DxOMarkにタムロンSP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD のスコアが掲載

DxOMark に、「Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD」のスコアとレビューが掲載されています。

Tamron 150-600mm f5-6.3 Di VC USD Canon mount lens review: New contender 

 (テスト機は5D3)   Tam150-600VC  Sig150-500OS   EF100-400IS 
DxOMarkスコア 17 16 16
解像力 14P-Mpix 13P-Mpix 13P-Mpix
透過 6.6T 6.6T 6T
歪曲 0.4% 0.3% 0.3%
周辺光量落ち -0.9EV -1.3EV -0.9EV
色収差 8μm 8μm 8μm


  • 5D3のテストでは、ズーム全域でよく補正されている。解像力はズームの望遠端に近づくにつれ徐々に低下するが、600mmでF8に絞ると解像力は顕著に改善する。色収差は大部分のズーム域でよく補正されており、600mm F8でピークになるが、それでも隅で9.4μmのまずまずの値だ。
  • APS-Cの7Dでは総合スコアは10点で、残念ながらズーム全域で解像力が低く(6P-Mpix)、400mmから600mmのズーム域では顕著に低下する。周辺光量落ち(-0.3EV)や歪曲(0.2%)は予想通り少ないが、色収差(8μm)は望遠端では若干大きい。
  • シグマ150-500mmとの比較では、タムロンが全体の画質でリードし、ピークの解像力も高い。これは、タムロンの望遠端が長いことを考えると素晴らしい成果だ。両者は300mmまでは似た性能だが、それ以降はタムロンが若干リードしている。とは言え、タムロンは600mmではシグマの500mmよりも甘くなる。
  • キヤノン100-400mmとの比較では、意外にも150-300mmでタムロンが若干シャープだが、400mmではキヤノンに敵わない。しかし、キヤノンは400mmでは周辺光量落ちが大きく、倍率色収差も目立つ。
  • もし、タムロンがシグマ150-500mmを倒すためにこのレンズを造ったのなら、これはフルサイズでは成功している。このライバルへの優位は、APS-Cではそれほど目立たない。タムロンは高価なキヤノンをも凌いでいるが、APS-Cでは差が小さくなる。タムロンは(このクラスの)最初のレンズとして魅力的だ。

 

タムロン150-600mm はスペックの割りに比較的低価格なレンズですが、性能的にはライバルをしのぐ立派なものですね。600mmでは解像力が落ちるようですが、F8に絞ると大きく改善するので、望遠端も十分に使えそうです。

2014年2月16日 | コメント(27)

コメント(27)

そのうちシグマも対抗して600mmズームを出してくるでしょうね。期待しています。

私の乏しい知識ではAPS-Cはレンズの中心を使うから
フルサイズより有利と聞きましたが、なぜこのような
現象が起こるのでしょうか?

5D3の画像処理技術が素晴らしいと言うことですか?

フォーマットが小さいほどレンズへの要求性能が高いのは当たり前では

EF100-400って次期様待望論久しい気がしますが、
この手のスペック勝負記事では何時も勝ってる気がしますが、
実際、現行EF100-400ってなんか問題あるのですか?
理想はさておきコスパ的には問題あるのかないのかそこがユーザー的には気になるというか・・・

ニコン版が出るのを楽しみにしているんですが (D7000 で使用予定)、
スコアだけ見ると Sigma 150-500 との差が思ったより小さいですね
それでも少しは画質が上で 600mm まであるので、
僕みたいな超望遠を新規で購入する層には充分魅力的ですが…

> タムロンは600mmではシグマの500mmよりも甘くなる。
どうやって比較したんでしょうね?

