ペンタックスが間もなくHD DA Limited シリーズの5本の交換レンズを発表?[内容更新]

読者の方から、ペンタックスのLimitedシリーズのレンズのリニューアルに関する情報と画像を提供していただきました。

  • ペンタックスのDAリミテッドシリーズのレンズが全てリニューアルされる。
  • 新型はHDコーティングが採用されたHD DAシリーズ。
  • 7枚~9枚羽根の円形絞りを採用。
  • 色はブラックとシルバー。
  • 新シリーズのレンズは、次の通り。

    - HD PENTAX-DA 15mm F4 Limited
    - HD PENTAX-DA 21mm F3.2 Limited
    - HD PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited
    - HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited
    - HD PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited

 

ペンタックスのDAリミテッドシリーズのレンズが、ごく近いうちに全てまとめてリニューアルされるようです。新シリーズは、HDコーティングと円形絞りの採用が旧型との最大の違いのようですね。

新型のデザインは現行型とほぼ同じですが、レンズのラインがこれまでのDAシリーズの緑から赤に変わっていて、かなり雰囲気が変わっているという印象です。なお、日本国内での発売はブラックが9月20日、シルバーが10月下旬の予定とのことです。

[追記] 新型のオートストロボAF360FGZ II とAF540FGZ II も同時に発表されるようです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
情報を送って下さった方、ありがとうございました。

 

hd_da_21mmf3.2.jpg

hd_da_35mmf2.8.jpghd_da_40mmf2.8.jpg
2013年8月27日 | コメント(82)

コメント(82)

これは良いリニューアルですね
特にDA40のコーティングはあまりいいモノではなかったので

贅沢を言えばWR化もして欲しかったな

Limitedや★のリニューアルもお願いしたいところ。

それよりFALinitedの3兄弟をスターレンズ、HDコーティング、超音波モーターでリニューアルしてほしいorz

う~ん・・・ペンタユーザーとしては既存のレンズのリニューアルよりも新レンズを待ち望んでいるんですが・・・
そもそも不満の無いDA-Limitedをリニューアルされても、よかった万歳って事にはならないですねぇ

一気に来ました!
と思ったらコーティングだけの変化でしょうか?
見た目はそっくりです・・
写りの違いとか気になりますね・・良いようなら、旧FAレンズの復活もアリなんじゃないでしょうか?

ということは、いよいよ、K-5IIs後継の2400万画素ローパスレス機の登場も近いのか?

んー、ペンタユーザーが本当に求めてるのはこういう事じゃないんだけどなあ。

現行のDAリミテッドの方が高級感がありますね。

緑ラインがペンタのイメージカラーだと思ってましたが、その辺りは如何なんでしょうか。

こんなのが優先されるということは、ペンタのフルサイズは相当先ですね
K5以降の高感度耐性の良さから、フルサイズが出てくれればと期待して待っていますが、難しそうです

一年位前かな。雑誌の各社レンズ開発担当者のインタビューで、ここ数年で一番進化したのはコーティング技術と答えていた人が多かったような…
そう考えるとペンタとしては必然のマイナーチェンジかもね。

ということは、、、、

DA☆もリニューアル来る??
300mmを購入しようかと思っていましたが、、
新しいコーティングを狙うか
それとも値段が下がる古いコーティングを買うか、、

妄想中

645Dのレンズのリニューアルも、さらりと早めにお願いします。

安っぽいプレートから刻印になったのが嬉しい
赤リングも好き
こつこつ買い換えていこうと思います

この先、FA Limitedのリニューアルもあるんだとしたら、むしろリニューアルされる前に押さえておきたい。

WR仕様で出してほしかったな。。
雨の日でも躊躇なく使いたいから、ちょっと残念。

ブランドのアイデンティティーカラーは、従来ペンタックスはレンズ廻りの緑が個性を示していてよかったので、色合いを変えた緑系にするべきだと思います。赤は見た限りではソニーを彷彿させるのですが、実際見た具合ではどうなのでしょうか。私の意見は、いったん確立したアイデンティティーカラーは、替えるべきではないという考えです。

k-30からk-50、k-5からk-5ii/sそして今回。
いい加減にそろそろ目新しい物を出して欲しいのですが・・・

不満の少ないDAミリテッドをリニューアルとは・・・
しかも、F値が明るくなっている訳でもない。そして赤リング?リコーの影響?PENTAXさんお願いだから、緑がいいです!
このままだと、DAズームリミテッドも赤リング?がっかりする人多いと思います。

