DxOMarkにパナソニックLEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7のスコアが掲載

DxOMark に、パナソニックLEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. のスコアとレビューが掲載されています。

Panasonic Leica DG Summilux 15mm F1.7 ASPH lens review: Prime performer 

 (テスト機はE-M1)   Pana15F1.7   Oly17F1.8   Pana20F1.7II   Oly12F2 
DxOMarkスコア 21 22 21 22
解像力 11P-Mpix 7P-Mpix 10P-Mpix 10P-Mpix
透過 2T 2T 2.1T 2.2T
歪曲 2.7% 2% 1.6% 2.6%
周辺光量落ち -1.1EV -1.1EV -1.9EV -1.1EV
色収差 11μm 20μm 7μm 10μm

  • 15mm F1.7 は透過が良好で、解像力が高く、21の良好なスコアを達成している。開放では中央はシャープだが、周辺部はF2.8まではいくらか甘い。F4で最高の性能になるが、このレンズは歪曲が大きく、そして画面の2/3よりも外側の部分で倍率色収差がかなり大きい(歪曲と倍率色収差はJPEGでは自動補正される)。
  • オリンパスの17mm F1.8 は15mm F1.7にピークの解像力では及ばないが、開放付近では同等の性能だ。均一性は、15mm F1.7は1.5段(17mmの場合は2段)絞らないとそれほど良くない。周辺光量落ちはどちらも同程度だが、オリンパスは歪曲が若干小さく色収差は極めて大きい。
  • 15mm F1.7は金属製のフードが付属して599ドルの価格で、価格と性能の両面で17mm F1.8に優っている(17mm F1.8 は500ドルだが、アクセサリーが何も付属しない)。どちらのレンズも実用性のために性能面でいくつか妥協があるが、15mm F1.7のピークの高解像力と均一性は無視できない。

 

総合スコアは横並びですが、パナソニックの15mm F1.7 は解像力のスコアが高く、ピークの解像力はm4/3の広角レンズの中ではトップクラスのようですね。価格は17mm F1.8よりも若干高いですが、ライカブランドのレンズでフードが付属していることを考えると、コストパフォーマンスは悪くなさそうです。

2014年4月17日 | コメント(7)

コメント(7)

むむむ!すごく気になっているレンズです。
20mmと比較してどうなのかなーと思っていたのですが、色収差などは20mmのほうがよいのですね。
それにしても20mmはコストパフォーマンスがよいですね!

m4/3レンズのスコアー比較は、必ず?20mmF1.7が出ますね!何年も前の設計なのに、毎度「値段を考えると優秀なレンズだ」と改められます。
15mmは気になってますが、20mmF1.7と、12mmF2.0持ってるから要らないかな?

20mmF1.7は全郡繰り出し式なので画質面では有利ですが
全郡繰り出し式の影響でAFは弱くなり動画用途などには厳しいです。
それでもコスパのいい優秀なレンズというのには違いないですけどね。

動画レンズとして見た時に、20mmとの価格差がでてきますね。

印象としては20mmは解像力以外の取り柄は無かったので、それを凌駕して、更にボケや色乗りが良ければ納得です。
AF速度と静音性は言わずもがなでしょう。

これまた予約してあります。
20もよ〜く写るんですが
やはりあの、コントラストAFの
挙動が目立つので手放して
17mmが(35mm好きなので)出番が多いですね。
15mmも期待通りの映りをしそうで楽しみです。

25mmも、絞りを静音化して、
ノクチルックスF1とかで出ませんかねw
E-M5以降のマイクロ機は、大抵の撮影条件で
良好に撮影出来るので本当に助かります。

確かにジェイコプスラダーさんがおっしゃるように、20mmは解像度以外に取り柄がないように思います。

20mmしか持っていなかったころはあまりそういう実感はなかったのですが、ズミルックス25mmを買ってそう思ようになり、今ではズミばかり使っています。

何が違うかというと、色乗りがまったく違うのです。ズミのフルボディの赤ワインのような色ノリを一度味わってしまうと、他のレンズ、例えばオリンパスの45mmなどにも戻れなくなります。

15mmに期待してるのもパナライカ独特のこってりした色合いです。そういう特性はDXOでは数字として出てこないので、作品をいて判断したいです。

これは本当に楽しみなレンズですね!一度手にとってみて結局買ってしまう気がします。

25mmのズミは素晴らしいと思いますが、やはり金属ボディーで距離計付きが欲しいですね。

25mmはF2ズミクロンとして小型化しても売れそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年4月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスが9月のフォトキナでOtus 1.4/85 (85mm F1.4)を発表?」です。

次のブログ記事は「ソニーα77II には革新的な機能は無いが、あらゆる面で改善されている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る