パナソニック35-100mm F2.8 O.I.S.は注目に値する素晴らしいレンズ

LensTipに、パナソニックLUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.のレビューが掲載されています。

Panasonic G X VARIO 35-100 mm f/2.8 P.O.I.S.

  • フォーカスリングはモーター駆動で、最短から無限遠までの回転角はおよそ270度だ。フォーカシングでフィルター枠は回転しない。
  • 手ブレ補正の効果は最大で3.8段分に達している。これは、非常に良い結果で、12-35mm F2.8よりも若干優れている。
  • 解像力テストはE-PL1のRAWで行なった。良像の基準となる値は、42-44lpmm前後だ。
  • 中央の解像力は、ベストの単焦点レンズと同じくらい良好だ(35mmと63mmの開放で75lpmm前後)。唯一の問題は望遠端の開放時の解像力だが、それでもなお50lpmmに達しており、十分に実用になるレベルだ。F5.6に絞ると望遠端では79lpmmに達するが、広角側ではF5.6でかなり解像力が落ちる。最も高画質なのはF2.8とF4だ。
  • 周辺部の解像力は際立ってもいないが悪くもないので、良好という言葉が最適だろう。ここでは中間域(63mm)が最も弱く、開放では42lpmm付近だ。これは我々の良像の基準の下限で、人によってはこの画質をシャープでないと考えるかもしれない。幸いなことに、他の焦点域では解像力は高くなる。ピークはズーム全域でF5.6で、このとき、ほぼ60lpmmのとても良好な結果を維持している。
  • 軸上色収差は、全く問題無い。倍率色収差はズーム全域で同程度で、絞ると若干大きくなるが、無視出来るレベル~低いレベルを維持している。ここでは賞賛あるのみだ。
  • 歪曲はJPEGでは-0.24%(35mm)、-0.08%(63mm)、-0.13%(100mm)で問題は無いが、(自動補正の効かない)RAWでは35mmで-4.24%のハイレベルのタル型で、63mmで-1.90%、100mmで0.65%だ。-4%の歪曲は実に大きな値だ。
  • 周辺光量落ちは、広角端の開放で39%(-1.44EV)で、中程度のレベルと高いレベルのボーダーラインだ。ズーム中間域では若干良くなり開放で38%(-1.38EV)だ。最大の問題は望遠端で、開放では42%(-1.55EV)だが、F4に絞ると24%(-0.79EV)で大きく改善する。
  • 逆光耐性は12-35mmよりも良好だが、それでもまだ完全に満足の行く性能ではなく、フレアと顕著なゴーストが、太陽がフレーム外にある場合でさえ見られた。幸いなことに12-35mmで見られた強いフレアは見られなかった。
  • AFはノイズレスで極めて速い。最短から無限遠までは0.5-0.6秒だ。AFはテストでは全くのノーミスで、AF精度は賞賛に値する。
  • 我々は12-35mm F2.8を(以前のレビューで)褒めているので、これより少し優れている35-100mm F2.8を褒めないわけにはいかないだろう。35-100mmは12-35mmよりも逆光耐性、周辺光量落ち、コマ収差、非点収差、色収差、球面収差で優れており、唯一負けているのは周辺部の解像力だ。このレンズはもう1つの素晴らしいレンズで注目に値する。35-100mmはマイクロフォーサーズのレンズラインナップをとても素敵なものに仕上げるものだ。
  • 良い点: 全長が不変のコンパクトでしっかりとした鏡筒、中央の素晴らしい画質、周辺部の良好な画質、色収差がとても良好に補正されている、球面収差が少ない、コマ収差が無視できる、非点収差が穏やか、素晴らしく速く静かなAF、とても効果的な手ブレ補正。
  • 悪い点: 周辺光量落ちが大きい、広角端で驚くほど歪曲が大きい、逆光耐性が今一つ。

 

中央の解像力は100mmの開放時を除けばとても素晴らしい値ですね。100mm開放時に中央の解像力が落ちるのは、以前lensrentalsのレビューでも指摘されていましたが、1段絞ればほぼピークの解像力に達するのであまり問題はなさそうです。m4/3の望遠ズームで性能重視なら、現時点ではこのレンズを選んでおけば間違いなさそうですね。

2013年4月 1日 | コメント(11)

コメント(11)

使っていますが、これは非の打ち所がないレンズです。動画撮影にも重宝する逸品です!個人的にはヘビーなEF 70-200 F2.8L IS IIより好きです。APS-C使いですが…。

APS-C機にもこんなに明るくて、軽いレンズがあればいいのにー

私も、フルサイズとAPS-Cに重く大きな70-200を使っていましたが、最近はほとんどG3にこのレンズを付けっぱなしです。とても良い組み合わせです。

このズームは長焦点側で画質低下が起きるタイプみたいですね。
F2.8なのに絞り開放では周辺減光があるし、やはりオリンパスの35-100mm/F2は異次元なんでしょうね。
オリンパスには、m4/3用にも超高性能なズームを出して欲しいです。

デカくて描写の良いレンズは沢山ありますしね。このサイズに抑えたパナソニックの判断には光るものがあります。

惜しむらしくは、デザイン&質感か...

別にパナソニックの肩を持つ訳じゃないけど、
1600gと360gのレンズを同列に語られてもなぁ
って気もする。

Made in Chinaなんですよね、このレンズ
12-35mm F2.8は日本製なのに

12-35㎜F2.8とこのレンズを使っている人にどちらがより高性能・高品質か尋ねたいな。

ボディ(E-M5)はオリンパスを使用しているが最近買ったのがパナの35-100mmと12-35mm
のレンズ、F2.8であの大きさと画質はいいね。記事にもあるが35-100mm伸び縮みしないのはすごくいいね。
スナップ写真に活用してる。色合いが地味なので[ピクチャーモード]をVivid設定にすると映えるね。

4/3のZD35-100mm/F2って価格は3倍、重量は4倍もあるレンズですよね。
しかもパナの方は手振れ補正も内蔵でしょ。

他の方も仰ってますけど、比較としてどうかと・・・

個人的には大きくて重くても画質が良い方がいいですね。
PZ14-42と45-175とかでも小型で十分な性能がありますので
高級レンズにはコンパクトさより画質の方を優先してほしい。

大きくて重くて高価なズームはm4/3の小型優先のコンセプト上逆に作れないんじゃないかな?
ZD35-100mmみたいなレンズは貴重な存在となりそう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年4月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα99の値下げに関する情報の続報が掲載」です。

次のブログ記事は「パナソニックが4月9日にGF6とG6を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る