EOS 70Dのライブビュー時のAFはこれまでのEOSよりかなり高速化されている

Optyczne.pl に、キヤノンEOS 70D のファーストインプレッションとライブビュー時のAFの検証動画が掲載されています。

Canon EOS 70D - pierwsze wraz.enia

  • 70Dは60Dとくらべて幅で5mm、高さで1.5mm小さくなっている(厚さはほぼ同じ)が、重さは変わっていない。ボディはプラスチック製で、この点では旧型と同じだが、70Dはずっと見栄えがし、またしっかりしているように感じられる。
  • 70Dのボディは若干小さくなっているが、グリップは大きく、快適にホールディングすることができる。
  • ファインダーは視野率が98%に改善され、7D同様の液晶表示になった。ファインダーの最初の印象は肯定的なものだった。
  • デュアルピクセルCMOS AFによるライブビュー時のAFは、これまでのEOSよりも明らかに速くなっている。これまでのキヤノンの一眼レフは、ライブビュー時のAFが遅く改善が望まれていたが、70Dでは、かなり高速化されており、完全にピントを大きく外しているケースでさえ速い。
  • 70Dの最初の印象は良好で、特にライブビューモードのAFの改善に満足している。加えて、見た目も明らかに旧型から改善している。

 

元記事の最後の方にライブビュー時のAFの様子を記録した4つの動画があるので、興味のある方は参照してみてください。

EOS 70D のライブビューモードでのAFは、60DなどのこれまでのEOSと比べると大幅に高速化されていますね。ライブビュー時のAFがこれだけ速ければ、動体撮影時はOVFと通常の位相差AFに任せるとして、それ以外の大部分の撮影であまり困ることはなさそうです。

2013年7月 5日 | コメント(26)

コメント(26)

ライブビューのスピードは60Dと比べられても、60Dが遅すぎただけに参考にならないですね・・・ソニーやオリンパス、パナソニックと比べてどうなんでしょうね?
そこが知りたいところです、速度だけではなく精度もですが・・・

ジーコレンズで普通に位相差使った時と同じ位に感じますね、
この位早ければ本当に動体以外はこっちでこなせそう。
後は精度がどの程度出ているのかですね。

風景撮影ならこのセンサーでミラーレスでいいってことになりますね。自然相手なら重さはフットワークに影響しますので、歳とると特に。
Mに乗せてほしいです、ファインダーも付けて。

相当なスピードですねぇ。

手持ちのα77+シグマの50mmマクロで同じようなことをやってみたところ、EOS70D+100mmマクロと同等のスピードでした。条件が違うとはいえ(100mmマクロも18-55のズームも持ってないので・・・)、かなり追いつかれた感じがあります。

というか、αはファインダーでも同じ速度しか出ないわけで・・・(苦笑)。すなわち、現行TLM機のAF性能が、70DのデュアルピクセルCMOS AFと同等の可能性があるということですね。

ファインダー撮影を嫌うことの多いママさんたちには、今まであまりキャノンは薦めてきませんでしたが、このセンサーがkissに載れば、オススメできそうですね。

まだまだミラーレス機と比較すると遅いですよね。
オリンパス機などはタッチパネル触った瞬間にシャッター切ってますからね。

一眼レフのライブビューとしては結構いい線いってます。
でもペンタックスの方が速いかな。

ソフトの出遅れを強引にハードで解消にいった感がありますが、他社はどんどん先にいってしまいます。

動画みてみました
おおボケからコレだけ早く焦点があうのは凄いですね。

本当に画期的な技術革新だと思います
カメラの性能とは関係ないですが、このセンサーの開発秘話もみてみたいですね笑

Canonの公式サンプル動画を見た時はおおっすごい!と思ったのですが、
このテスト動画を見るとまぁこんなもんかくらいの感想になりました。
あと他の人もコメントに書いていますが精度は気になりますね。
単純に合焦の許容範囲を広げて速度重視に方針を切り替えることだって可能でしょうから。
まだまだ色んなテストを見ないときちんとした性能は見えてこないですね。

NikonなんかはコントラストAFのライブビューで撮るより通常撮影の方が精度面でも上だったりするみたいなので、
こちらは像面位相差AFで位相差AFの技術ではありますがCanonもまだ従来の方式の方が速度精度共に上かもしれませんね。
もちろん選択肢が広がることはいいことなので状況に応じて便利な方を使い分ければいいだけですが。

今後は若い世代を中心に液晶を見ながら撮影する人が増えるでしょうから。
可動式液晶での、ライブビューのAF高速化は歓迎です。

>>なるさん
ニコン機も使ってますが、さすがにライブビューの方が精度はいいですよ。

ピザのサンプル動画を見ましたが特別早いという訳でもなさそうですが(静止画の時のようにフォーカスすると不自然なのでスピードを抑えているのかどうかわかりませんが)DIGICで高感度に強くキャノンのレンズが使えるボディーで実用的なAFが搭載されたという所は大きいでしょう。しかしピザの動画が白っぽい背景に白っぽい物をドアップで撮ってる場面が多く、加えてカメラをユラユラ動かすので大きな画面で見ていると酔いそうになりました。

動画見ました。ライブビューAFは、速いって言うかスムーズにピタっと合う感じに思いました。ムービーに丁度いい具合なのではないでしょうか?
当然かつてのコントラストAFと比較すれば雲泥の差です。
一方で光学ファインダー側では7D譲りの高速高機能AFということで非常に魅力のあるモデルで物欲が刺激されっぱなしです…。

認めたくないけど、これ、現行のα77とかα99と同等のAF速度ですよ、、、
EOS Mの全く使い物にならないAFからはとても信じられない進化ですね。
ミラーレスでもキヤノンが覇権を握るような気がしてきました。

ライブビューAFの速度って動画と静止画、同じなの?

