タムロンが「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO」の発売日を決定

タムロンがAPS-C一眼レフ用の高倍率ズーム「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)」を正式に発表しました。

『16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(Model B016)』

  • 広角端16mm(35mm換算25mm)、世界初ズーム倍率約18.8倍を達成。
  • レンズ構成は12群16枚。ガラスモールド非球面レンズ3枚、 複合非球面レンズ1枚、LDレンズ2枚、XRガラス1枚、XRガラスよりも屈折率が高いUXRガラス1枚など、特殊硝材を贅沢に使用することで諸収差を徹底補。
  • ズーム全域で最短撮影距離0.39m、最大撮影倍率1:2.9を達成。
  • 定在波型超音波モーター「PZD」により、AF駆動時の高速化と静音化を実現。B008には無かったフルタイムマニュアルフォーカス機構を搭載。
  • 安定したファインダー像で定評のある手ブレ補正機構「VC」を搭載。
  • レンズ内部に水滴が浸入しにくい簡易防滴構造を採用。
  • 希望小売価格は87000円(税別)、発売日は2014年4月24日(ニコン用/キヤノン用)。

 

2月に開発発表されていたタムロンの16-300mmの発売日が早くも決定しました。16mmスタートの超高倍率ズームで、近接撮影にも強く、VCと簡易防滴、フルタイムマニュアルフォーカスも採用されているなど、スペック的にはかなり魅力的ですね。後は実写でどの程度の画質が得られるのかが気になるところです。

2014年4月10日 | コメント(28)

コメント(28)

タムロンさんが元気に新しいレンズ出すの、うれしいですよ。
14-150mm F3.5-5.8 Di III VCはまだですか。
ずっと待ってますよ。

16ミリスタートで、フルタイムマニュアルができるのは魅力だなぁ。
スーパー便利ズームとして活躍が期待できますよね。

正に便利ズームですね。
鉄撮りにはうってつけのレンズになるかも。
ワイド端で車内の撮影~テレ側で新幹線とかまでカバーできるし、置きピン一発切りが基本の鉄撮りなら、そこまでシビアなAF速度を求めたり、重箱の隅をつつくような周辺画質まで求めることも無いでしょうから、便利ズーム的な写りで十分でしょう。
画質に拘るシーンは単焦点持ってけばいいのですから。

いつもことですが、PENTAX用のKマウントは、ないんですね。

APS-cでは、それなりに数、でると思うんですけどね。

まあ、OEMしてくれればいいかな?

タムさんはペンタ用は用意してくれないのですよね・・・
60mmマクロとか欲しいのですが(苦笑)

トキナーと共同開発とかそういった経緯があるからなのでしょうか??(謎でゴザル)

>•ズーム全域で最短撮影距離0.39m
何かと便利そうですね。

>簡易防滴構造を採用
この一言でペンタOEMとして出て来そうな気が物凄くしますw。

性能次第では欲しいですね。
まあ この軽さで全部入りだと画質はお察しになるかもしれませんが…

金縁がなくなっただけでも有り難いですが、広角側も広がって更に興味がわきました。

ニコンユーザー的には新しいコンパクトな18-300mmとの比較が気になるところです。レンズ単体での実売価格はタムロンの方が1万円くらい安いみたいですが。

ペンタックスユーザー的には、OEMで出るかどうかですが、過去にも18-250mmがOEMで出ていたり、現行では18-270mmがOEMで出ていますので、この16-300mmも期待できるのではないでしょうか。

これには期待します。性能的にも、最近のサードパティはかなり良いので、まずは店頭でじっくり見たいですね。
ところで、FX用の高倍率A20の後継はどうなるのでしょうか。。

これも期待してます。タムロンさん。

16mmと18mmじゃAPS-Cでも雲泥の違いですからね。
やっぱり超高倍率ズームと言えばタムロンですなぁ・・・

待ち焦がれていたレンズ、本当は16mmからではなくて、15mmからのを希望していました。Canon用ですが、早く実写写真をみて購入したいです。

CANONだと1.5どころか
1.6になるので
広角での2mmは差が大きいですよね。

X7とこれで、運動会は十分いけるかなぁ。

スペックを見る限りスーパー便利ズームですが、16-300とは、無理が無い事は無いでしょうね。
最終的にアウトプットで購入を検討したいと思います。

10月頃かなーって思ってたのに、嬉しすぎる!
早く実写見たいです

まあよっぽどじゃない限り買いますが

魅力的ですねー。
早く評価が見たいです。

ソニーの子会社なのにAマウントもEマウントも無いんですね…。まあ、そのうち出すでしょうが、APS-C望遠マクロと300mmズーム自体が存在していないEマウントで出してくれれば、かなり売れると思います。

