ニコンD600のセンサーのゴミ問題に関する続報が掲載

lensrentalsに、ニコンD600のセンサーのゴミ付着問題に関する続報が掲載されています。

Not Surprisingly, D600 Dust Issue Gets Better Over Time

  • レンタルに使っているカメラのうちセンサーのクリーニングが必要になるのは、4台に1台だが、当初、D600では20台中20台すべてのクリーニングが必要だった。
  • 時間が経つにつれ、ゴミ問題は明らかによくなっており。6週間前に20台中20台の全てがクリーニングが必要だったカメラが、現在では20台中11台になっている(一眼レフの平均ではクリーニングが必要なのは20台中およそ5台だ)。現在60台のD600があるので、必ずしも最初と同じ20台で確認したわけではないが、60台全てのD600は1週間以内の間に納品されたもので、シリアルナンバーは300xxxxまたは301xxxxだ。
  • ゴミが付着する位置も、当初は画面の左上に集中していたが、この傾向は残っているもののよりノーマルな位置(画面全域に散らばっている)になっている。ゴミのサイズも小さくなっている。言い換えると、D600は2-3ヶ月の使用後には、より他のカメラのようになっているように見えるということだ。まだD600は他の多くの機種よりもゴミが少し多いので、今後数ヶ月間は気を付けていたい。

 

以前、dpreviewでも取り上げられたD600のセンサーのゴミ付着問題ですが、使っているうちに徐々に減ってくるということなので、最初だけ頻繁にクリーニングが必要になるかもしれませんが、購入後しばらくすれば問題がなくなる(他機種並みになる)可能性が高そうですね。

また、Nikon Rumorsには、3000ショットを超えると、D600のセンサーのオイルの付着は解消するという報告も掲載されています。

[追記] 元記事に掲載されている画像は20台分のセンサーのゴミの合成写真で、1台のD600にこれだけゴミが付くという意味ではありませんのでご注意ください。

2012年11月30日 | コメント(45)

コメント(45)

いいカメラなだけに惜しい感じですね。

ニコンは好きなのでこれからも良い製品を産み出していってほしいです。

と、言うことは慣らし運転が必要って事?
工作精度の問題なんでしょうか。

購入してちょうど1ヶ月、週末ごとに持ち出して2,000ショットほどですが今のところ特に気になる付着はありません。
最初の方のロットの方がでやすいのでしょうか?

以前、ニコンの方にフルサイズでのゴミの問題を伺ったのですが、フルサイズの場合、撮像素子に映りこむゴミのサイズがAPS-C対比で相対的に小さくなるので、余り気にならないですよ。という事だったのですが、、、そうでもないようですね。
フラグシップ機とエントリー機とでは、その辺の対応が違うのでしょうか?残念です。

稼動部分から発生するダストや、余分なグリスの飛び散りの問題ですよね
ある程度は仕方の無い事と理解してます

確かに。買った当初はほぼ毎回というくらい清掃してましたが最近はゴミがつかなくなった気がしてました。

>ある程度は仕方の無い事と理解してます    ・・・フルサイズ派 さん


そうなんですか・・・?
カメラにはリコールというのはないのでしょうか?

こういう問題が出てくると、ミラーレスのほうが有利に思えますね。

センサーの前に取り外しの出来るフィルターガラスを取り付けるというのも妙案かも・・・。

フルサイズを買うなら、D600と思っていたのに残念です。

いつものニコンフルサイズの問題と思う。D800も相当問題なはず。

K-5のステイン問題と同じですかね?結局ペンタはリコール扱いで保証切れ後も無償対応って形になったけど、D600はどうなるんだろう?

celicaさん

これはミラーレスかどうかということとは全然別ものです。フォーカルプレーンシャッタを使っている限り、どのカメラにも起こりえることです。

LPFのゴミは、レンズ交換をすれば必ず付くものなのですが、D600は交換しなくてもシャッター周りから出てくるというのが問題ですね。

以前、D3の製造工程では、シャッターのエイジングを十分行って、ごみが出ないようにしているという説明がありました。
D4では、こういう問題は全くと言ってよいほど聞かないので、製造工程に問題があるのではないかと思います。

D800でもこの問題はあります。私の個体もゴミが多いです。しかし、最近のロットでは出なくなったということですので、ニコンも問題を把握しているものと思います。

>celicaさん

>カメラにはリコールというのはないのでしょうか?

