オリンパスがE-M1 12-40mm F2.8 レンズキットが供給不足になる可能性があると告知

オリンパスが、E-M1 12-40mm F2.8 レンズキットが、供給不足により入手までに時間がかかるかもしれないことを告知しています。

E-M1 12-40mmF2.8レンズキットのお届け予定についてのお知らせ

  • 2013年10月19日に発売を予定しております「OM-D E-M1 12-40mmF2.8レンズキット」につきましては、予想を超えるご予約をいただいており、発売当初は十分な数量をご用意できないことが予想され、お届けまでにお時間をいただく場合がございます。

 

オリンパスE-M1 は、12-40mm F2.8 との組み合わせで最安値で20万前後と、m4/3としては比較的高価な価格設定でしたが、供給不足になる可能性があるということなので、予約は順調のようですね。

とは言え、この状況では早い時期の値落ちは期待できそうもないので、値落ちを待ってE-M1や12-40mm F2.8 を購入しようと計画していた方には、悩ましい情報かもしれませんね。

2013年10月 4日 | コメント(18)

コメント(18)

これはこれでプレミアム感が出て良いのではないでしょうか
妥協なくしっかりと作っていただきたい。

しかしどうしたのでしょうかね。
契約工場の人員を他にさかれてしまったのでしょうか?

ほっとしています!!
12-50mmレンズキット予約でよかった。
レンズは他のLEICAもあるし当面間に合います。

不足しているのは12-40mmのレンズだけのようです
ボディのみであれば供給は大丈夫そうです

レンズ単品は量販店予価¥89,800-。
ED75mmF1.8よりは安いんだぁ。と安心してしまった。

こういうアナウンスって、定番化していますね。
メーカとして初期流動のリスク配慮と、
人気あるんだなというイメージアップということでしょうか。
私は、無責任だと感じます。

ちょっと欲しいなーって思っていたところなので焦る気持ちも・・・w
レビューみてから決めようと思います
E-M1体験会で触ったら欲しくなってしまうかも(まだこれからの地域なのでまだ触ってないです)

品薄戦略というよりも、あまり在庫を持ちたくないのでは?

北米今にも死にそうですし…

12-40mmは単品で予約しているので、その発売日までには間に合って欲しいですね。

予防と宣伝を兼ねる上手い対応ですね。
善し悪し別にして、パナに足りない部分だと感じました。

他の方も言われていますが、過剰な在庫持ちたく無い、過剰な生産能力は持てないというオリンパスの懐事情故の生産遅延でしょうね。副産物として、プレミアム感やE-M1レンズキット盛況イメージの強調にも繋がりますが、生産出来るのにわざと生産絞っているわけでは無いと思います。

12-40mmレンズの生産量が追いついていないのでしょうね。発表当初より12-40mmレンズキット・同レンズ単体は発売時期がE-M1単体よりも後になっていました。そのことからも、12-40mmレンズの開発完了から生産立ち上げ/初期出荷分の在庫累積/サプライチェーンへの流通/発売開始まで、かなりタイトなスケジュールで進行していることは容易に想像できます。E-M1と歩調を合わせるに頑張っている(無理をしている)のでしょう。

ZDレンズのSHG、いわゆる松レンズではごく限られた社員しか(技能的に)担えない工程があるそうです。今回の12-40mm(PROシリーズ)レンズでも、松レンズに匹敵する性能・品質を狙っているのであれば、特定工程・特定熟練工の処理能力が生産量のボトルネックになっているとしても、不思議ではありません。あるいは、初期ロット品において性能・品質上の到達目標に対する歩留まりが伸び悩んでる、なんてことも想定できます。いずれにせよ、発売開始時に市場からの引き合いが強いからといって、メーカー・工場は一朝一夕で生産規模を急拡大できるわけではありません。我々消費者側もそうした事情を多少なり斟酌して、心穏やかに待ってみるとよいかと思います。

何やかやで、良い情報でしょう。
自分は本物の良い品を買ったと言う喜びにつきますね。( ´∀`)
予約して正解と思いました。
御祝儀価格は早く使いたいので、まあいいか。
ニコンD800EやD4の時も同じでした。人気がでるのは当たり前。
良い物は良い。質感がそう想わせます。

月産台数が決まっていてそれを超えたから、
納期に時間がかかるって話でしょ。

昔と違って沢山作って在庫を持つより、
メーカーの生産ペースに合わせて作った方が合理的ですからね。

供給不足もメーカーのひとつの戦略ミスです。

まぁ、生産速度と在庫スペースがあまり調整できないのかもしれませんが…

bunzo78さん、

全くその通りです。需要予測ができていないという意見もありますが、発売までのタイトなスケジュール、増やせない製造ラインを鑑みれば、本当に良いレンズは待ってでも買うのが当然だと思います。

エントリー機みたいに数出るカメラでもないですから、見積もりミスというよりは単純に初期需要に生産ラインが追いついてないだけでしょう。

いずれにしても、メーカーの都合であって、ユーザーにとっては、迷惑な話です。10/3に発売日を知らせて、10/4に間に合わないかもって・・・。

もともと、12-40mmだけ発売日が今月下旬になってましたから、遅めの予約の人は今月中の入手は厳しそうですね。
私は初日に予約申し込みましたからなんとかなるかな…


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年10月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-A1 はX-Transを採用するX-M1をしのぐ高感度性能」です。

次のブログ記事は「パナソニックGM1には新しい種類の機械シャッターが採用される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る