ソニーNEX-6は画質が素晴らしく欠点の少ないカメラ

ePHOTOzineに、ソニーNEX-6のレビューが掲載されています。

Sony NEX-6 Review

  • ボディは、ゴム引きのハンドグリップと、適度な大きさの背面のサムグリップのおかげで、しっかりとホールディングすることができる。
  • バッテリーライフはCIPA規格で360枚だが、(テストでは)Wi-Fiとアプリケーションを使いながら、それ以上の枚数を撮影することができた。インフォリチウムを採用しているので、バッテリーの残量が正確に表示され、とても便利だ。
  • 有機ELのEVFは見事なクオリティで、235.9万ドットの解像力は撮影にも再生にも素晴らしく、背面の液晶よりも良好だ。
  • メニューシステムは、オプションの項目が多く、慣れるのに少し時間がかかるだろう。いくつかの項目ではリストが非常に長いので、リストを1周するのに時間がかかる。
  • AF速度はとても速く、シャターレスポンスは極めて速い(0.05秒)。起動時間はとても早く(2.1秒)、撮影から撮影までの時間(フラッシュなしで0.8秒)、そして連写は極めて速い(10コマ/秒)。
  • 高感度ノイズはISO100では見られず、ISO200とISO400でもごくわずかだ。ISO800では少量のノイズが見て取れるようになり、ISO1600では更にノイズが増える。ISO3200ではノイズリダクションが顕著になり、画質がよりソフトになる。
  • ISO6400では多くのディテールが失われるが、それでもなお、まともな画質だ。ISO12800では画像が場所によって汚れたように見えるようになり、ISO25600ではそれがさらに悪化する。ISO12800と25600は、どうしても必要迫られた時以外は使用を避けたほうがいい。
  • サンプルでは色再現がよく、ポートレートモードの肌のトーンは素晴らしい。フラッシュ使用時に赤目は発生しなかった。
  • オートホワイトバランスは実に良好で、白熱灯下ではプリセットも良好だ。蛍光灯は4つのプリセットのうち-1の選択肢がベストで、他のプリセットでは明らかに色がかぶった。
  • 動画のクオリティは良好で、(キットレンズの16-50mmは)手ブレ補正の効果も素晴らしい。録画中はズーミングが可能だ。
  • NEX-6は幅広い機能を持ち、画質も素晴らしい。色再現はよく、高感度はISO3200までは良好だ。欠点はあまりなく、ライバルよりも多少価格が高いことと、メニューシステムの操作に時間がかかることくらいだ。好ましい部分が欠点を遥かにしのいでいるので、我々は喜んでNEX-6を推薦する。
  • 良い点: 素晴らしい画質、チルト可能なモニタ、高速な連写、バッテリーライフがしっかりしている、アプリケーションがダウンロード可能。
  • 悪い点: メニュー操作に時間がかかる、ライバルよりも若干高い、パノラマモードでしばしば黒い境界線が入る。

 

NEX-6は色々と新しい機能が盛り込まれた意欲作ですが、サンプルを見る限りでは、画質に関しては完成度が高そうですね。キットレンズの16-50mmは、中央はシャープですが、四隅が若干流れぎみなのが気になるところです。とは言え、サイズを考えればがんばっていると言ってもいいかもしれません。

2012年11月 7日 | コメント(36)

コメント(36)

NEX5Rと同様タッチスクリーンがあればメニュー操作の問題はなかったでしょう、一番悔やまれるのはNEX5Rで採用された180度チルトするスクリーンの不採用、NEX7同様ビューファインダーがあるのは分かりますが今の元気なSONYだったらどちらも出来たと思うと残念です、とは言えNEX6は理想に近いモデルなので購入予定、NEX6の後継機は凄く期待出来そうですね。

Mの進化や、G2Xを待たなくても、これでいいのではないかとおもってしまう私。

動画撮影中にも手ブレ補正効くのですか?!

>キットレンズの16-50mmは、中央はシャープですが、四隅が若干流れぎみなのが気になるところです。

管理人さんと同じ印象です。ちなみに、最近出た広角ズーム10-18も同じ印象。やはり若干無理して小さく作ってるんでしょうね。


...と言いながら、この携帯性と機能性には頭が下がります。実はGX1→GX2じゃなく、これをサブにしようかと思っているぐらい。いずれはレンズキットが5万にはなりますよね。ちょっと期待してます^^

