Leica M Type240 の新ファームが近日中にリリース?

Leica New & Rumors に、Leica M Type 240 の新しいファームウェアの詳細が掲載されています。

More details on the upcoming New Leica M 240 firmware update v2.0.0.14

  • 近日中に登場するLeica M 240 v2.0.0.14の新ファームに関する詳細情報を受け取った。

    - フォーカスピーキングにブルーのラインが追加される
    - 前面のボタンを押しながらでなくても露出補正が可能に
    - 最低シャッター速度とオートISOの最低感度と最高感度の設定が可能に
    - ライブビュー時の電子水準器のオーバーレイ表示の改善
    - その他の改善

 

オートISOや露出補正の改善は、これらの機能を多用するユーザーには、かなり使い勝手が改善しそうですね。 新ファームのリリース時期は明らかにされていませんが、ライカは24日に新製品の発表を予告しているので、同時に新ファームが発表される可能性もあるかもしれませんね。

2014年4月20日 | コメント(2)

コメント(2)

Xシリーズみたいにライブビューの拡大MF領域を移動できるようにしてほしいのですが、今回も見送りのようですね。次に期待します。

「その他の改善」の中には、4/24(木)同時発表の新型APS-Cミラーレス(Tタイプ701)のレンズを純正アダプタ経由で使用時のクロップ機能が含まれているのではないでしょうか?。現行のM43用パナライカでAPS-Cのイメージサークルをクリアしているレンズが新型ミラーレス用で登場したらMマウントデジタルライカのユーザーの方々も当然使ってみたくなるでしょうから(例えばノクチクロンとか)。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年4月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックGH4の高感度ノイズのテスト記事が掲載」です。

次のブログ記事は「レンズ交換式カメラの市場は縮小しているが日本市場は好調」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る