重大な事故の危険(爆発とか発火とか)を除けばケースバイケースなのがカメラ業界かも。

ソニーは程度によっては公表はせずクレームが来たらこっそり直すパターン、
(NEX-5Nの動画のノイズとか)

逆に最近のキャノンはフィルムカメラ時代のシャッターダンパー問題で相当叩かれたからなのか
グリップゴムが酸化して白くなるだけでも即リコールしたり
EOS 5D Mark IIIの表示パネルの照明問題も真面目に調査してますし。

個人的には最近はキャノンが随分真面目に対処してるような印象ですので
EOS MのAF修正ファームは絶対出すだろうと予想してます。

オリンパス並みのゴミ取り機構が各社標準になるのはいつの日か?
一番大切なことに手を抜いているような。特許の壁でしょうか?

売り文句として堂々と「ゴミ取り機能搭載!」と謳いだしてもうだいぶ経ちますが、いまだにダメなんですね。

しかもこれがレンズ交換時等による外部進入ではなくて、内部からのゴミとは驚きです。
D600のようなクラスのカメラに、って事も含めて。

これに関してはやはり、オリンパスが他社を圧倒してるんだと改めて知らされました。

キャノンも似たようなレベルなんでしょうか??

うちのD800Eも当初は結構な量が出ました。
最近随分と落ち着いてはきましたが。
ニコンのダストリダクションは本当に名ばかりですね。
全くゴミが落ちません。
その反面、オリンパスのダストリダクションは本当に優秀です。
OM-D購入後数ヵ月経ちますが、一度もゴミ掃除をしなくてすんでます。

私は自分でセンサーのクリーニングもやってしまうのですが、これがサービス任せの人だったら本当に嫌になるだろうなあと思いますね。

ニコンはもっと真剣にゴミ問題に取り組むべきです。

ローパスに内部の付着したオイルは自分でクリーニングできるのでしょうか
トイカメラじゃないんだし写真を撮る道具としてなんだかなぁって感じがします

ダストも種類があって、
①ホコリ(主に外から入るダスト)
②グリス(主に内から飛び散るダスト)

①はローパスを振動させれば落ちますが、
②は振動では落ちません。
オリンパスがどうかは知りませんが、オリンパスでも無理ではないでしょうか。

ニコンの話は②のようなので、シャッター関連の部品の製造・設計で
・グリスが飛び散る構造になっている
になっているのではないでしょうか?
毎回同じような位置に付く、というのはそんな感じがします。
飛び散るグリスが無くなってくれば、ダストも付かなくなるという話でしょう。

そろそろニコンは公表しても良い気がしますね。

これはD600に限ったことなんでしょうか?
ほかのカメラでもそうなら、製造工程に問題でもあるのかな。

知り合いのニコンユーザーはみな掃除機でダストを吸い上げてる。

D7000もグリス汚れの付着が多かったですね。
ニコンはシャッターエージングを行って出荷する旨を宣伝文句にしていたので
これはではまずいですね。コストダウンのしわ寄せでなければいいのですが。
あまりに基本的なことなのでポカミスでは済まされない様な。

解像度重視の上位機種ほどローパスが薄く、
また、ストップモーション効果を損なわないよう、
FPシャッターも撮像面に近いので結果的にゴミが写り込みやすい。

というのは、7~8年前によく言われていたことだが、
最近はゴミ問題自体が大して議論されなくなって、
皆忘れてしまっているのでしょうか?

ゴミを写りにくくするなら、オリンパスのように
撮像面からゴミの付着する面を離せばいいだけですが、
そうすると弊害(動体が止まりにくい)も多々あるので、
どちらを選択するかは、その機種の性格によって決まります。

D600が写りやすいタイプのカメラだとしたら、
上位機種よりの設計がなされているという証であり、
何をやっても写らないカメラであれば、その逆。


ニコンジャパンから対策部品が出てくるようなので、
リコールまで行かなくても個別対応で
無償修理扱いになるのではないでしょうか。
どのみち初期ロットは危険です。
欲しい方はもう数か月待ったほうが良いでしょうね。

>キャノンも似たようなレベルなんでしょうか??