う~ん、確かに16mmの四隅は流れている(汗)
やっぱりAPS-Cで小型軽量というコンセプトは難しいのか。
新広角ズームの評価、早く知りたいですね。

アクセサリーシューが変更になってますが、これから同展開するのか考えると外部フラッシュやビデオライトを使う方は必然的にNEX-6を買わないとダメですね。

すごく評価いいですね・・

今回はパスですがたぶん出てくるNEX-6F?R 期待できそう・・

ここででてるウイークポイント 価格以外はくりあーしてくるでしょう?もしかしたらファームウエアで

バランスのとれたいいカメラになったみたいですね。
メニューの事がマイナスポイントとして触れられていますが、ちょい撮りカメラとしては問題ありません。
RX1には手が届きそうにないけど、これは欲しいな。

総合評価高いですねー。
『AF速度はとても速い』というのは、NEX-7ユーザとしては羨ましい限り...。
どうしてもトライダイヤルが欲しいって人以外は、NEX-6は凄く魅力的なんじゃないでしょうか。

かなり売れそうな予感。。。
これ、ミラーレス最強でしょうね。
コンデジでもSONYはランキングでワン・ツー占めてるけど、これもそこそこ行くのでは?
値段は確かにネックだけど、自分としては十分に納得です。

早めに予約してて良かった!!

16-50の16側の周辺画質盛大には流れますね。これならE16の方がまだ良さげな印象です。
タッチパネルや180度チルトが欲しい人には5Rがあるし、NEX-6はとても良いカメラになりそうですね。

レンズによっては程度こそ違うが四隅が流れる。これはボディを小さくした弊害か。そのうち出るというフルサイズNEX?では、無理矢理小さくしないで画質優先で願いたい。

このサイズで24mm相当を実現したんだから四隅が流れるぐらい大目に見てあげようよ。
ボディはよく出来ていそうで気になりますね。

16-50mmはソフトウェア補正前提の設計とはいえ、従来の半分の大きさですからね。
一定の画質を確保するだけでも大変だったのではないでしょうか。

m4/3では四隅が流れるというのは、あまり聞かないなぁ。
同じAPS-CのEOSMはどうなんですかね。
もっとも換算24mm始まりのコンパクトズームというのは始めてですよね。m4/3には24mm始まりのズームが2本あるけど、どっちもコンセプトが違うし。

四隅が流れ…
レンズ補正機能を前提としたレンズに対して、
単純にレンズ補正機能をOFFにしてるだけじゃないでしょうか?
それともレンズ補正機能をかけてこの感じなのでしょうかね?

ゴム引きの...? ゴム張りではないのですね? ゴム引きでは経年変化で塗面がベタベタになってしまいます。

ボディーはそうとう良さそうですね
後付のファインダーはなにかと不便 かばんに入れたときの携帯性もOM-Dより良いし
レンズはこの大きさで24mm相当ならこれ位は仕方ないでしょう
建物などを正面から写すのでなければ許容範囲
ただ大きくてもいいからしっかりしたレンズも出してはほしい


これでタッチパネルだったら…
出し惜しみに思えてしまうなー。

>あじあじんさん
>ゴム引きの...? ゴム張りではないのですね?

原文はrubberisedなので、そのままゴム引きと訳しました。

NEX6良さそうだけど16mmパンケーキ付けたらMFTの方が高画質なんだよなぁ…orz
もう少しまともに写るパンケーキもリリースして下さい。。

5Rにしても6にしても、早いところオールドレンズでの
作例が出て欲しい所です。この評価次第でnex-7からの
乗り換えも考えていますので。

余所では出ていますし、自分も試したのですけどFnキーの
動きが今一つ、7のようにトグル式にすれば良かったのに
一覧式なんですよね。ここはUI的に地味に不便です。
トライダイアルナビでなくても、7系と同じ動作で
良かったんではないでしょうか。

レンズ補正前提ということですが、ここで言ってる補正は歪曲の補正ですよね?
筋の良い歪曲は、簡単に補正できますから。
四隅が流れちゃったのは、どうやっても補正不能と思います。

モックアップ時に話題になったダイヤル付きについて、画像が良ければ 痘痕も靨 になるのでしょうね。

 NEX7のトリプルダイヤルに慣れてしまったので来年まで待ちかな。 このパンケーキレンズは早く欲しいなあ~

よし、買おうw

コンパクトで画質も良くWi-Fiでスマホにも連動、更にはアプリで遊べる。
これは非常に魅力的過ぎます。
方向性としては、若い世代の人に物凄く合ってると思います。

カメラの新しい時代の幕開け、と言うのは過言でしょうか?

