タムロンSP150-600mm F5-6.3 Di VC USD は低価格だが良好な解像力

ePHOTOZine に、タムロンSP150-600mm F5-6.3 Di VC USD のレビューが掲載されています。

Tamron SP 150-600mm f/5-6.3 Di VC USD Lens Review

  • このレンズは非常に大きいが、重さは1951グラムでそれほど重くはない。防塵防滴は謳われていないが、マウントはゴムでシーリングされている。
  • AFは超音波モーターで非常に速く正確だ。
  • フォーカスリングは十分な重さがあり非常にスムーズで、微調整も快適に行うことができる。フォーカシングはインナーフォーカスで、95mmの巨大なフィルター枠は回転しない。
  • 手ブレ補正は、手持ちで1/40秒でおおよそ半分のシャープな画像が得られた。これはおおまかに言って4段分の効果だ。
  • 解像力は150mmでは中央は開放から素晴らしい値(excellent)に近く、隅もとても良好な値(very good)だ。F8に絞るとベストの性能になり、このとき画面全域で卓越した解像力(outstanding)になる。
  • 300mmでは、中央は高い解像力が維持されているが、隅はまずまず良好(fairly good)のレベルまで低下する。絞ると全体に改善し、ピークはF8-F11で、このとき画面全域で素晴らしい解像力(excellent)になる。
  • 600mmでは、中央の解像力は、開放からなおとても良好(very good)で、隅はまずまず良好(fairly good)だ。300mmの時と同様に、F8-F11がベストで、このとき中央は素晴らしい値(excellent)に、隅はとても良好な値(very good)になる。
  • 色収差は超望遠レンズとしては極めてよく補正されている。色ズレは最大で0.5ピクセルをわずかに超える非常に低いレベルで、大伸ばしやトリミングでも全く問題はないはずだ。
  • 周辺光量落ちは150mmでわずか1.12EV、600mmで1.38EVで、よく補正されている。ズーム全域で1段絞ると見た目には均一になる。
  • 歪曲は150mmで1.44%、600mmで1.16%で、ズーム全域で穏やかな糸巻き型だ。歪曲は低いレベルで、直線的な被写体でも目立たないはずだ。
  • 逆光では、eBANDコーティングによって、ライトが画面に入っている場合でもフレアは抑えられ、コントラストは良好に保たれている。フードは必ずしも常に必要ではないかもしれない。
  • 発売時の価格は949ポンドで、これは600mmのレンズとしては極めてリーズナブルに思える。
  • 150-600mmはライバルよりも望遠端を更に伸ばしているが、それでもなお、リーズナブルな価格のレンズとしては良好な解像力だ。初値は949ポンドで、廉価な600mmレンズを探しているフォトグラファーには、まさに唯一の選択肢だ。
  • 良い点: ズーム全域でとても良好な中央の解像力、良好なコストパフォーマンス、良好な造り、色収差が極めて少ない、歪曲が小さい、逆光耐性。
  • 悪い点: 防塵防滴が謳われていないこと。

 

解像力は、さすがに高価な単焦点の超望遠レンズほど高くはありませんが、開放から十分に使える値で、望遠端でも実用的な解像力を維持しているのは価格を考えると立派ですね。色収差や周辺光量落ち、歪曲も優秀で問題はなさそうです。

サンプルは高感度で手持ち撮影されたものが中心のようなので、低感度で三脚を使って撮影したものも見てみたいところです。

2014年1月25日 | コメント(10)

コメント(10)

こういうレンズがペンタにも欲しいんだけど。
K-3の性能活かせるレンズの一つだと思うし、フルフレームだしてないならこういうレンズはAPS-Cの望遠効果メリットのアピールになるんだけどなぁ。
まあ無理な望みばかりしてるより、マウント替えの方がスッキリしそうです。

純正派ですが、このクラスの純正(単玉)は高くて買えません。
発表時から注目していたのですが、この評価だったら迷わず買えそうです。
Nikon用を早く出してください。
ついでに、D400も早くおねがいします。

レビューでは5D3でしたが、7DだとAFどうなんでしょう?画質が良いようなので気になります。

カカクコムでは、AFの迷いとVC誤動作によるブレが
報告されていますね。予想通り、動体撮影には
向いていないレンズのようです。VCに流し撮りモードを新設して、制御を変更してほしかったですね。

新七さん、同感です。
以前はタムロンもシグマもペンタックス用出してくれたのですが、最近はソニー用は出してもペンタ用は出ないことが「普通」になっちゃいました。ペンタックスにこそこのレンズは必要。手持ちの機器を考えるとマウント変更も難しいところがあるので、タムロン様、ぜひぜひペンタ用をよろしくお願いします。絶対に買いますから。

タムロンさん本当にペンタックスは長いレンズ少ないので、Kマウントで出して欲しいです。

価格コムをずっとウォッチしてて、動体は撮れないかなぁと思っていましたが、最近考えを変えました。
どうも彼らは鳥さんを相手にする前提でAFやVCを語ってるように思えるので、飛行機鉄道が被写体の私は問題ない気がしています。
NIKON用はやく!

ソニーよりもリコー(ペンタ)の方がまだシェア高いはずですが、レンズ買わないユーザーの比率が高いんでしょうかね。不思議です。

これは楽しみなレンズですね !
Canon用がバカ売れのようですが、落ち着いてからNikon用を発売するのでしょうか ?
野鳥シーズンが終わってしまわないうちに手に入れたかったのですが。。。
それから、フォーサーズ・マイクロ用は予定がないのでしょうか ?
マイクロは300mm以上のレンズが無いので、絶対に売れると思います。
私は多分、即ポチですね !
タムロンさん、お願いします。

>田中さん

ボディー一台あたりのレンズ販売数は一眼レフ販売会社の中で
ペンタが一番という統計がありますから、ボディーの数を勘案
してもペンタ用がソニー用よりは売れるはずですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2014年1月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスOM-D E-M10の前面・上面・背面の画像」です。

次のブログ記事は「Phase One がソニー製CMOSセンサーを採用した中判デジタルバックを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る