ニコンが「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」を正式発表

ニコンがDX用のコンパクトな高倍率ズーム「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」を正式に発表しました。

「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」を発売

  • 超高倍率ズームで幅広い画角をカバーしながらも小型・軽量化(最大径約78.5mm×長さ99mm、質量約550g)を実現。携帯性に優れている。
  • 手ブレ軽減効果の高いVR機構(手ブレ補正効果4.0段)を搭載。
  • EDレンズおよび非球面レンズを採用した光学設計による、優れた描写力。
  • 最短撮影距離0.48mでクローズアップ撮影も可能。
  • 静粛なAFを可能にする超音波モーター(SWM)を搭載。
  • 旅行時などに便利な小型・軽量を実現。
  • 価格は93000円(税別)、発売時期は2014年4月24日予定。

 

ニコンの新しい18-300mmは、現行の18-300mm f/3.5-5.6と比べると、重さが280グラム軽量化され、全長が21mm短縮されていて、望遠端が若干暗くはなりましたが、使い勝手はかなり良くなりそうですね。

ニコンのDX用の高倍率ズームは、18-140mmに続いてこの18-300mmも発表されて、選り取り見取りになってきましたね。

2014年4月10日 | コメント(44)

コメント(44)

デジカメwatchにインナーフォーカス式と書いてますが本当でしょうかね。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140410_643664.html

18-300mmですかね
16-300mmが気になるんでビミョーですね

自己レス
インナーフォーカス形式らしい。
http://www.nikon-image.com/products/lens/af/dx/zoom/af-s_dx_18-300mmf35-63g_ed_vr.htm

インナーフォーカスってズームしても筒が伸びないやつって認識してますけど合ってましたっけ。

あ さん
それはインナーズームですよ!

>インナーフォーカスってズームしても筒が伸びないやつって認識してますけど合ってましたっけ。

あさん、それはインナーズーム。インナーフォーカスはピント位置によって鏡筒が伸縮しない構造ですね。前玉が回転しないのでPLフィルターとかが使いやすいです。

>ズームしても筒が伸びないやつ
それはインナーズームですね。インナーズームはさすがに高倍率ズームでは難しそうです。

さてさて、なんかこのレンズの位置づけがよくわからないのですが。
画質が既存の18-300に比べて向上しているのか、はたまた18-200と比較してどうなのか、AF速度・精度はどうなのか気になりますね。18-140が評価高いようなので期待したいところですが実際のレビューが楽しみです。

個人的には高倍率は18-200VRⅡを使っているので、興味はあるけれど性能面での大きなアドバンテージがない限りは買替えはできないですね。
希望としては16-200 F3.5-5.6なんてのが出てくれたら欲しいのですが。テレ端の100mmより広角の2mmの方が大きいと思ってます。

>あ さん
単焦点の場合は、IFだとピント合わせの時、繰り出しが無いと思いますが、
ズームの場合は、インナーズーム&フォーカスかどうかは、ここに違うと思います

皆さんご指摘ありがとうございます。
お恥ずかしい(笑

あさん
鏡胴が、伸びないのは、
インナーズームだと

タムロンのOEMなんですか?
同じスペックのレンズは無いようですが・・・

確かタムロン製ですよね?

MTFを見る限りでは、小型軽量化による画質の悪化は
それほど無い様に見えます。むしろ後処理が楽なほうに
修正されている感じですね。

タムロンのOEMではありません。あっちのほうが広角が
2mm広いし。ここいら辺が悩ましいですね。画質がいい勝負
だったら、少しでも広角側に広いほうを選びたい気もします。

タムロンのOEMっポイですね。
出願特許の構成と一致しますし、開発発表していた16-300とサイズ、重量、レンズ構成もほぼ一致。画質の都合で16mmはあきらめて18mmからの製品として作らせたと見て良いのではないでしょうか?

18mmまでのズームを16mmまで伸ばすのはエラく大変ですが、設計上16mmまで行けるレンズを18mmで止めるのは造作もないことです。

発売予定のタムロン16-300と、最短撮影距離は9センチ違うかな。
まぁ写り勝負かな。

タムロンの16-300mmも発売日が発表されたようですね。
http://m.dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140410_643761.html

奇しくも発売日が同じとは...
写りや携帯性、価格の面で悩ましいことになりそうですね。

タムロンもいきなり発表しましたね。完全に競合する気満々じゃないですか。

タムロン16-300とは大きさ重さもほぼ一緒
タムロンは16㎜始まり
最短撮影距離が0.38m
恐らくどちらも7枚羽でしょう。
タムロン有利だけど、
ズームレンズなので、AF微調節がやりずらく
AF信頼度は純正ニコンでしょうか。
悩ましい。

なぜタムロンのOEMと思うんでしょうね?
F値が6.3になったからですかね???
不思議。
タムロンとニコンがOEM関係にあるとの情報があるのか教えて欲しい。
タムロンやシグマなどNikon機とのAF相性が問題に提起されているトピをよく見かけます。
そう言った点ではニコンのレンズを選んでしまいます。
ただKen2さんが仰るように2mmの差が気になります。私も広角好きなので。