のっぃさま
(基本的に効果はおまじない程度と思っておかなければいけないとはいえ)防塵防滴じゃないのが痛いです。
手振れ補正の設計が古いので補正の段数が少ないです。

個人的にはデジタルがここまで発展するとは想定していなかったころのレンズだと思いますので、それを踏まえた新しい考え方を取り入れたレンズを見てみたい、というのがあります。

5D3ではまずまず、7Dではいまいちという事ですね。

100-400も7Dではダメダメレンズでしたが5D3ではピント精度共に見違えるようです。

APS-Cでテレ端稼ぐよりも素直に5D3等を使ってトリミングもしくはテレコン入れた方が結果良しのような気がします。

安価で600㎜ズーム、ダメ元で試してみたくはなります。

>ひかりのまち様
フォーマットが小さいとイメージサークルの中央付近しか使用しないので、周辺光量落ちの面や中央周辺で画質の差が大きい場合などでは有利になります。

しかし、フォーマットが小さいと(画素数にもよりますが)画素ピッチが狭いのでその分レンズへの要求精度が高くなります。

ひかりのまちさん

5D3はフルサイズ22百万画素ですので、APS-Cだとその1/1.6^2=1/2.5ということで8~9百万画素程度の場合で比較するならおっしゃる通り、レンズ中心部を使う効果で性能が上がります。

ところが7Dは18百万画素ありますので、5D3で使う場合より2倍の解像性能が要求され、したがって7Dでの評価が下がっています。

逆に言うと5D4で18×2.5=45百万画素クラスになったとすると、今回の7D並みの評価になるのでしょう。

fnさま

アドバイスありがとうございます。
良く理解できました。
今は撮ることに夢中で理論や基本知識が不足しています

>私の乏しい知識ではAPS-Cはレンズの中心を使うから
フルサイズより有利と聞きましたが


APS-Cはレンズ周辺は使わないので周辺描写の悪化はAPS-Cが少なくなるのでその分周辺部が流れたりせず良く写る傾向はあります。
でも、画素ピッチの関係でレンズの解像要求については他の方の言う通り。

つまり、
これらは別事象ですね。

単一の理屈だけでレンズとセンサーのマッチング(性質)は語れないということだと思いますよ。


このごろのタムロンのレンズは、特別尖った性能ではないけれど、新製品としては十分進化しており、ソツなくまとめている感じがしますね。

> のっぃさん
EF100-400は耐久性が低いのか使ってるうちに描写が怪しくなるという趣旨の話はチラチラ聞きますね

APSでは差が小さいというのがちょっとガックリな結果ですね。後出しなので一番高性能なのかと思ってましたが、そこまで差が出ないというのが意外でした。
600mmではシグマ500mmよりも甘くなるというのは、
ちょっとズーム倍率で無理をし過ぎたという事でしょうね。

DxOMark でSigma 50-500mm F4.5-6.3 APO DG OS HSM Canonと比べたら、ほとんどおんなじでした。
個人的には600はほしいですが最短撮影距離の短いsigmaの勝ちですな。

ズーム倍率、焦点距離、重量、サイズ、価格・・・
トータルをみて考えれば、驚異的な性能ですね。

鏡筒が長く伸びるので、その対策があるといいですね。
学生時代にシグマの伸びるレンズを使っていましたが、
ゴミ巻き込みに気を使っていたことを思い出しました。
蛇腹か何かで鏡筒を覆うパーツとかってあるんですかね・・・
超望遠は使わんので、無知ですいません。

シグマは新型の50-500があり、あれはDoMarkもデータ持っているのに
なんで旧型の150-500との比較なんでしょうね。勿体ない。
あと気になる所はAFの速度ですね、超望遠だと特に重要ですし。

画質については可もなく不可もなく・・・といったところなのでしょうか。
昨日CP+でニコン版を触ってきました。デモ用にはD610との組合せでしたが、AFについては、D610のAF-Sで使った限りではシグマの50-500に比べるとかなり良いレスポンスと感じました。爆速ではないですがマズマズのレベルだと思います。
画像を持ち帰ったわけではないので画像の評価は発売後なのでしょうが購入候補にはなりそうです。

Sigma50-500OSは150-500OS後継じゃなくて、OSなしの50-500の後継ですよ。150-500OSは今でも現行モデルです。

APS-Cはフルサイズより拡大率は大きくなるから多少は解像度が落ちたように評価されるとおもってはいましたが、ここまで落ちるとは思いませんでした。

センサーのピクセルピッチに依存するという結果でしょうが、そうなるとD800EとD7100での評価が欲しい処ですね。Canonボディーを用いた評価と異なる程度が知りたいです。