像面位相差AFが、他社製レンズにも対応してくれるのか否かが気がかりです。使っているレンズがタムロンの18-200とシグマの19、30なので。対応しないとなると、スマートフォンを持っていない、持つつもりのない私は新機能の恩恵がほとんど受けられないんですよね…(泣

まともな撒き餌レンズが出れば
売れそうなんだけどなあ。。。。。

>コントAFさん
撒き餌になるかどうかはともかくとして、sel16は魚眼コンバーターやワイドコンバーターは手頃な価格で高価なレンズでしか出来ないような写真がレンズ交換の手間無く使えて面白いレンズですし、sel50/1.8は3万を切る安価な価格で非常に良い写りをするレンズです。換算75mmのOSS付き大口径レンズはポトレで使うには勝手が良く、撒き餌レンズとして充分だと思いますが。30マクロやシグマの単焦点も安価ながらいい写りをするレンズですね。
もともとαユーザーは単焦点好きが多いので、NEXのレンズラインナップは今度出る35/1.8の登場で初級者の満足度は叶えられるレベルになると思います。
問題は撒き餌レンズではなく、どっぷり嵌まってやろうって人に訴える魅力のあるレンズがSEL24/1.8ZAしかないという点じゃないですかね?

この位置のファインダー、左眼でファインダーを覗く自分としては使いづらい、固定だとどうしょうもないですねぇ

またしてもα大好きさんに同意です(同一人物じゃありませんよw).
パンケーキ16㎜ですが,発売当初のNEX-5につけた時と先日ファームアップされたNEX-7につけた時では別物と言っていいと思います.手軽で決して悪くないレンズになっています.酷評され続けてきたこのレンズの復権を主張したいですね.
本気レンズは,これからでしょう.特にZeissが12㎜,32㎜,マクロ60㎜を準備していますからね.SONYからGレンズも出ることですしょうし.NEXはこれからが楽しみです.
うがった見方ですが,外国製ミラーレスの登場で,機先を制する意味で,NEX-5を見切り発車したのではないでしょうかね,SONYは.もしそうなら,NEXは国産カメラの砦的存在なのではと思ってしまいます.発売当初の未熟な部分はこれから克服されてゆくと思います.
M4/3も魅力的ですが,アダプターでオールドレンズを楽しむ身としては,やはりAPS-Cが魅力的です.フルサイズならなおのこと.

なんと言うことでしょう!こんなに高評価では買わない理由が無いじゃありませんか。

>撮り過ぎ様
私もDSLRを左目でEVF覗くのですが、コンパクト系の操作配置だとやりづらいのでしょうか?確かにこの配置のカメラを覗いた経験はほとんどないので分からないのですが……むしろ覗いた時に顔の正面付近にレンズが来るので画角が自然かな、とか思っていたのですが、右手が顔の右側に被るかもですね。
NEX-7ユーザの方はこのあたりどうなのか伺いたいものです。

それにしても、早くNEX-6の実機に触れる機会を持ちたいものです。

>撮り過ぎさん:
私も左目で覗きますが、真ん中にあるファインダーより覗き易いと感じています。
鼻が液晶についちゃいますけど。

普通の一眼レフのように真ん中にあると、顔の真ん前で右手の操作をするのが邪魔くさく窮屈な感じがします。

逆に右目で覗く人には、右手の位置が離れすぎていて違和感あるかもと思いました。
NEX-7のパンフレットは浅野忠信が右目で覗いて、顔の左半分が露わになっているような作りだったので、そういう風に使うのが普通なのかもしれませんが。。。

NEX-6は、賛否の別れたモードダイヤルの採用や、反対に180度チルト
やタッチパネルの不採用など、5Rとはターゲットユーザーの違いが表れていますね。
私は40年来の一眼レフ愛好家。私達オールドユーザーには、NEX-6がドンピシャだと思います。
16日の発売まで一週間を切りました。高評価で益々手にする日が楽しみになりました。
そして、このNEX-6でEVFに慣れたら…春にはα99をゲットだ!

起動時間2.1秒と書かれていたので間違いでは?と思ったんですけど,原文を見ても間違いではないし,調べてみると前からNEXの起動時間はそんななんですね。買おうか検討してたのにショックです。
同じくAPS-CのEOS Mも1.6秒も起動にかかる(こちらのがまだマシ?)みたいですし,一眼レフの起動時間に慣れてしまうとこの起動時間の遅さではチャンスを逃しそうで買えないですね。

標準ズームは小型になったし、アクセサリーシューも汎用型になったし、あとは18mm程度でそこそこ画質のワイド単焦点レンズがありさえすればいいんだが・・・

実機さわりました。7にくらべ、ちょっぴり高級感がないな。プラスチックだからか、シャッター音もモアッとした感じ。
でも、それもたいした問題ではない。
十分所有欲を掻き立てる一品でした。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2012年11月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8は12月中旬に発売?」です。

次のブログ記事は「ニコンD600のセンサーはソニー製」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る