パナソニックLumix G X VARIO 35-100mm F2.8 OIS はほとんど不満のない高性能なレンズ

Photozone に、パナソニック「Lumix G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.」のレビューが掲載されています。

Panasonic Lumix G X VARIO 35-100mm f/2.8 Power OIS - Review / Test Report

  • このレンズの全長はわずか10cmで、驚くほどコンパクトだ。鏡筒は金属とプラスチックがしっかりと組み立てられており、素晴らしいクオリティだ。
  • ズームリングとフォーカスリングは、非常にスムーズで均一に回転する。ゴムが巻かれたズームリングは、ひどくゴミがつきやすい。
  • AFは高速で実質的に無音のリニアモーターが採用されている。フィールドテストでは、AF精度の問題はなかった。MFはバイワイヤ(モーター駆動)だが、出来は非常によく、(機械式との)差は全く無い。距離目盛りは省略されているが、モニタやEVFに撮影距離を表示することができる。
  • 歪曲は自動的に補正されるのでズーム全域で目立たないが、未補正のRAWでは35mmで3.5%で、これは極端ではないがかなり大きな値だ。望遠側では70mmで1.5%で歪曲は改善し、100mmでは概ね無視してよい値になる。
  • 周辺光量落ちは、自動補正されるので大きな問題はない。F2.8では若干周辺光量落ちが目に付く(0.72~0.87EV)が、1段絞ると無視してよい値(0.33~0.43EV)になる。未補正のRAWでは、周辺光量落ちは35mm開放で1.3EV、100mm開放で1.2EVでいくらか目立つので、補正無しで処理したい場合は、周辺光量が目立つシーンでは1段絞るのが望ましい。
  • 中央の解像力は開放からズーム全域で見事な値だ。100mm開放では解像力はわずかに低下するが、F4に絞れば回復する。周辺部は概ねとても良好(very good)で、隅は良好(good)~とても良好(very good)だ。このレンズの解像力は、高い期待に(少なくとも大部分の点で)応えるものだ。
  • 像面の湾曲は概ね少ない。センタリングの品質(偏心)は、テストした個体では良好だった。
  • 倍率色収差は、開放では平均1ピクセル、中間の絞り値では平均0.7ピクセルで、低い値だ。色収差が自動補正されているかどうかは、はっきりしない(RAWでは色収差はごくわずかに大きな値になる)。
  • ボケは満足のいくものだ。重要な後ボケは滑らかだが、前ボケは若干うるさい。ハイライト(玉ボケ)は円形だが、若干同心円状になり、絞るといくらかこれが強調される。
  • 軸上色収差は開放でもごくわずかで、ほとんどスーパーアポレンズだ。これはとても珍しいことだ。F4に絞ると軸上色収差の痕跡はなくなる。
  • このレンズは高価だが、高い評判に沿うもので、ユーザーの観点では、ほとんど不満な点はない。全体として高性能なレンズで、大いに推薦する。

 

光学性能の評価は3.5~4点で、とても良好な評価となっています。解像力は開放からズーム全域で安定していて、望遠端での落ち込みも少ないので、使い勝手はとてもよさそうですね。色収差や周辺光量落ちも良好な値で、軽量コンパクトなレンズですが、光学性能はかなり優秀という印象です。

2013年12月 2日 | コメント(7)

コメント(7)

やっぱりレンズの大きさも含めると、m4/3は圧倒的にコンパクトだよな。

このレンズは、開放での口径食だけが今一ですが、それを割り引いても、十分高性能なレンズです。
大変満足感が高いですね。
指摘のズームのゴムのゴミの付きやすさは、パナのどのレンズにも言えることなので、改善して欲しいところですね。

ゴムの無料交換サービスを実施してくれないかな。

あとは、使い勝手の良いZD12-60mm/F2.8-4.0のm4/3版をパナに出してもらいたいものです。
併せて60-300mmなんてものが出てくれば、この2本で大抵の用途に対応できるので期待しています。

撮影距離が表示されるって本当ですか?知りませんでした。チューリップと山のマークのゲージなら知ってますけど、あれのこと?距離は表示されません。オリンパスなら表示されるんですかね?

>距離目盛りは省略されているが
なのであのバーの事だと思う

パナ機は知りませんが、オリ機のモニタやEVFに撮影距離は出てきますね。
このレンズに限ったことではありませんが。

連投すみません
撮影距離ではなく画角ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2013年12月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの新しいフルサイズ機は控えめに高画素化される?」です。

次のブログ記事は「パナソニックがGMのカラバリの試作モデルと交換レンズのモックアップを展示」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る