低下を招くものと考えます。カタログスペックや実性能で、廉価機種が上位機種を凌ぐなんてのが最たる例です。特にミラーレスはその傾向が強く感じます。
でもスピード重視の現市場ではそうも言ってられないんでしょうかね?
完璧な製品は、次機種購入の買い控えになっちゃうのかな?
となると、伝説の名機なんてものは絶対に生まれることはないかもしれませんね。全て、ちょい足らず・・・。

CR2の情報とは嬉しいですね

やっとAPS-Cのフラッグシップ機の登場とはワクワクします

顧客層の多い売れる商品が先行するのは、理解できるが、HIクラスで、負けっぱなし?にして欲しくないですね。3900万画素位でいいので、スタジオモデルに期待します。

来年、早々からキヤノン祭りですね。

EOS Mは未完成すぎましたね。続ける以上は早急に改良・てこ入れが必要でしょう。専用レンズが増えれば、いずれは、自分にフィットするレンズが出て来て、キヤノンのミラーレスも使ってみようかな?と思える日がくるかもしれない。

APS-C機はこれだけ画素数が増えてくると、他社APS-Cよりセンサーサイズが小さいことが不利になってくるのでは?

フルサイズはプロ機で高価になりそうですね。アマチュアは当分ニコンD800/D800Eでしょうか・・・

遅まきながら。
Mと7Dが揃って来年の初頭だとすれば、これは嬉しいですねえ。
ウワサはちらちらあるが、さほど盛り上がりはない。
こういう時、CANONはやるんですよねえ。大ハプニングを。
Mハイエンドには、思い切ったツッパリ機を期待します。


D800より圧倒的によくないと、50万クラスの値付けができないですからね。慎重なんでしょうね。素直に期待したいですね。

さすがにEOS Mの新型はまずくないですかね?
オリンパスのPEN初期の迷走を思い出します。

「EOS M」にファインダーがつく!これは嬉しいですねー。
ファインダーのカメラなんてわさび抜きのお寿司みたいなのんですからね(笑)キヤノンもやっとAPS-Cタイプのミラーレスカメラに本腰をいれたということですかねー。
ニコンはまだまだですねー。「Nikon 1」の小型センサーではどうもね~

ミラーレスのフルサイズなどは要らないでしょう。APS-Cで磨きを掛けてもっと洗練されたものにして欲しいですね。

憶測(というか妄想)ですが、意外とEOS Mは最初からEVF有り/無しで
ボディをふたつ開発していてEVF無しをAFや電源管理がチューニング不十分のまま見切り発進させてしまったんじゃないかな・・・

で、チューニングが完全にうまくいったEVF有りを来年発売。


・・・かどうかはまあわかりませんが現行EOS Mも多分そのあたりには改善ファームウェアが出そうな気がする。

EOS MにEVFつけたら、kissXをどうするんだろう…
kiss系買ってるレベルの人は、光学ファインダーじゃなきゃ嫌だ、なんていうこだわりの持ち主じゃないですよね…。
完全に欲しがる層がバッティングしますがどうするのやら。

EOS M ファインダーとだけで、EVFと書いてないことが心配ですが、まあ、情勢を考えるとEVFでしょうかね。5D3を使っている身としてはCanonから良いミラーレス出てほしいですけど、レンズのことも考えるとミラーレスでCanonに移行するのはしばらく先になりそうです。

素人レベル さん

> 完全に欲しがる層がバッティングしますがどうするのやら。

 噂のEVFモデルについてはそういうことはないと思います。

 むしろ、そのモデルの利用シーンが思いつかない。一眼レフを持ち出すのが躊躇されるようなシーンなら、ミラーレスでもEVFの付いたシューティングモデルは、ぼぼ、同類だろうし。

> EOS MにEVFつけたら、kissXをどうするんだろう…

KissXは運動会撮り用で、(現行モデルの)EOS Mはお茶会・お食事会撮り用(その他のシーンは携帯とかたまたま持っていた方で撮る)。そこまで投資しない層は、より重要と思われる方を買う、で何か問題がありますか。

> kiss系買ってるレベルの人は、光学ファインダーじゃなきゃ> 嫌だ、なんていうこだわりの持ち主じゃないですよね…。

 実際には、得られた画像についての、ママ友の口コミというのがあるので、運動会レベルの動体撮影でEVFがOVFを凌駕するまでは、OVF機にも一定の需要が残ると思います。

EOS M新型機にいろいろ言われていますが、
後継機ではなく、高級機なのではないのでしょうか?
PENとOM-Dみたいに…

来年はフルサイズミラーレスの年になってほしいです。EOSM2かNEX9か・・・それとシグマのフォベオンセンサー搭載ミラーレス機、これらが出れば買いたいです。マウントアダプターでLeicaMマウントレンズ使いたい。今から2月のCP+が楽しみです。