こんなリニューアルより、ロードマップはどうなっているのでしょうか?なんか方向性がずれているような気も・・・

あるショップのページで、新品の現行DAリミテッドが生産完了という表記を出していたので、何かあるとは思っていたけど、やはりリニューアルでしたか。
以前も書いたけど、個人的にはフルサイズ機が出なくても別に、と思っているので、このリニューアルは歓迎ですよ。
コーティングだけでなく、円形絞りなんでしょ。
ささやかかもしれないけれど、こういうリニューアルもいいですよ。
フルサイズの下にAPS-Cがある、ということではなく、
APS-C機とレンズの両方を高めていってもらいたいですね。

リコーカラーの赤でしょうか

Limitedシリーズのフォルムそのままにリニューアルを期待していましたので、これは素直に嬉しいです。ただ、PENTAXのレンズには全てに施してほしいくらい緑のラインがイメージとしてありますので、赤になってしまうのはちょっと残念です(赤はCanonのイメージが強いですし…)。まさか、フルサイズ対応レンズは赤に、というわけではないでしょうし?(笑

また、FA LimitedがDFAとして(?)リニューアルされる日も近いのかな?(^^)

後玉もすべて刷新して実はフルサイズ対応!!、なんて、ありませんよねぇ~。はい、次はFAlimitedの方をお願いします。

そう言えば一番逆光耐性の改善が必要な玉って、FA31Limitedのような気が…

FAlimitedはAマウントでリニューアルかな?

見切りをつけて、一旦Kマウント全て処分して正解でした。
そんな気にさせる内容です。

なんか緑リングの旧型が高騰する悪寒
シルバーの写真が見たいな
シルバーのリングも赤なんだろうか

全リソースを別の製品に向けていると考えると良いニュースですね。
smcとHDの比較で違いがわかった頃に、持ってない焦点距離のレンズを買おうと思います

 どうせなら、既存のFA・DFAもHD化すれば良いのに。
何だか、ペンタはAPS-Cのみ考えているみたいで面白くありません。ペンタはフルレンズが古いFA・DFAしかないんだから、これらをリニューアルした方が購入者は多いと思いますけどね・・。
 ※中古市場の値段の下がった旧DAレンズに人気が集まり、新レンズは余り売れないような気がします。

HD DA Limitedに続いてK-5Ⅱの後継機発表とかないですかね。
今日、ペンタのオンラインストアにⅡsボディが入荷したようですが、たったの2台です。
実はⅡとⅡsもディスコンで後継機に今回のLimitedのどれかがキットになる…とかないですかね…

FA LimitedはFF機発売と同タイミングがいいです。
レンズだけリニューアルされても、個人的にはガッカリするだけです。

うーん、これは良いとも悪いとも取れる微妙なニュースですね。

DA★ズームの時も散漫な色使いで品位落としてたけど
またかいな(苦笑)
半島の安物レンズみたいな赤ラインは駄目でしょ。(コスパは良いけど)
堂々と緑ラインで勝負してください。
リミテッドを買い足すようなコダワリのある人にはバラバラのエクステリアだと困る(嫌悪感)と思うけど。

フルサイズ早よw

これから先、登場するDAレンズも全て緑から赤ラインに変わるという事だよね…

これらのレンズの特許は「エンジニアの嗜み」さんの書かれた
http ://egami.blog.so-net.ne.jp/2012-07-18
この特許を実用化した物でしょうか。だとすれば どの絞り値でも ほぼ円形になるかなりコストのかかる絞りを搭載したレンズになりますよね。
全部の絞り値で玉ボケが期待できるレンズ群となるんでしょうね。
面白いと思いますよ これ

ペンタックス用レンズ 処分中です。

 リミテッドシルバー限定で出してまた出すとは、買った人はがっかりですね(オリンパスもやってましたが)。

 秋に出る機種はAPS-Cらしいですが、その前にK-5Ⅱsリミテッドシルバーとかリミテッドシルバーに組み合わせてでそうですし、開発力がないのに無理やり新製品をだすのもかえって、将来性を不安にさせますね。

 ソニー、オリンパス、パナソニックみたいに、同じ焦点距離のレンズを何本もだすのも、カメラが半年置きにでるのもいやだし、やっぱりキャノンか、ニコンになってしまうのかな(自分の場合キャノンですが)。

(´・ω・`)・・・・・凄いな~

自分はてっきり フルサイズのレンズから準々に
HDコーティングが増えてくるのかと 思っていました
その方が低予算で済みますものね・・・・

それをAPS-Cの中核レンズから動かしてきた・・・

つまりフルサイズ用の単焦点レンズは
別に登場する・・・て、ことですよね?

