ツァイスが5本のフルサイズ用のEマウントレンズを開発中?

SonyAlphaRumors に、ツァイスのMFの新しい交換レンズ群に関する噂が掲載されています。

(SR4) Zeiss working on five manual focusing FE lenses (launch Photokina 2014)

  • 2-3週間ほど前に、ツァイスは公式フェースブックで、新しいフルサイズミラーレス機のためのMFレンズ群を既に開発していることを発表している。

    これらのレンズには、カメラにEXIFデータを伝えるためのインターフェース(電子接点)が搭載される。発売は2014年の終わりが予想されている。現時点では、これ以上の情報はない。

    ソースの1人が、ツァイスは5本のFEの単焦点レンズをフォトキナ2014で発表する計画だと教えてくれた。これらのレンズは高価だが、トップクオリティのレンズだ。

    これは私の希望のレンズだ: 15mm F4、21mm F2、35mm F1.4、50mm F1.4、85mm F1.4。

 

ツァイスのEマウント用レンズでは、既にAFのTouitシリーズのレンズがありますが、このシリーズとは別にマニュアルのEマウントレンズ群も登場するようですね。新レンズ群は敢えてMFにしているので、Otusのような超高性能レンズになるのでしょうか。

ソニーのフルサイズのEマウント用レンズは、ほどほどの明るさのレンズが中心になるようなので、本家ツァイスが大口径レンズを出せば、純正と棲み分けできてちょうどいいかもしれませんね。

2013年11月29日 | コメント(21)

コメント(21)

Distagon1.4/35欲しいですね・・・
価格がOtusまでいかないのを祈るばかりです。

おおお!マクロプラナーの60mmもお願いしたい。
是非マクロプラナーを!

Touit Otusがどこで作られているのか知りませんが、コシナのサイトにZMマウントと並びFEマウントが出てくる感じではなさそうですね。

しかしこうなるとパナソニック製ライカのような単なるリバッジモデルでいいので、ぜひ本体もCONTAX銘のを出してほしいですね。

自分もマクロプラナー60mmを希望
FEなら京セラコンタックスのリバイバルになるので

高価で高性能なMFレンズとのことなので我々庶民には手が出ないシロモノですね。等倍マクロ(60mmまたは90mm)はOSS付きでソニーツアイスならばf4でもいいのかも(OSSが付かなければデカイf2.8になるので)。いっそのことマクロが得意なタムロンがだせば良いと思います。あと、残念乍らa7はシャッターボタンの位置の悪さだけでもCONTAX銘をつけれる程の練度ではないと勝手に思っております。

プラナーは出ないような気がしますので・・・?
15mm・18mm・25mm・35mm・あたりでしょうか。
200mm(アポゾナー)ならサプライズものですね。

既に開発中でいきなり5本も発表ですか。
どうやらツァイスは本腰を入れてフルサイズEマウントに戦力を集中するようですね。

レンジファインダーZMタイプの構成ですかね。
それとも、新たに設計し直しですかね。

2014-2015にはフルフレームのレフレスカメラが
SONY以外からも発表されるようですので
   2社?
これらにも対応したツァイスレンズになると
高価で少ないながらも、少しは売れるでしょうから
その分お手頃価格になると
相乗効果が期待できますね。

いずれにしましても、楽しみですね。

3代目Hologon。
…は無理でしょうね~。

これらに遠慮して、もしくはこれらがラインナップされているから必要ないと、
ソニーから同画角の明るいAFレンズが出ないのは遠慮したいです。
むしろGのAFレンズで挑戦してもらいたいですね。

フランジバックバックが短いので、高性能の超広角レンズを期待します。フジに早くフルサイズミラーレスを出してほしい。
もう1社はどこでしょうか?

FFミラーレスへの新規参入2社はフジとニコンだと思います。特にニコンはDfて既存ユーザーへの禊を済ましましたので今後なにをやっても許される立場になったと思います(おそらくFFミラーレスでもFマウントは継続するでしょうが)。しかしOPTIAを利用して開発した高性能レンズならばツァイスを頼る必要は全くなくなるとは思いますが(ツァイスレンズの特性すらも解析してしまうでしょうから)。

楽しみですね。ソニー以外からもミラーレスに参戦があるとシグマあたりもレンズ作ってくれそうですね。いっその事シグマにもミラーレスで参戦して欲しいです。
そうするとベイヤー、X-trans、Foveonと特徴あるセンサーがそろいますね。
ミラーレス陣営でユニバーサルマウントの規格を立ち上げてくれたらレンズとセンサーに無駄がなくなっていいんですけど。。キャノン、ニコンのレフ機に対抗するにはそのぐらいして欲しいなあ。

またまたfrom naganoさんから気になる情報がw
フジ、サムスン、ライカ、ペンタックス辺りですかね。
フルサイズとミラーレスはとても相性がいいので、FFミラーレスが盛り上がるといいですね。
ZEISSはちょっと高すぎるのでタムロンやシグマにも期待したいです。

MFオンリー故に超高性能で高価なレンズよりも、現行AF付きレンズと変わらない画質でMFオンリーの安価なレンズの方が需要あると思うんだけどなぁ。
ただまぁブランドイメージ的にも安価なレンズは作らなそうだけど。

60mmマクロプラナーはマストでしょう
15mmF8は夢が膨らみますが今回はF4ビオゴンでしょうか

いやー正直MFなら、Aマウント+LA-EA3がありまっせ。

ってミラーレス用のフランジバック短いのをだしてくるのかなぁ。
だいたいアダプターぐらいの長さをレンズが持つケースがありますけどね
(あだぷたー、てつたあいれるのと変わらない。)

おそらく高額レンズで自分には手が出ないでしょうけど、TouitやOtusみたいなやわゴムフォーカスリングはやめてほしいなぁ。
ローレット付きでないと魅力を感じられないのでお願いします。

距離目盛は是非付けて欲しいです。

もう他社からフルサイズミラーレスが出るんですか、、、
スペックを考えると、α7/7Rは三日天下に成ってしまいそうですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年11月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスが2014年に7-14mm F2.8 PRO を発表? [内容更新]」です。

次のブログ記事は「オリンパスの超広角ズームは来年のフォトキナで発表されるが発売は2015年になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る