2011年製造のEOS 7Dでは新品時からダストが気になったことはないですね。SCへのクリーニング依頼や手作業でのセルフクリーニングは一度もしていません。

一度だけ、レンズ交換時に入り込んだらしい大きいダストが青空に写り込んだことはありますが、一度電源をON/OFFした際の自動クリーニングで落ちたらしく、数カットに写り込んだだけで済みました。

屋外での撮影が大半なのですが、1年半使っている間にぱっと見で明確にダストを認識できたのはその一回だけですし、付着ダストの位置を事前に記憶させて後処理で一気に消してしてしまうダストデリート機能もこれまでに一度使ってみたことがあるだけです。

等倍でしっかり探せば他にもあるとは思うのですが、当方の個体では普段ダストをほとんど気にしなくて良い状態が続いています。

発売開始時のロットって、作り置きで下手すると数ヶ月、静置じゃないですか。

そうすると、どうしても馴染んでいない油脂類が重力に引かれ何処かに溜まり、ユーザーが動かし初めると飛び散り、センサーに付着してしまうのではないんですかね。

作り置きが出払い、工場直送に近い新鮮なロットになるとこの手の問題が鎮静化してるような気がします。
また、この手の問題が繰り返されるのもこの辺に原因が有るのではないかと邪推しています。

勿論、工場側で問題の工程を見直して改善してる場合も有るのでしょうけど。

>> ニコンはシャッターエージングを行って出荷する旨を宣伝文句にしていたので
 
ダストは、シャッターユニット「そのものから」発生するゴミだけに限りませんよ。
 
レンズをはずして目視だけでもすぐ分かりますが、
絞りを動かすところ、穴があいてて奥につながってますし、
ミラーの左右に植毛されてるやつ、100%抜けないとは限らないですし、
ミラーを動かすところも、機械の奥のほうにつながってますよね。
 
ミラーボックスの外にある、
モーター等の機械、歯車、そして、基盤等、ごみが出るかもしれない部品は山ほどあります。
カメラの中では、空気が動いてますから、撮像素子につくゴミは、
目の前にあるシャッターユニットから出るものだけに限りません。
 
製造過程でクリーンルームで、組立前にダストを飛ばす処理をしていたとしても、
振動によって、挟まっていたダストが落ちてくる可能性はいくらでもあります。
 
問題は、

「他のカメラや機種はどうだったのか」

という【データ】との比較がなく、客観性に欠けるということです。
特に、過去の機種において、特に「初級者向け」カメラの場合、
使用者が気にしていない、という可能性が高く、結局どうだったのよ、って思います。

そして、過去の画素数が少なく、かつローパスの効きが強かった機種は、
ダストがついてても、単にあんまりよく、ダストが写らなかった、というだけかもしれませんし。
 
D800もD600も相当な人気機種になりましたので、出荷に間に合わせるために、
清掃のように「あとでできること」に対する検品を甘くしている可能性はあります。
買って1年は、無料で掃除してもらえますからね。
無料で掃除してもらえる=無料修理対応と同じ、ですから、ある意味すでにニコン側としては
「対処済み」とも言えるわけで。

まあ面倒くさがりの人は、しばらく待っていると、
製造過程で対処済みのものが出回ってくるでしょうね。

上位機種は、内部のダストが少なくなるようにエイジング(?)を行っているようなことを聞いたことがあります。
下位機種ではそういうところが省かれているのではないでしょうか

グリスによる初期のゴミ問題はメーカー関わらず
運が悪いとかならず遭遇するものだと思っています。
私はK-5にてグリス汚れの機体に当たってクリーニングに
出しております。
とはいえD600はほぼ全ての固体で発生していたとの事なので
製造工程になんらかの問題があったのは間違いないのでしょうね。