APS-Cも手を抜かず 今後もバリバリ登場させる
そんなメーカーの気迫が伝わって来るのは自分だけ??

緑とか赤ラインとかいらないので85mmF1.4復活お願い
MFでもいいけど円形絞りで

HDコーティングの発表の時HD採用のレンズは赤帯とアナウンスされてたような
緑帯は元々☆レンズの証しだったのでDAが緑帯だったのはなんだかなあと思った
ペンタってそのへんポリシーないよね・・・

うーん、ズームの方を新しくしてほしい…
f4のレンズもそうだし、スターも新しくしてくれれば、より使い勝手がいいんだけどな…

赤いラインはリコー(GR)のカラーか。ペンタックスリコーイメージングからリコーイメージングへ、新宿のペンタックスフォーラムもリコーイメージングスクエア新宿になってしまった…。レンズの改良ではなく新作レンズ、新作カメラを見たい。リコーがペンタックスを買収してから2年が経つのに、どうも製品開発のペースが鈍いように感じる。

キヤノンの赤ラインよりペンタの緑ラインのほうが上品で気に入っていたのですが・・・。まあ、ラインの色で写真が決まるわけではないので、持っていないレンズがあるので写りがよくなっていて値段が安くなっているようなら文句はないのですが、ちょっとリニューアルの順番が違うような気も。

K5ⅡsのリミテッドシルバーもHDリミテッドシルバーの登場にあわせて、でるのは?

コーティングよりWRかAWにしてほしかったんですが…
グリーンラインの現行35㎜マクロは大事に使うことにします。

今迄通りのデザインで、こそっと替えてくれた方が良かったのに...。品名にHDって入れるだけでいいのになぁ。
ってか、今はそこに力入れる時かよって思いますね。
カメラのラインナップも整備できてないし、全然メーカーの姿勢とか見えてこないなぁ。
ユーザーの声、届かん会社なんやなぁ。
やっぱりマウント替え考えないといかんかな。
風景撮りにいいミラーレスフルフレーム機を最初に出したメーカーに替えようかな...。

んー、PENTAXのグリーンが好きだったんだけどな。

追伸:Qマウントの超広角とマクロもぜひ早期に!

リミテッドは赤、そうでないモデルは緑、との使い分けでしょうか?
差別化はありだと思いますが、アクセントカラーは結構大事なものだと思うので、慎重にやって欲しいところです。今回の赤化を否定するわけではありませんけど。
個人的には「MIYABI」的な紫メタリックが似合いそうだと思うんですが。あ、でも黒いボディに埋没しちゃうし、シルバーボディだとケバくなるか。

2度目のコメント失礼します。
絞りも改善されているなら興味深いですね。特に70mmが気になりますが、最短撮影距離がもう少し短いとほぼ購入です。
 色はリコーGRの先着限定が赤いリングだったので、このリミテッドの写真も先着の限定カラーであってほしい。通常は緑がいいです。それなら赤ラインのレンズひとつくらい欲しいかもです。(笑)

悩み悩んだ末35mmマクロリミを
買ってその直後にリニューアルの情報を聞くとはw
発売されたら値崩れするのかな、だったらショックだ( ;´Д`)

レンズのDCWR化をして欲しい所ですね。
35mmの★レンズをよろしくです。

判りました!
これはフルサイズ用のレンズとの識別用カラーなんですよ、きっと!(笑)
APS-C用は赤、フルサイズ用は緑、そういう棲み分けなんですよ!(笑)

じゃなかったら…もうそろそろLimitedレンズ叩き売って、Nikon辺りののフルサイズにでも鞍替えしたくなって来ましたよ。

もう…我慢の限界かも?(泪)

DA21mmF3.2は暗いよね。
35mm相当でF2以下のレンズが欲しい。
今の流行を考えても、フジX100S、ソニーRX1、オリンパス17mmF1.8、キヤノンEOS M22mmF2。
フジのXF23mmF1.4Rに対抗してDA23mmF1.4を出してもらいたい。
これならボケ量的にもフルサイズの35mmF2を代替できる。

