ライカ ズミクロンM 50mm F2 は価格は高いが素晴らしいレンズ

Photozone に、ライカ Summicron-M 50mm F2 のフルサイズ機(M9)によるレビューが掲載されています。

Leica Summicron-M 50mm f/2 - Review / Test Report

  • プレミアム製品から予想されるように、レンズの造りは素晴らしい。鏡筒は極めてしっかりとしており、それにもかかわらず非常にコンパクトだ。
  • フォーカスリングは申し分のない重さがありスムーズに回転する。無限遠から最短までの回転角はおおまかに言って90度だ。絞りリングは1/2段刻みで止まり、古いライカレンズと異なり、遊びがない。絞り羽根は8枚で、円形ではなくストレートだ。
  • 歪曲は0.18%の非常に小さなタル型で、スタジオのテストでは計測されるが、実写では全く問題がない。これは、マクロではない単焦点レンズとしては素晴らしい性能だ。
  • 周辺光量落ちはデジタルのMでは自動的に補正されるが、未補正の状態では開放で2.7EVをわずかに超える非常に大きい値だ。周辺光量落ちは、絞れば大きく改善するが、小絞りまで絞り込んでも0.5EVより小さくはならない。自動補正をONにすると、開放で1.5EVで、それでもなお多くの被写体で非常に目立つ。しかし、(自動補正ONで)F4以上に絞れば問題はなくなる。
  • 解像力は開放から画面全域でとても良好な値(very good)だ。F2.8に絞ると中央は素晴らしい値(excellent)に改善する。F4では周辺部と隅も素晴らしい値(excellent)になり、画面全域で素晴らしい解像力になる。
  • 倍率色収差は良く補正されている。開放では周辺部で1.3ピクセルをわずかに下回る値で、絞ると0.6ピクセルまで減少する。
  • 軸上色収差は、開放でわずかに見られるが、絞れば解消する。しかしながら、このテストでは絞るとフォーカスシフトが見られた。
  • ボケは前ボケはスムーズだが、これが通常の被写体で生きることはまれだ。より重要な後ボケは、開放では少しうるさいが、F2.8からF4に絞ると改善する。ハイライト(玉ボケ)は周辺部は口径食の影響で完全な円形ではない。絞ると多角形の絞りの形が現れる。F2では玉ボケに輪郭が見られるが、これは絞れば改善される。
  • Summicron-M 50mm F2 は素晴らしいレンズだ。解像力は開放からとても良好で、歪曲の問題は全くないが、周辺光量落ちはかなり目立つ。ボケは開放では少しうるさいが、絞れば若干改善する。レンズの造りは実に素晴らしく、使っていて楽しめる。唯一の欠点は、通常の単焦点としては価格がかなり高いことだ。それはそれとして、大いに推薦する。

 

光学性能は4.5点、機械的なクオリティは5点満点という非常に高い評価となっています(ただし、コストパフォーマンスは2点)。解像力は開放から隅までかなり高く、開放が弱いことが多い50mm F1.4クラスと比べると開放付近の解像力は安定していますね。歪曲や色収差も問題ありませんが、周辺光量落ちだけはかなり大きいようです。

2013年9月29日 | コメント(8)

コメント(8)

全く同じレンズを例えばキャノンの製品としてテストしたら、この評価を受けることはない、そんな感じがしますね。
レンズの「造り」こそ素晴らしいですが、ライカ信仰はまだまだ健在のようですね。

Nagisaさんがライカレンズを使った事があって言っていることを祈るばかりです。
最近、Nikonでレンズの味をも作れる技術を得たようですが、たぶんライカレンズも実態を丸裸にされた事でしょう。
信者だ信仰だなどと言う次元に居ないのこそが、これら魔法を使ったかのようなレンズを持っているメーカーなのです。
ただ、高いです。かなり(笑)

コスパの星は2個ですか
うーん、ペンタのDA★55も星2個ですが
コスパは同等といえるのでしょうかね。。。

ライカレンズはツァイスと比べると色がやや暖色に見え
コントラストは浅めでしょうか。
ぱっと見の画はツァイスの方がコクがあり好みなのですが
拡大してみるとライカはピント面のシャープさがスゴイ。

カメラの画像処理が良いのかわかりませんが
ツァイスとは異なる立体感があるような気がします。
データ的なものはありませんがアプローチが異なるのでしょうかね・・・

もちろん手が出せるお値段ではありませんが(笑)

50mmだったらアポズミクロンのレビューも是非お願いしたいです。ちなみにライカレンズは専ら他社ボディで使用していますが、信者がお布施として寄付しているものでは決してありません。

このレンズが素晴らしいのは間違いないでしょうが、確かにこのサイトの星印の基準はいつも微妙に意味不明だと思います。このレンズのコストパフォーマンスが二つ星だといったい一つ星というのはどんなレンズなんだろうと。それに以前コシナのマクロプラナーを持っていたのでどれぐらいの差があるか興味があって見てみたら、数値的には明らかにコシナの方が良いのにコシナの方が光学性能の部分で星が少ないですし。とはいえライカレンズの光学性能をちゃんと見れるところが少ないので、調べてもらってありがたいと思います。コシナZMもM9で調べてもらってどれぐらいの性能が出てるのか見てみたい人は多いんじゃないでしょうか。

ライカは、特に現行レンズはすさまじい性能ですよ。
アポズミ50mmなんか星5.5くらいつきそうですよね。
値段は性能以上にoutstandingですが・・・

>周辺光量落ちはデジタルのMでは自動的に補正
この価格帯のレンズまで補正ありきになってくるとは・・・なんか寂しく感じるのは、わたしだけでしょうか?

写真コンテストが加工技術大会になってしまっている現実もありますから、時代の流れなんでしょうけどね・・・

この値段出して良いレンズぐらいの評価は、そもそも『あるわっきゃない!』ぐらいのレベルでしょ。
最新のライカのレンズは、廉価モデルでも渋めの発色(やや低めのコントラスト)ながら、奥行きのある描写とキレのある解像感で、使ってこそ真価が判ると思います。
M6TTLで撮影した愛犬の写真は、最新のDSLRと異なる実に味わいのある表情です。ただ私の経済力ではデジタルライカは買えないし、ましてこのレンズなど夢のまた夢。と、言う事で私の評価は星二つ!(小市民の私は、この予算だったら最新ライカの50mmと35mmの2本のズミルックス買うと思います。)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年9月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF35mm F2 IS USM は動画ユーザーにお勧めのレンズ」です。

次のブログ記事は「ソニー E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS は望遠側の画質は良好だが広角側は不十分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る