>素人レベルさん
客観論以前に結果としてはD600が不具合を抱えている機種と言う事実は
かわらないと思いますよ。
ただ、その不具合をどの程度の不具合と捉えるかはユーザー次第なところは
ありますね。それこそユーザーの主観に因るところとも言えそうですが。
私は自分でクリーニングするからあまり大きな問題とは思いませんが、
自分でしない又はできない人はSCに依頼することになりますが、SCが近くに
ない人やクリーニングを依頼する時間がとれない人には大変大きな不満の
種になることは間違いないと思います。

カメラ側より発生するメカニカルなゴミですが、これってローパスフィルタだけでなく、レンズ後玉にも付着してしつこい汚れになる可能性はありますでしょうか? 普段はまったく気にしないのですが、D600のように新品で多いという機種を使うとなれば、たぶん気になってくるので。

ニコンはD50がまだ現役な者ので、発言権はないですが、
たぶん私なら、新品で買ってゴミ掃除が必要とかならキレます。
みなさん心が広すぎです。

なあに、D7000も買って暫くは酷かったさ。
3か月も使えばおとなしくなり、1年経った今じゃ、静かなもんだ。
D3sが出なさ過ぎておかしいと思った程だよ。
あ、そうそう、出始めの頃のDXの55-200やDXの35mm/F1.8も酷かったよね。

個体依存ではないようですね(情けないが少しほっとした)
修正品はまだ流通でしていないようですね
修正策に手間取っているのでしょうか
リコールできない企業体質なのでしょうか

いろいろ想像してしまいます

f11くらいまで絞らないとピンが行き渡らないレンズを使わざるを得ないので、この問題は痛いなあ。

D600もD800Eも発売日に購入。
D800もファイルNo****一回りするころまでゴミ付着で一か月に一度清掃に出した。
またまたD600も初ロットに起因していることでしたら、既に対作品が出ているとしたら「リコール」するべき。
いずれにしても、半導体扱いの撮像素子にゴミが付着し写真品質に
影響しているわけですから手間取っていないで解決策を出して下さい。

D600ユーザーです。
確かに初期のゴミは多かった気がしますが、300ショットくらいのときにNikon純正のクリーニングキットで掃除して、それ以降は気になるほどはゴミが付いていません。

クリーニングキット
http://shop.nikon-image.com/front/ProductPSP00052.do

練習とコツが必要ですが、きれいに清掃できます。

D600のシャッター幕がケブラー素材というのは初耳ですが、
F6と同じようなものなのでしょうか?
興味深いですね。

http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/film/f6/features01.htm

わたしの機体もゴミが多いものなので、解決することを切に願います・・・

ニコンは真面目にシャッター効率を追求しすぎてるのかもな。
シャッター効率を捨てて、オリンパスみたいに距離を取れば、
油も付きにくいし、付いても殆ど写らなく出来ることは分かってるはず。

D600&D800Eのユーザーなので連投します。
このコーナー後半で「ケブラー素材」が出てきて、メカダストはどうしても出やすいとのことですが、
ケブラー素材だけのゴミでしたら、ブロワーで飛ばせると考えますが実のところどうなのでしょうか。
ここではセンサーのゴミに関する続報です。
ケブラーでシャッター音がどうのこうのは雑音レベルに思えます。

以前このようなことで、D800Eで初期ゴミが目立つコメントしましたら、そんな根拠ありませんよの擁護も載った。
もっと事象に基づいたコメントがほしいです。
D300、D700も使ってきてゴミに関しては顕著に向上したようには見えません。
画素数や機能の向上をしつつも、もっと大事な実用上で扱いやすいカメラがほしい。

実用性というのも難しいけれども、
高速秒時なりのストップモーション効果を犠牲にして、
撮像素子とシャッターの距離を増やせば
ゴミの懸念から逃れることは有る程度可能です。
(オリがその手法で、そもそも写りにくい設定)
ですが、FPシャッター機として、それで良いのですか?
というジレンマでしょうね。

大抵はF8、絞ってもF11までしか使わない自分には、
大騒ぎしすぎとしか思えないんですがね(苦笑)