赤ラインの色は、元PENTAX/COSMICARのマシンビジョン用5Mピクセル対応レンズを思い起こさせる…気がします。
http://www.ricoh.co.jp/fa_security/lens/5m/

キャノンレンズの赤ラインとはまた違う色調のようですし、これはこれで「アリ」なんではないでしょうか。

中身のリニューアルは良いんですがこの色は無いですね。
プレート省略して赤ラインにするんじゃなくプレートは残してそっちの色を変更した方が良かったのでは。
中身も改良してるんだからそれで単価上がっても問題ないと思うんですけどね。

色々発表する前に、レガシーのシステムのテコ入れ
って話なら歓迎では?
フルはしばらく高いだろうし、手持ちの43limの
APSCでの画角にも慣れたのでAPSCのHD化は嬉しい限り。
とりあえず70mmと15mmを買うつもり。
赤ラインは実物次第だけど、名板がドイツのレンズみたいに
変わったのは何と無く微妙。

ストロボ情報は嬉しいですね。

ペンタを離れた理由にK-5以降のストロボ同調精度の恐ろしい低さがありました。

兆候がK-7以前の精度に戻るなら再びペンタを使いたいと思っていたので朗報です。

現行でも特に不満が無いものをリニューアルされても、
わざわざ買い換えるほどでもないかなぁ。

ロードマップのレンズ開発の方がんばって欲しいです。

50mmF1.4もリニューアルしないかな…あれもう二十年以上前の設計ですよね。

PENTAXレンズの見た目的な雰囲気好きなんだけどなぁ
特に18135の正面からの見た目気に入ってたんだけど…

リング交換サービスに期待(笑)

ペンタックスブランドのロゴは、もともと赤色でしたし、イメージカラーということなんでしょうね。

逆に、なぜ緑なのかと、思っていました。
風景写真のペンタックスということで緑なんでしょうか?

HDコーティングですか。これからの高画素機には必要なアイテムなのでは!
次に出てくるボディーは高画素のカメラになると思います。
ボディーのポテンシャルを存分に引き出す為のリニューアルだと思います。
ついでに、28mmも出して欲しい。

なぜ、WR化をしなかったんだろうか。

赤ですか。。。緑で統一してやっとペンタックスDAのイメージができたと思ったら。。。。。何故?他社のレンズは昔からデザインがある程度統一さていますが。 まぁ、緑になった時にも何でPKA-STAR レンズの緑???と思いましたがね。 これからはリコーの赤に統一するのでしょう。 

 

Ricoh US 公式サイトも更新されてました


http://www.us.ricoh-imaging.com/camera-lenses

 HDコーティング採用レンズが赤リングになるのは1年前に宣言されています。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120911_558685.html

なお、HDコーティングを採用するレンズには、赤いアルマイトリングがピントリング前方部につく。

レンズのリニューアルですか!それよりもロードマップに乗っている
レンズの新発売が先でしょう。
ここ2年ほど、レンズはOEMや焼き直しだけで先が不安です。
一眼レフはレンズ交換を楽しむカメラです、ユーザーにレンズ交換の楽しみを
与えて下さい。

リコーイメージング・アメリカのサイトには
すでに詳細が載ってますね…
新型ストロボも。

http://m.us.ricoh-imaging.com/camera-lenses#anchor5

欧米でのMSRPが出ていましたが思っていた以上に高いですね。現行が値崩れしすぎてた部分があったとはいえ、うーん。春先の価格上昇はこれの影響もあったのですかね?

ベンダ使いではないですが
よくΣのレンズの噂ではズームレンズを出してくれというのを見ます
果たしてこれはユーザーの欲しがるものとなるのでしょうか?

 これまた唐突感のあるリニューアルですね。良いニュースとも悪いニュースとも取れて判断に苦しみます。
 常々思ってるんですが、ペンタックスは情報公開が足りなさすぎます。ユーザーに向けて「今、なにをしようとしているのか、どういう方向性で取り組んでいるのか」という力強いメッセージを時々でいいから明確に打ち出して欲しいものです。
 他社は新製品がポコポコ出てくるし、発表会での発言なんかも伝わってくるのでユーザーにそういうのが伝わりますが、ペンタックスにはそれが全然無い。たまにデジカメWatchや海外メディアにインタビューがでても微妙な言い回しに終始しているし。これではユーザーはひたすら不安を募らせていくだけで、Kマウントを処分する人も増える一方でしょう。行き過ぎた秘密主義は百害あって一利無です。