18-270の完全上位互換ですね。
簡易防滴とフルタイムMFが嬉しいです。
あとは写りがどの程度か、18-270並を維持できていればいいのですが。

広角16、望遠300、近接0.39‥‥何本も持たずに済む
さらにフルタイムMFのおまけ付き
同じ操作感で全域をカバーできる

OEMでペンタ用が出ると信じたい…
広角を考えなくても簡易防滴とフルタイムマニュアルが魅力的。
でも本音はタムロンのまま安く出してほしかった(笑)

レンズマンさん、ソニー用は遅れて出ますよ。

日常着けっ放しで持ち歩くには便利ですねー。
望遠端が270だとイマイチ乗り気では無かったですが、300mmズームまで行くと手持ちのズーム全域カバーしてしまうんで、チト魅かれますねえ。

純正でないから動画時に補正はかからんものの、さすがにソニーもOEMで出さんような気がしますし。
正直Eマウント用にOEMで出たら、これ着けたNEX一台だけで街歩きから旅行までカバーできるんですけどね…

簡易防滴とフルタイムマニュアル、
じつはペンタと共同開発だったり・・って事は無いですね^^;
OEMで出ることを期待!

平川氏が関わっていたとしても ペンタ用のは出ないのかな

ちょこっと間をおいてですが連投すいません。
NikonのOEM品を生産してるのなら、シグマさんのようなレンズCPUの相性問題は起きないんでしょうね。
OEM品のの18-300と共に写りの評価を待ってにはなりますが、相性問題さえ無ければAF精度がOEM品のNikonブランドより劣るとも思えませんし、フルタイムMF付きだったり非球面レンズが一枚多かったりと、ブランド至上主義でも無いかぎりNikonの方を買う意味が感じられないです。
個人的には純正至上主義者なんですが、NikonブランドでもOEMでNikon純正とは言えないこのレンズに関してはタムロンブランドの方が欲しいなぁ。Nikonの先行の純正18-300は望遠端が明るいのは魅力なんですが、便利ズームは軽くて機動性が無いとね。
それにしてもNikonで同一焦点距離のレンズが同時に存在するとなると投稿の書き分けがめんどくさいですね。(^_^;)

OEMと云っても、いろいろ形態がありますから、何ともいえませんがレンズの場合構成(光学パワー等)とかの特許からの経費削減等々があると思います。
逆を云えば工学系以外は各メーカーのオリジナルが使える訳で・・
超音波モーターや防振関係は(当然CPUも)タムロンはタムロン。ニコンはニコンになりますね。純正との価格差も精度や耐久性の「差」もある訳で、一概にどちらが良いとも言えないと思います。
代表的なのはトキナーOEMであるペンタックス17-50f2.8で片や(本家)レンズ内モーター無、片や超音波モーター内臓という事もあります。
このレンズは16ミリ域をどう捉えるかで、多少周辺解像が悪くても広角域を取るか、それとも安心性を取るか?だと思ってます。まぁ実写を見てないから分かりませんが、巨大な現行18-300
VRを持ってる身とすれば、多少犠牲が有っても16ミリに魅力は感じてます。。。

シグマの記事を引きずっているんですが、
高倍率は6M程度の解像となっていました。
周辺ウンヌンではなく、実用面で別の見方をすると、
高倍率ではないズームでトリミングでも良いのでしょうか...???

もはや感度だけ?

いずれ改善されていくのでしょうが、この商品の性能が気になります。

良いですね。
前まで夏休みの家族旅行といえば、16-35と28-300の2本所持が多かったのですが、1本にまとめられるので荷物を減らすことができるのがうれしいです。

SONYα77Ⅱを購入しようと思っています。
現在、SONY純正のSAL18250を持っており、子供の運動会などで撮影しています。
α77Ⅱにこちらのレンズを付けるか、SAL18250を付けるかで悩んでいるのですが、こちらのレンズはSAL18250と比較して、コストをかけるだけの画質になりそうでしょうか?
素人質問ですみません・・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年4月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」を正式発表」です。

次のブログ記事は「PENTAX 645D後継機には4K動画が採用される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る