Nikon用購入を考えていましたが、評価待ちかなという気持ちです。

CP+で見た限りは600mmなかなかのカリカリレンズだったんですがね。
やはり、比べる先が純正単焦点しかないとなると評価は厳し目になるのでしょうか。
AFに関しては600mmにおいて
7D:使えなくはないが、鳥、飛行機は厳しいかな
5D3:鳥、飛行機に使えるが、苦労する部分もありそう
D800E:AF-Sなら高性能

ってな感じでした。

dp2クアトロさん
>Sigma50-500OSは150-500OS後継じゃなくて、OSなしの50-500の後継ですよ。150-500OSは今でも現行モデルです。

いえ、そういうシグマの系譜的な話ではなくタムロンの最新ズームと比較する際に
単純に新しくて価格もどちらかというと近い50-500があるのに
なぜ古くて一回り安い150-500を持ち出すのかなと思った次第です。
ワイ端は近いですけど、ここは望遠域の画質を確保出来ているのであれば
ズーム比が大きい方がプラス評価されてもいい所でしょうし。

やはり超長焦点のレンズの場合、設計だけでなく、製造精度を極限まで突き詰めないと、解像度が低いという事につきますね。
オリンパスの300mm/F2.8のように、60本/mmのMTFを公表していないレンズの場合、30本/mmのMTFがそこそこでも、3.7~3.9μmクラスの撮像素子だと、ボケボケという感じになりそうですね。
手持ち撮影が楽にできるのは500~600mmが限界だと思いますので、やはりAPS-Cやフォーサーズ用にF5.6程度の超高解像度の超望遠ズームを出して欲しいですね。
フォーサーズ用にSIGMAの50-500mm/F4-6.3が旧モデルの2倍以上の解像度で出てくれたら、最高なんですが…

このレンズの購入を考えてたのですが、APS-Cでの低評価が、残念ですね。
より一層、EFの100-400の後継が楽しみに・・・


ずんさんへ
横から失礼します。
EF100-400ISではなく、EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×でと言われたらどうでしょう?
400mm*1.4=560mmと望遠端が600mmと近いですし。最新ですよ?と・・・

なので、焦点域が近い150-500でいいのではないでしょうか。

皆様アドバイスありがとうございます。
大変良くわかりました。

EF100-400の最安値が15万を切ってますからね。
単純な数値指標を気にするならモデル末期でも
純正を買う方がいいんじゃないでしょうか?
シグマにしろタムロンにしろ色乗りが純正と
少しずつ違うわけだし、描写の特性も違います。
元々低い価格に対して大きなメリットがあるこのレンズ、
(同時にデメリットもあるでしょうが)
被写体が何か?被写体までの距離は?三脚使うか?
こういう条件で価格に見合う、またはそれ以上と
思えるユーザーは居ると思います。

CP+でタムロンでペンタックス用の発売を聞いてみました。
即答で「売れないから出しません」との事。
まぁそうでしょう、純正300mm F4単さえ売れないのだから。
しかし日本国内だけではなく、ワールドワイドでも
ペンタユーザーは広角~単焦点に偏ってるのかな?
レンズが無いから偏るのも仕方ないことです。
しかしこの150-600に限らず、新しくリリースされる
タムロンのレンズがKマウント向けに出ないのは、
やはり全体的に売れないということか。
そんな事を思いました。
この150-600、超望遠で考えたら僅か11万、12万ですよ。
そういうレンズさえ出してもらえないとは、なんとも。

Kマウントが欲しい人はタムロンに言うより、リコーにOEMで出してください!とお願いする方が早いかも。
ある程度、数が見込めれば、リコーも動くのではないでしょうか。

> Kマウントが欲しい人はタムロンに言うより、リコーにOEMで出してください!とお願いする方が早いかも。

Canon EF --> Kーマウント用のマウントアダプターを買っちゃった方が早いかも。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年2月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムは現在APS-Cに注力しているが将来の大型センサーの可能性は否定しない」です。

次のブログ記事は「シグマdp Quattroは低感度の画質では最強のカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る