他の人も書いてますが赤帯はHDコーティングのレンズの仕様でしょう。560mmやDFA645 Macro 90mm発表時のニュースリリースに

”新採用のHDシリーズを表す赤いアルマイトリングを配すことで、新しいHD PENTAXシリーズを明確にアピールする外観に仕上げています。”

”新採用のHDコーティングを表す赤いアルマイトリング”

とありますし。

内容的には正常進化というかコーティングは代えるでしょう。
出来ればもう少し先に進んでほしかった。WRくらいは…

15mmや21mmなんかはこっそりイメージサークルを拡大してくれると良いのだが。

それよりもfa limited3本が無いのが異常。
それこそコーティング変えるだけでも売れる。(欲しい)
QSF、WR化されたら、さらに売れる。(予約します)
(かといって旧limitedも手放さないと思います。)

35mm判の中でも1,2を争う85mmレンズの最高峰、FA☆85mmが不在なのが悲しい。

個人的にはLimitedの次は、★やDFAなんかよりも、キットに使うDA18-55WR/50-200WR/18-135WRのHD化を先に進めて欲しいかも。コストの兼ね合いから円形絞り採用は省略する事になるでしょうが、高画素機対応とHDコーティングで変わってくると思う。
そこそこ数が出るキットレンズこそ、全体的なイメージ向上に繋がると思うので。(マニア視点だと面白くないでしょうが)
各メーカーは定期的にキットレンズもリニューアルしていますし、来るべき高画素機に安心して使え、近年一番進化したと言われるコーディングの恩恵を裾野の広げるキットレンズから広めて欲しい。

DA16-45mmもHD化、高画素対応、WR化で復活すれば面白い存在になるかもね(16-45/50-200でキット化)

まぁ40mmltdに関しては、安価なXSと比べても負けてる部分があったので、リニューアルは良いと思うが、
ボケが綺麗な方がウレシイのは、15と70位?

既存のレンズのバージョンアップはそれほどリソースが割かれないと思うので、他にレンズが出ることを期待させますね。
コーティング技術も上がっているでしょうし、絞りも新しいようなので試してみたいです。
と言っても手持ちの一眼はDS2ですが(笑)

コーティングや絞りなど、コストがかかってる割に見た目の区別が付きにくいので赤リングなんでしょうね・・・

僕も個人的に緑が良かったかな。

ストロボともに、正式発表されましたね。
ストロボの方は買うと思います。

日本での店頭予想価格も出てきましたね。しかし、ご祝儀込みだとしても、古いレンズのブラシアップとしては高くないですか?特に21mmなんてスペック考えたら6万前後では売れそうな気が全くしないのですが、、、
あと他の方も言っていますが、防滴レンズの充実とズーム系のブラシアップもお願いしたいですね

15mmと35mmのシルバーが欲しかったので、私は歓迎です(緑帯が良かったけれども)。
k-5とk-01を持っていたのですが、wifi欲しさにnex5r、フルサイズ欲しさにd600と浮気していました。
露出やAWBなどはニコンの方が正確、wifiや像面位相差AFやルックスなどはソニーが先進的ですが、何より使っていて楽しいのがペンタ機の魅力じゃないでしょうか。
他社に浮気しつつもやっぱりペンタが好きなので、これを機に、またkマウントをメインにしようかなと思います。

DA14mmとDA12-24mmをHDコーティング&SDM化でリニューアルをお願いしたい。
とにかく、広角と超広角の単焦点に関しては、DA Limitedを除くとDA14mmしかラインナップに無いという手薄感...。(^^;

赤でも緑でもどっちでも良いけど、なんでDAは緑だったんですかね? 赤の方がロゴイメージに近いのにね。
早くコーティングの違いどんなものか見てみたいですね...

ゴースト低減の効き目があるなら、
現行モデルでゴーストに悩まされがちな
DA☆50-135あたりにHDコーティングはどうだろう。
結果が良ければ買い換えちゃうぞ。

スターレンズは順次HDコーティングモデルに置き換わっていくと思んだけど、そうすると、金帯+赤環ですか。組み合わせるとさすがにちょっとクドいかも。(^^;;


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年8月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがNFCを搭載した「NEX-5T」を正式発表」です。

次のブログ記事は「トキナーAT-X 12-28 PRO DX (12-28mm F4)の光学性能は旧型よりも若干改善されている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る