このレンズは携帯性重視でしょうね。18-55mmと同じ考えで企画、製品化された感じがします。

写りは確かにMTFを見る限り悪くないですね。
ただ最短距離、撮影倍率は前のが良いですね。

高倍率レンズだと、純正の自動歪曲補正が欲しくなりますので、コンパクトな良いレンズと思います。
ただ、希望より値段高いかな…
これなら、シグマの18-250レンズのままでいいかも。(D7100との相性が悪くて値段次第では買い替えたい)

連投ですみません。

タムロンの方も発表来ましたね。
ニコン側が16mmをあきらめたのはコストの都合か、画質の都合か、はたまた大人の事情があってかはわかりませんが、タムロンの設計であることは確定でしょう。

ついにきましたね!
レンズ構成図をタムロンと見比べましたが、一緒のようです。
過去にはAiAF70-300Dも同スペックでしたのであり得ますね。
16mmを諦めたのは、MFTを見るかぎり解像度の問題でしょう(ニコンの場合エントリー機でも24Mセンサーなので)
逆にいえばタムロンもほんの少しテレ側に移動させれば写りが劇的?に変化するのでは。
まぁ大人の事情もあるかも知れませんが・・・
それでも、ある程度写れば歓迎されるレンズだと思います。
現行モデルは17-55F2.8並みに重いし大きいから。。。

同じレンズ構成に見えますがOEMではないのですか?
*ペンタみたく共同開発??

違う点は・・・
非球面はニコンが3枚となってますがタムロンは4枚という点くらいで
配置されている形状が全て同じと思いますが
18mmスタートになったので非球面を一枚減らしたとか?(笑)

http://www.tamron.co.jp/lineup/b016/dimensions/index.html
http://www.nikon-image.com/products/lens/af/dx/zoom/af-s_dx_18-300mmf35-63g_ed_vr.htm

MTFは少し違うようですね。
*300mm側

出ましたね!欲しいです!

一段暗くするだけでここまで小型軽量化するのは凄いですね!
写りはデジカメwatchによると18-300mm f3.5-5.6より同等以上という事なので、期待できます!
接写にも強いですし、暗いf値は強い手ぶれ補正でカバーですかね。
AFはどうなのでしょう?

TAMRONとは真っ向勝負という所ですね。
広角、価格か画質、AFといった感じでしょうか?

ただ、付属品という付属品が何も無いのが残念です。
またD7100以外のカメラではどうなるのでしょうか?
D7100では1点になってしまいますが、他のカメラでは全点?使えない?どうなるんでしょう?

70-300なんかは顕著な例ですけど,他にもタムロンがOEM供給しているニコンのレンズはあります.
今回のレンズもここまで似通った構成をしていると,ある程度まで設計を共有している,という事はあり得そうな話です.

タムロンOEMですか。微妙だなあ。映り具合を見てからですね。でも、550グラムはとても魅力があります。
D300sが生き返るくらいのインパクトがあるなら、むむむですね。

APSはサブの位置づけなので横目で見ていましたが、オフのお散歩レンズに使えるサイズ・重量で換算450mmは欲しくなりますね。カメラは肥大化とコンパクト化のサイクルを繰り返していますから、コンパクト化のサイクルに入ったのでしたなら嬉しい限りです。フィールドでの小型・軽量は確実にフットワークとシャッターチャンスにプラスですから。
ただ、高倍率ズームで困るのは、鏡筒が伸びた時に画面上部が近距離へピンが来ること。重力で前玉がティルト状態になっていますから強引に手で補正するのですが、なんとかならないのでしょうか。

皆様のお話を伺って興味をもってタムロンとニコンのレンズ構成図を見てみました。本当にそっくりですね。でも若干の違いもあるようです。

ぱんた様もご指摘のように、タムロンは構成図の左から7枚目が非球面ですが、ニコンは違います。

また、硝材についても、左から3枚目のレンズにタムロンは高屈折率ガラス(XR)を使用していますが、ニコンは特殊低分散ガラス(ED)を使用しています。

左から1番目のレンズについても、タムロンは超高屈折率ガラス(UXR)ですが、ニコンは高屈折率レンズ(HRI)などは使用していないようです。

限られた情報しかありませんので、実際はどうなのか分かりませんが、これだけの違いがあるとすれば、タムロンとニコンが同じレンズで単に広角側の焦点距離が違うだけとは言い切れないような気がします。
同じように見えるレンズ構成でも、個々のレンズに使用する硝材の屈折率などが違えば、個々のレンズの曲率?など、形態も当然変わるのではないかと思います。

