DxOMark にシグマ18-35mm F1.8 DC HSM のスコアが掲載

DxOMark に、シグマ18-35mm F1.8 DC HSM のスコアとレビューが掲載されています。

Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM A Nikon mount lens review: Unrivalled Standard Zoom

(テスト機はD7100) S18-35F1.8 S17-50F2.8OS T17-50F2.8VC N18-35f3.5-4.5G
DxOMarkスコア 28 20 18 20
解像力 17P-Mpix 14P-Mpix 13P-Mpix 11P-Mpix
透過 2T 3.3T 3.4T 4.3T
歪曲 0.4% 0.3% 0.3% 0.4%
周辺光量落ち -1.3EV -1.1EV -1EV -0.7EV
色収差  8μm 10μm 5μm 7μm

 

  • D7100のテストでは、シグマ18-35mmは17P-Mpixの非常に高い解像力で、これに唯一匹敵するのはシグマの50-150mm F2.8のみだ。中央は開放から全域で非常にシャープなだけでなく、周辺部の落ち込みも7%未満でとても良好だ。解像力のピークはF5.6で、ズーム全域で隅々までシャープになる。
  • 歪曲は18mmでは多少のタル型、望遠端では糸巻き型が見られるが、極めて穏やかだ。
  • 周辺光量落ちと色収差はどちらも少ないが、意外にも、色収差は18mmよりも24mmで目立つ。透過は、ほぼ一貫して2Tで素晴らしい。
  • シグマ18-35mmと比べると、タムロン17-50mmとニコン18-35mmの全体の画質は、数段後れを取っており、どちらもシグマの高い解像力とズーム全域の均一性には及ばない。解像力以外では、歪曲と色収差はシグマはライバルと同程度の性能だが、透過は比較にならない(シグマが良い)。
  • 賞賛を受けた35mm F1.4の後で、シグマは18-35mm F1.8で同レベルの成功を収めた。ズームレンジの狭さと重さに若干の批判はあるが、このレンズは依然として最新のレンズ設計で達成された際立った例であり、価格も手頃だ。

 

各所のレビューで高い評価を受けているシグマの18-35mm F1.8 ですが、DxOMarkの総合評価も非常に高く、特に解像力に関してはズバ抜けていますね。その他の項目も優秀で、光学性能は全く問題なさそうです。手ブレ補正が必要なければ、APS-C用の標準ズームではこのレンズが最有力候補になるかもしれませんね。

2013年11月20日 | コメント(22)

コメント(22)

加えて、AFも必要無ければ・・・かな?

CANONにて愛用しています。
このレンズを使用してからは、フルサイズ機に対するこだわりがなくなり、EF70-200F4L(is無し)と組み合わせて最高の写り。レンズ選択の迷いがなくなりました。

ペンタックスで使えば手振れ補正も効くのでまさに鬼に金棒ですね

PENTAXは未定・・・お待ちしております。

この完成度に引き続いて
50-85や85-135などの画角の
低倍率高画質ズームに期待したいですね

EOSマウントで使用しています。
解像力は全域でとても素晴らしいと思いますが、後ボケが全然溶け込んでくれないのが残念です。
ボケ味だけならばEF35mmF2ISの方が美しいです。

私はニコン純正信者なのですが
この18-35は量販店で試してみましたがイイですね~
写りはともかく、質感が素晴らしい
今までのsigmaレンズとは別物です。

APS-C専用と超広角域を含むフルサイズ用の画質を比べるかなぁ。。。

nagaさん
望遠は50-150で十分以上では?

SONY αのAPS機には最高の相棒ですね。
特にレンズの解像度に酷く左右されるα77にとっては
救世主のようなレンズに感じます。
標準から広角までと普段使いにとてもよいレンジなのも
魅力です。

APS専用にしては重くて大きいですが。

こういうの見るとやっぱり欲しくなりますね。
ま、Kマウントがいつ出るのか知りませんが。
K-3をスルーしてこっち待ったほうがシアワセかなあ。

eマウントで早く出して欲しいのです
使いたくてうずうず

このレンズを使い始めてから、所有している単焦点(28,35,50)は全く出番がなくなり、処分を検討中です。
AF動作音がSTMのように非常に静か&滑らかなので、70Dを入手し動画を撮影してみたいですね!!
手振れ補正があれば無敵なレンズですよ。

やっぱり超絶性能ですね
電池の持ちが倍くらいあればこいつを積んだDPもいいと思いますが、今のスタミナだと持ち替えのほうが遥かに便利ですね
この調子でミラーレス用に8-16F1.8とか出ないでしょうか
最近のシグマは驚きと次への期待を膨らませてくれてワクワクします
ツァイスは夢ですが現実的な価格なのも素敵

シグマのARTのラインナップはどれも所有欲をわかせてくれるものばかりで本気を感じます。

こいつのKマウント用が出たら
K-3と同時に購入します。

前述のコメントに関してですが、
このレンズがあったらAPSで充分だわ!
くらいの意味でFFへの煩悩が
退散する位の個人的な意味でしかないですよ。

いま一番欲しいレンズです♪
これこそ本当の意味で単焦点レンズ数本分を、1本で賄える凄いズームだと思います。
ぜひK-3にも着けてみたい!
シグマさんお願いしますよ♪


eマウント版を是非。
多少大きくても需要はかなりあると思いますよ、シグマさん。

スコア28、解像力17は確かキヤノンだと並単や100mmマクロを5D2とかで出た数字とほぼ同じですね。
と言う事はこのレンズを着け70Dで撮ったのと、5D2に35mmf2で撮ったプリントが同じような解像感に上がると思って良いのでしょうか?

SONYのAマウントでの使用を楽しみにしています。
シグマレンズの各マウント発売順のスケジュールから言うと
Aマウント用は来年の2月ごろかなと期待しています。

Aマウントを
ずっと待ってるんですが、
いつ出るんでしょうね。
30mmf1.4のAとKが
1年後の発売だったので
6月になるのでしょうか。
シグマさん、できれば増税前にお願いします。

発売日が6月20日に決定しました。α77Ⅱの発売に合わせたのかな?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年11月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスOtus 1.4/55 はこれまでテストしたどのレンズよりも高解像力」です。

次のブログ記事は「2014年中にキヤノンの新型EOS-1Dが登場する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る