キヤノンEF35mm F2 ISは良好な性能だが価格が高い

ePHOTOzineに、キヤノンEF35mm F2 IS USMのレビューが掲載されています。

Canon EF 35mm f/2 IS USM Lens Review

  • 鏡筒はハイクオリティなプラスチック製で、キヤノンのハイエンドコンシューマーグレードレンズのデザインだ。プラスチック製のため重さは340g未満に抑えられているが、とてもよく出来ていると感じる。テストに使用したEOS 6Dとのバランスは良好で、まずまず軽量コンパクトな組み合わせだ。
  • AFは超音波モーターで高速だ。フォーカスリングはスムーズに回転するが、かなりの重さがある。ピント合わせにはある程度の力が必要なので、ピント合わせがしにくいこともあるかもしれない。フォーカシングはインナーフォーカスで、フィルター枠は回転しない。
  • 最短撮影距離は24cmで、これは狭い場所での撮影や、臨時のクローズアップ撮影にうってつけだ。
  • 手ブレ補正は公称4段分の効果で、実写では注意深く撮影して、1/5秒で半数前後のシャープな画像が得られた。これは3段分前後の効果だ。
  • 解像力は中央は開放から既に素晴らしい値(excellent)だが、隅は遅れを取っており、開放では良い(good)のレベルに達しない。絞るとF4までは画面全域で解像力が向上し、このとき解像力は画面全域で際立った値(outstanding)になる。
  • 色収差はこのタイプのレンズとしては予想よりも若干大きく、最も色収差が大きいF2とF22では1ピクセルに近い値だ。このレベルの色収差は、特に周辺部のハイコントラストな部分では目立つかもしれない。
  • 周辺光量落ちは開放では2.67EVで極めて目立ち、F5.6以上に絞らないと均一にならない。
  • 歪曲は1.18%の穏やかなタル型で、通常の撮影ではそれほど問題はないはずだ。しかし、歪曲の形は完全に整っておらず、若干波打っているので、後処理での補正は若干やり難いかもしれない。
  • フードが付属していないのは残念だが、このレンズはかなり逆光に強いので、極端に悪いコンディションでなければフードなしで撮影することもできる。
  • このレンズは実に良好な性能だが、そうは言っても、これは価格から予想されたことだ。この焦点距離のレンズで手ブレ補正が目玉機能になるかどうかは、疑問符が付くかもしれない。より明るい代わりとなるレンズ(※シグマ35mm F1.4のことだと思われます)が、同程度か若干高い価格で販売されており、EF35mm F2 ISに価値を見出すまではなかなか至らない。価格が落ちてくれば、もっと納得がいくレンズになるだろう。
  • 良い点: 造りの良さ、手ブレ補正、素晴らしい解像力、寄れること、かなり軽量。
  • 悪い点: かなり高価、標準でフードが付属していない、F2とF22で色収差が若干大きい。

 

いつものように価格の高さを指摘されていますが、レンズ自体の性能は良好のようですね。解像力は開放では隅が少し甘いようですが、少し絞ると素早く改善し、F4では画面全域で際立った値になるので、風景などの撮影でも全く問題はなさそうです。

このレビューでは手ブレ補正の搭載があまり評価されていないようですが、F2の明るいレンズと手ブレ補正の組み合わせは、室内や夕景・夜景の手持ち撮影などではかなり便利に使えそうです。

[追記] キヤノン公式サイトによると国内で販売されているEF35mm F2 IS USMは「ケース・フード付き」となっています。ご注意願います。

2013年2月 6日 | コメント(14)

コメント(14)

そうそう!
キヤノンって何でフード別売りが
多いんですかね。
これだけはケチ!と言いたくなります。

管理人さん、こんばんは。

手ぶれ補正の良さはもっと評価されていいですよね。
最近のカメラの高感度と手ぶれ補正で夜でも手持ちで撮れるのは
魅力です。

単焦点レンズの価格が高いのは、噂で聞いた程度なので本当か
どうか知りませんが、単焦点レンズはあまり売れないから
高くなってしまうそうな。
特に海外では単焦点は人気ないとか聞いたことあります。
国にもよるのでしょうけどね。

日本人なら単焦点の良さはわかると思うので、たくさん売れれば
安くなるでしょう。

この勢いで、50も85もIS付きでリニューアルして欲しいですね。

高いと一言で切り捨てられると辛いものがありますね。
キヤノンも国内生産に見切りを付けて、ニコンのように
タイ製や中国製を増やしていかないと価格競争で負けることになっていくと思います。タムロンが中国生産を増やしてシグマに圧倒的な価格差を付けている現状もあります。

このお値段なのでフードは付属して欲しかったです。
そして何より品薄でこのレンズ自体手に入らないという、、、、今すぐ買いたいレンズの一つなんですが、、、

このレンズ買いましたがフードは付属してましたけどね・・・

このレンズを購入しましたが、フードは付属していました。

日本以外は、省略?

国内正規品はフードが付属していますので、購入予定の方は早とちりして別途フードを買ってしまわないようご注意ください。

このレンズの最大の問題は出荷が滞っていることでしょう。在庫が潤沢になれば5万円台半ばまでは下がると思います。
そのくらいならISとリングUSMを採用していることを考えると妥当な価格だと思います。

>兔希さん
>みかん系さん

調べてみたらフードは付属しているんですね。
日本と海外では付属品に違いがあるのかな?
早とちりすみませんでした。
私も早く手に入れたいレンズです。

良いですよこのレンズ。
私は夜撮影で街並みなどやスナップ中心で使ってますが
手持ち撮影でしたらF1.4でも太刀打ち出来ないiso感度で撮影が可能となりました。
確かに品薄で高価なので不評ですが・・・(^^;
スナップ派の人には悶絶のスペックです。

値段が高い、確かに5万円を境に割高感を感じますね。よほどこのレンズでなければ~と言うものでない限り、奮発してLレンズのズームを買ったほうがいろいろ使えそうです。
現行の50ミリf1.4のようなつくりで、かつ光学系は一新、もしくは改善した安めのバリエーションも欲しいですね。

この純正レンズを買うのならシグマのf1.4を自分なら買ってしまうだろうと思います。
IS付きのf2という明るさは充分に惹かれるものがあるのですが、それでも比較的に安価なシグマf1.4の魅力には勝てそうにもありません。
以前から感じていたことですが、キヤノンはレンズに撮影に必要性を感じないケースを何故に付属させて売るのでしょう?光学メーカーとしてフード付属が当然のように思えるのですが・・・

高感度センサーとISは撮影領域の拡大に非常に有効です。
絞り開放で1/4秒などという条件下で、大伸ばしに耐える画像データーが手持ち撮影で得られると、思わず撮影機材の進歩に感謝したくなります。

価格の高低については、多様な価値観が存在しますが、レンズの性能に「コストパフォーマンス」を単純に適用する評価には少し疑問を感じます。

評価の基本は良いレンズは高価でも可、不良レンズは安価でも不可。

私はこの35mmF2ISを購入する予定です。

高いよ。高すぎるよ。F2.8通しの大口径ズームや、200mm,300mm以上の単焦点ならわかりますが、35㎜のF2なら5万以下でしょう?

高いんですよねぇ~。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年2月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カシオが大型センサーと明るいレンズを採用したコンパクトを検討中」です。

次のブログ記事は「ソニーが2月20日にNEX-3Nとα38、α58を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る