今のeosMはコンデジにしか見えないです。nex7みたいなかっこいいキヤノンミラーレスがでてきてほしい。ホールドしやすいグリップも必要です。

新しい命名体系…kiss同様他のラインも数字を省いて単語にするとか? EOS 1D系 →EOS Pro、EOS 7D系→EOS Sport、とか…

>素人レベルさん
>kazuさん

私は以前より、
「EOS Mはkiss X60の代替機」であり、EVFを付けることで、X7iとなる。
と言って来ました。

正直、KissのペンタミラーのOVFを使っている層は、EVFでも違和感無いでしょう。

私は、EVFの一眼を5台ほど所有していますが、Kissのファインダーより全然見やすいです。(高速動体を除く)

ですので、EVF付きのEOS Mが販売を伸ばせば、Kissシリーズはカタログから消えて行くと私は予想します。

同様にレンズについても、EF-SはEF-Mに置き換わってしまうと思っています。

eosMの新型、EVF搭載は老眼者につき大歓迎です。
その際は、大型グリップと電子ダイアルそれからパワーズームレバーもお願いします。

新レンズも動画用に、換算24㎜ぐらいからの10倍~15倍の高倍率可変速電動ズームと、明るい単焦点が揃うと食指が動きます。

今度こそ、NEXや他社並のAF速度が達成されているといいですね。出来れば、アダプター付きEFレンズもAFが高速化されますように。

高画素機は、T90くらいの大きさの縦グリ機なら、大歓迎です。

ぜひフルサイズミラーレスにしてFDレンズ用のアダプターも出してください!まあないでしょうけど。

新しい命名体系→EOS750Gとか480Gなど、重さで表して欲しい。

フルサイズセンサー搭載機はEOS950GF、APS-Cサイズセンサー搭載機はEOS670GCとか。すごく具体的なイメージが湧きませんか?

フルサイズミラーレスを期待するとの意見が散見されますね。しかしミラーショックが無いこと以外に静止画撮影で何かメリットがありますか?フルサイズの交換レンズを活かすなら相応のグリップとEVFがもとめられます。ボディは肥大化して高価になります。そのときに本当に買う人が何%いるのでしょうか?キヤノンにはミラーレスはMだけにして一眼レフに集中して欲しいです。

素人レベルさん

 私の経験では、EVFはOVFと比べて動くものを撮影する場合、表示タイムラグの分だけ余計に、慣れというか動きの予測を織り込んで撮る必要があります。端的には、より手と頭を鍛えて臨む必要があります。

 その辺のとっつきにくさが、Kissなどのターゲットユーザにどう評価されるのかなぁ、と思うところです。携帯やコンデジの経験でなんとでもなるのかも知れませんが。

 その意味では、EVF付きEOS Mが出るとして、そのEVFの出来がどんなものかに興味があります。

 他社製品ですが、店頭にあった、XE-1という機種のEVFは、あまりにも、カクカクした表示で、よほどの技量の持ち主が扱わない限り、運動会でも使い物にならないと思いました。単に設定の問題とかソフトのバグ入り個体とかかもしれませんが。

> ですので、EVF付きのEOS Mが販売を伸ばせば、Kissシリーズはカタログから消えて行くと私は予想します。

 ここは、キヤノンが、その商品にどういう性格付けをするかで決まると思います。この時点で、自らKiss殺しに打って出るかどうか。よほどの差がない限り、メーカーの思惑をよそに、ユーザの方からボトムアップに移行が進むとは考えにくいということです。

 個人的な予想では、EVF付きモデルは、ことさらに、ミドルクラス以上の一眼レフとの組み合わせ需要を喚起しようとするような気がします。それで、従来MやKissの需要層との隔離を狙う。CMキャラクタは渡辺謙とか(w

> 同様にレンズについても、EF-SはEF-Mに置き換わってしまうと思っています

 仮に、EF-SがEF-Mに置き換わるのであれば、60Dのラインもフェードアウトするのではないでしょうか。

 ワールドワイドで6Dが売れまくれば、60Dのラインがなくなって、EF-Sが、事実上、Kissのキットレンズ専用に淘汰されると思います。キヤノンにとって、KissをMに置き換えるのは、やるとしても、その後にしたいでしょうね。

私がEF-M新機種に望むのは、WiFiとGPSの内蔵です。6Dの発表を見て、なんでこれらが6Dに搭載されていてEOS Mには搭載されていないかと思ったので。

EVFとか内蔵ストロボは、あれば便利、拒否はしないけど別に欲しいわけではない、くらいの位置づけでしょうか。

妄想で言えば、標準ズームのパワーズームな沈胴版が出てくれるとか、22mmレンズにIS版が追加される、とかでしょうか。もっと妄想すれば、携帯網と連携した位置情報の取得(スマホのアプリとの合わせ技で十分)でしょうか。