高速かつ像の連続性があり、動きものでは有利な光学式ファインダーと
速度と連続性は弱いが撮影の結果がわかりやすく、
自由度も高い電子式ファインダー(ライブビュー)。

物撮からポートレート、スポーツまで撮ってますが
光学式も無きゃ困るし、電子式だって必要ですから
今までネックだった部分が解消するのは
素直に有り難いです。

現在のα最速の組み合わせがコレですかね
http://www.youtube.com/watch?v=0Go5c1EJJ2g

70Dもレンズ次第で、もっと速かったりするんでしょうか?

手持ちのαと比べて見ましたが、SAMだと同等、SSMだとまだαのほうが早いですね。

でもAFポイントが自由に選べるのは羨ましい・・・

デジカメWatchの70D発表会の記事に
「ライブビュー撮影では特定のフレームレートで読み出しているため、デュアルピクセルCMOS AFは光学ファインダー使用時の位相差AFには速度的に及ばないという。 」
と記載されています。
LUMIXのコントラストAFでは、撮像子からの読み出し間隔を短くしてAF速度を上げていたと思います。
70Dのセンサーはフレームレートを上げられない何かの理由があるのでしょうかね。

こういう技術は一眼機よりKissとかミラーレスに乗せる方がいいんじゃないかと。バリアングルやLVは体から放して撮っても振れにくい軽量機にこそ多くのメリットがあって、撮影ポジションに困った時の緊急用や重いレンズで風景をじっくり撮る用にはそれなりのAFスピードで問題無いんですよね。しかもこのカメラ、プラなわりに軽くないですし。α99のようにファインダー越しでも機能するものなら・・・と思います。

  KissやMは、ある意味、絶対に外せない大本命なので、とりあえず、LVには寛容なお客さんが多そうな70Dで、そっと出した感じがします。

 動画はともかく、静止画の方は、まだまだ、できないことリストが長いですよね。さすがに連写で液晶がブラックアウトするのはどうかと思うので、従来方式も選べるファームアップが出るような気がします。可能であれば…。

 レフの機能を飛躍的に上げたのは、今のところは動きものはOVFで…、というメッセージなのでしょう。OVFが補助的な位置づけになるKissに搭載するには、まだまだ、ステップがありそうですね。フルサイズ版が出る方が早いかも…。

自分のようにスチルもムービーも、という人たちにはこの機種はエポックメイキングな機種で歓迎されると思います。
Kissシリーズもそうですが、ニコンを含め他メーカーの一眼レフにアドバンテージがあるのでは?
個人的にはエントリーフルサイズにも搭載されると新たなフルサイズのシェアがある気がします。

ミラーレスに載せるほうがいいのはその通りでしょう。
キヤノンがこういうセンサーを開発した意図は当然EOS-Mも考慮したからで、タイミング見計らってEOS-Mには当然載ってくるでしょう。
必ずしも一眼レフレックスカメラの特性のみに重点置いて開発をしてないってこと。企業の利益を稼ぐことを考慮した方針でしょうね、キヤノンはセンサーを長く使いまわすメーカーなので。

動画時のAFが行って帰って来るような感じがなくなったので、安心して使えるようになったと思います。LUMIX GH3もそのあたりは改善されていませんので大きなアドバンテージだと思います。

つくづく残念なのはヘッドフォン端子が搭載されていないことです...。

> loveEOSさん

 私もエントリフルサイズへの展開に期待しています。ただ、気になるのは、やっぱり、レンズの対応で…。
 ほぼ無音で動作して(少なくともズームは)ダイナミックISが作動して…。便利ズーム一本とフルサイズらしく大口径単焦点が2本くらいは欲しいですね。Cinema EOS ではなくて Video EOS とか。

要するに今回の新センサーはプロセスルールの微細化に
よるメリットを画質よりもむしろAF速度に振り分けた
ということだと思います。
ただ70Dという機種の性格を考えればその方がずっと正解
に近いでしょう。なにしろ70Dはキヤノンが言うところの
「中級のエントリー機」なんですから。

だから70Dにおいて最も重視すべきは、動画撮影機能であり
ライブビューAFの速度であって決して画質ではない。
もちろん水準以外の画質は確保しているだろうし、
60D以上に高画質になっていることは確実でしょうけど
それはあくまで副次的な効果であって、70Dのメインターゲット
とは違うと思います。

別にこれは悪いことでもなんでもなく、購入者層を考えれば
当然のことで、その当然のことを当たり前のようにこなせる
キヤノンというメーカーはやはり凄いと思います。

バリアン&LVは、ネイチャー系マクロ撮影では必須でしょう。なので、お気軽系に乗せるのが、というのはどうかと。
昔からアングルファインダーがこの手の撮影では必須だったように。(そして、そういう撮影は当たり前のように三脚必須です)

動体メインだけど、なぜかマクロも好きという自分には、こういう機種は待ってましたという感じです。
まぁ、ミラーレスにこそ、というのは当然で、これはMの後継にのせなきゃ、相当不満が出るでしょうね。それくらいは承知してるでしょう。

昨日、内覧会で70D見てきました。
ライブビューAFの早さを強調されており、
ファインダーでの使い勝手はやはり7Dか?
内蔵の水準器はぐっとアイデアだが?実用度は???

連写も7Dなみでしたし、シャッター音も静か。
何よりも軽い。7Dと並べるとチープかな?

7Dmark2は必要だし、出ると思う(素人予想だけど)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年7月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンGレンズ対応のSPEED BOOSTERの発売日が決定」です。

次のブログ記事は「ソニーα99がこの夏に全世界で値下げされる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る