専門的なことは分かりませんが、素人の素朴な疑問を述べさせて頂きました。

レンズ構成が似てるのって、レンズ設計用に使っているソフトが同じような物だからじゃ無いんですかね。

タムロンのレンズがオリジナル構成で、
ニコンのほうはニコン製チューニングという所でしょうか。タムロンの大元の設計ではニコンの要求画質に到達しなかったので、広角側を18mmに抑え、前玉に色収差消しレンズを入れた感じでしょうか。前玉の一部構成以外、タムロンレンズと同一ですね。タムロン側の16mmのMTF図が
思いのほか酷いのを見ると、ニコンブランドとしては
出せないレンズだったのかもしれません。

すべてが少しずつ良いという、これはタムロンの方が魅力的ですね

タムロンOEMですか、Capture NX-DもSilkypix エンジンのOEM、D600問題でコストダウン至上主義になってるんじゃ無いといいのですが。

タムロンのほうが広角なのは単に差別化でしょう
同じレンズのようですが、同じスペックだったらタムロンのを買う人はほとんどいません
なんで焦点距離 フルタイムマニュアルフォーカス 最短撮影距離 などで差を付けたのでしょうね

並べてみるとピントリング フォーカスリングの位置や幅も同じですね。

私も、にこにゃんさんの読みとほぼ同じですね。
すでに同スペックのタムロンの特許がありましたからね。
もしどこのOEMであっても、コーティングと互換性さえオリジナルであれば歓迎です。

自社設計にこだわっているのか、必要なレンズを出してくれないどこぞのメーカーよりずっと良いです。「M/A」スイッチが無いあたりで、AFが遅そうなやな予感はしますが…

待望の…悩みどころが出てしまいましたね!

B016 は 16mm の S10/S30 が相当厳しいですね。
B016 の 18mm での MTF が見たいなぁ。。。

広角の 2mm は大きいですけど、かなり悩みますね。
絵を見てから、って感じでしょうか。
同じ場所で撮り比べができると絵だけでなく AF もみれるので一番いいんだけど。

硝材の名称ってメーカーによってまちまちですよね。OEMの場合、同じ硝材を使っていてもレンズメーカーとカメラメーカーで特殊硝材の基準や呼び方が違ったりすることもあるのではないでしょうか。
タムロンのOEMといえば、AF14mmF2.8Dもタムロン製でしたね。

あらら、D7100のキットレンズになりましたか。
クロップを含めると、換算約28~600mmになるんですね!
これはすごい。D90から買い替えようか迷ってしまいます。

>AF14mmF2.8Dもタムロン製でしたね。
そうですね。まぁ光学系は特許も絡みますから同じような焦点距離でも構成まで同じっては殆どないですね。
レンズの呼び名もそうでしょう。トキナーの16-50f2.8などは、SDとLDレンズ数枚と謳ってましたが、ペンタックスで同レンズが発売されるとSDのみの表記に変更なりましたからね。
しかしD7100のキットレンズとは・・・
D5300あたりだと思ってましたから写りも、それなりに自信あるんでしょうね。。。

VR搭載レンズでOEMはないでしょう。
委託生産ならわかりますけど。
だとしても、個別の契約を知りうる立場の人が発言しない限りは
願望や憶測でしかないですよね。
情況証拠だけで判断するのは冤罪と同じで軽率なような。

発売時期があまりにも重なることも含めてタムロンの設計なのはほぼ間違いないと思います。

日本工学と言えば優秀な光学機器メーカーですよね。
なのにニコン設計でなくタムロン設計と言うのはタムロンが特許を出しているからでしょうか…?

生産国がタイ生産ならニコン生産でまちがいないでしょう。タムロンの主力工場は中国で、タイに工場が無いから。
個人的には 、タムロン製品だと思います。  

2ちゃんねるにあった情報ですが、
http://www.tamron.co.jp/investors/pdf/2014/0207.pdf
タムロン売上高の21%をニコンが占めているのですね。
私も先代?モデルを発売日に買って使用しているので、軽いのは魅力的です。もっともf6.3レンズAF対応ボディを持っていませんが。

>岡田 凧さん

このレンズではないですが、ニコンとタムロンは特許の共同出願もしていますね。

ここをご覧になると面白いかも。
「業界裏話 ニコンとタムロンの共同開発体制」
http ://egami.blog.so-net.ne.jp/2010-11-12

現有の18~300㎜F3.5~5.6のレンズを製造するのに、かなり高価なコストがかかっているようで、前玉のEDレンズ2枚分が大口径望遠ズームに匹敵される口径が使用されていて、レンズのコストは極めて高価だと思います。コンパクトにした要因として、EDレンズが1センチ小さめにするだけで、かなり量産化が可能になりそうで、また、レンズ単価が抑えられるというメリットがあるのではないでしょうか。開発費は非常に高いと思いますが、このコンパクトなレンズを長期にわたって作り続けるだけで、やがて若干安くなるのではないでしょうか。このコンパクトな高倍率ズームレンズこれからロングセラーで多数のカメラマニアに支持されるといいですね。これからは、超高倍率ズームの時代に突入かな?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年4月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが「Nikon 1 J4」を正式発表」です。

次のブログ記事は「タムロンが「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO」の発売日を決定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る