GPSが入っていれば、自分的には、メモ用のコンデジの役目も兼ねられるようになります。その目的での機能的にはスマホで十分なのですが、パシャパシャ撮っていると電源が心配なので。

AE1様
 ミラーショックの無いフルサイズ、私は欲しいかも。
 それ以上に私個人は、フルサイズミラーレスに、フランジバックの短さを活かした他マウントの装着に魅力があるかなと思っています。今は亡きマウントが蘇るかも(完全復活という意味)というだけでワクワクしますね。
 とはいえ、SONY NEXの方が先だろうと勝手に予想していますが。

 Canonのミラーレス、BS番組まで作られる力の入れようなので、結構本気な気がします。でも、EOS Kissが今の時代には大きすぎるからですよ、きっと?

しばらく前のうわさで、キヤノンのミラーレスは2種類だか3種類出すが、その中にはプロシューマ向けのものがあって、それは最初には発売されないというものがあったと記憶していますが?

フルフレームのミラーレスカメラは、高画素にして、大判ビューカメラ的な使い方ができるんじゃないでしょうか?
CanonはTSレンズのリニューアルも進めているみたいだし、それなら背面モニターを拡大しながら、じっくり撮影するスタイルなら、高画素にする意義もあるし、ミラーレスにする意味は充分にあると思います。
4600万画素くらいのローパスレスになれば、全紙サイズでもいけそうだし、絵柄の細かいものでもA2は大丈夫そう。
スナップもスタジオもEFレンズ使い回せるし、予算の少ないプロカメラマンには喜ばれそう、、、ってか、自分が喜びます(笑)。

単焦点も出るようだし、もしかすると2400万画素クラスのMが出るかもしれませんね。。。7DIIと同じセンサーとかだとうれしいですね。欲を言うと、このセンサーから新しい規格になって大幅に進化してくれてるとうれしいのですが。。。

EOS Mの追加機種は当然ながら高精細EVF搭載機でしょう。
今度は失敗が許されませんね。

現状では富士X-E1とソニーNEX-6が両雄ですので、
それとの差別化を狙うことでしょう。

となるとEVFが鍵ですね。
ソニーに頭を下げて部品購入するかどうか・・
そこが見ものです。

EOS M は、初めてのカメラが携帯電話やライブビューコンデジという若者のためのステップアップカメラ、と考えると、結構良くできたカメラだと思います。

でも私のように老眼の入った中年にEVF無しはキツイw。

ボディデザインや質感などの作り込みはさすがキヤノンと言えるほど上々なので、EVFや露出補正ダイヤルを搭載し、AFスピードを上げるなどのテコ入れをするだけで、十分検討の余地はあるかと。
若干ターゲット層が変わると思うので、少しいじれるカメラを目指すべきかと。
画質もそれなりのものが求められるでしょう。

後は、ミラーレスカメラならではの機能(高速連写やプリキャプチャーなど)をどれだけ盛り込めるか、に注目したいですね。
現在のEOS M は、厳しく言うと「KISSのミラーレス版でしかない」ですから。

kissスポーツモデルとして低画素高速連射機を検討いただきたいですレンズキット300ミリzoomで 入門スポーツ機はN社も手をつけて無いから

>EOS M: どうやら、(中略)ビューファインダーが搭載される。

バリアングル液晶は?ソニーの中の人はMにバリアングルが無いと知って安堵したと聞きます。

バリアンの有無は結構重要だと思いますけどねぇ……

私は、小型軽量のフルフレームを望んでいます。年を取ると大きく重いカメラは持ち運びに苦労します。そこで噂されているNEX-9を待っているのですが2013年末発売とのことなので、EOS6Dを購入する予定です。CANONはSONYに先駆けて、ミラーレスのフルフレームを発売してもらいたいです。

私も上のボケ味さんと似たような思想ですが
ミラーレスのフルフレームはちょっとw
でもSONYさんならやるでしょうね、それも近々。

小型軽量のフルフレームは大賛成です。6Dが小型軽量の
第一弾でしょうね。第二弾は更に小型軽量化でKiss X4
位にして欲しいです。背はもう少し高くてもOKです。
そうなれば比例してグリップも高くなり小指が余ることも
なくなりますしね。

EOS 7D後継機もどの様なカタチで出てくるか楽しみですが
FF機を使い出すとAPS-Cでは画質的に不満を感じる人も
いることでしょう。でも7D後継機には画質面でAPS-Cの殻を
ブチ破るような衝撃を期待。
AFやメカ面は心配ないと思うので・・・・。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年11月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Lytroがライトフィールドカメラに視点を動かす機能を追加」です。

次のブログ記事は「ツイッターでオリンパスUKのマネージャーが新しいズームを示唆?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る