本来の性能を捨てて、見掛け上のゴミ問題を解決をするような
そんな安直な手法だけは取らないで欲しいです。

>MKNさん 有難うございます。

いずれにしても厄介物には変わりないですね。
そんなこと評価試験で分かるでしょう。
コマーシャルサンプルまでの間、エンジニアリングサンプルではどうしていたのでしょう。
俗に世に出るまで専門家にフィルードで評価させるでしょうがその辺は眼中になかったのでしょう。

一気に撮りまくる人は付着が落ち着くでしょうが、そこそこ撮る人は長い間ケブラー残散に悩まされることでしょうか?
「静電気」で「取れにくい」これでも量産商品。
これから冬にむけ更に困ったものです。

D600のシャッター幕がケブラー繊維製かどうかは知りませんか、そうだとしても
製品として、それをダスト付着の容認の理由にしてはいけないと思います。
また、LPFの表面に施されたコーティングにはある程度の導電性とグラングィングが
確保されていると思います。でなければLPFはすぐに塵だらけになってしまうと
思いますよ。冬等の空気が乾燥している時なんか怖くてレンズ交換出来ないでしょう。
また、シャッター膜とLPFの距離は確かにシャッター効率に影響するでしょうが、
オリンパスの場合でも実用上問題となる設定はされてはいないと思います。
FXの場合、ミラーボックスをフルに占有しなければならないのでLPFをセンサーから
離せないのだと思います。

>シャッター膜とLPFの距離は確かにシャッター効率に影響するでしょうが

ちょっと勘違いしていますね。
センサー受像面とLPFの距離を取ると、
結果的にシャッターが受像面から離れることになるのですよ。
だからストップモーション効果が犠牲になっていく。

ただし、それと引き換えにゴミが写りにくくなる、
というトレードオフの関係。


グリス飛び散り、ゴミ写り込み、構造上これは致し方ない事かと思います。
D600のゴミ発生率が高かったというだけで。
今までエントリー〜フラッグシップまで複数台使ってきました。
当たり前ですが、どの機種でもゴミは出ますし、慣らし期間のゴミは特に多いです。
車の新車も最初は1000kmでエンジンオイル交換しなくてはならない事と一緒ですね。
メンテナンスフリーなカメラがあれば嬉しい事ではありますが。

>どもん さん
失礼しました。
「シャッター膜とLPFの距離」ではなく「シャッター膜とセンサーの距離」でした。

それからストップモーション効果とゴミの写り易さのトレードオフの関係も
分かります。その上で、ニコンはFXでストップモーション効果を狙って
シャッター膜とセンサーの距離を縮めているのではなく、FXの場合ミラーの機構が
どうしても邪魔してシャッター膜とセンサーの距離を離せない、その結果LPFも
センサーから離せないのではないか、と言うことを言っているんです。
実際、オリンパスのカメラでストップモーション効果で困ったこともないですし、
そのような話を聞いたこともないですしね。

最後のコメントが12月4日です。。『ゴミ•油問題』の
最新情報を希望いたします。

過去のスレッドになりつつありますが・・・
この問題について私なりの見解を.....

ニコンの発表では「ゴミ」と軽く扱われてますが、実際はオイルの付着でありゴミではないと思います
理由としましては毎回必ず同じ場所に発生する為です
絞り込んで撮影した時のヒドさと言ったら・・・
よくこんなモノを世に送り出したと逆に感心するレベルですw

同じような初期ロット組の方もやはりSCではクリーニング対応のみと伺っております。2回目、3回目と出した方にニコン側は「オーバーホールをしてみては如何ですか?」という信じられない回答だったそうです
それ有料でしょ?とキレそうになる対応ww

私も先日ニコンへ発送をしましたがクリーニングでは何の解決にもならないので受け取らないし送り返すと伝えました。
真摯な対応を望むと伝えているので、今回ニコンがどういった対応を取るか非常に興味深くありますし、泣き寝入りしているD600ユーザーの風穴を開けることが出来ればと思ってます


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2012年11月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマが55mm F2.8など、ミラーレス用の6本の単焦点レンズの特許を出願中」です。

次のブログ記事は「ソニーが来年の前半に新型のAPS-Cの透過光ミラー機とNEXを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る