パナソニック150mm F2.8 が9月のフォトキナで発表される?

43rumorsに、パナソニックの150mm F2.8 に関する噂が掲載されています。

(FT4) Panasonic 150mm f/2.8 to be sold end of 2014.

  • パナソニック150mm F2.8 は、2014年末に発売される。2人のソースが、パナソニック150mm F2.8 が9月のフォトキナで発表されることを確認した。そして、新規のソースが実際にこのレンズについて少し話してくれた。(それによると)このレンズには、パナソニックが解決しなければならない製造上の小さな問題がある。これがこのレンズの登場が予想よりも若干遅れている理由だ。

 

以前にパナソニックは、ニュースリリースで「150mm F2.8の商品内容と開発時期の見直し」について言及していて、このレンズはレンズロードマップからも削除されているので、当分の間は登場しないものと思っていましたが、フォトキナで本当に登場するのでしょうか。

この150mm F2.8は、オリンパスの40-150mm F2.8 とかぶるので中止されたのではないかという憶測もありましたが、そのままのスペックで登場するのかどうか興味深いところですね。

2014年5月13日 | コメント(13)

コメント(13)

35-100はつかってますが、やはりたりません。単でいいから150
が欲しい。かといってオリのズームは大きそう。35-100くらいのサイズならありがたいです。パナならできるかも。

ZD150mmF2.0の代わりになるようにF2.0にして欲しいなぁ・・・

モックアップを見た感じではM.ZUIKO 40-150mmとサイズ的にはさほどかわらない感じなのと以前かなり高価になりそうって噂があったのがどうも引っかかります。
小型軽量安価になってるといいなぁ。

また、目ん玉飛び出そうな価格じゃないことを祈ります・・。

フルサイズで云う、サンニッパのレンズですね。(遥かに小型軽量でしょうが)
このレンズを取り付けるには、GX7 や、GH4 より、やはり G シリーズの高級化された G7?あたりがピッタリでしょうネ。(EVFは必須です)

パナソニックは最近、ライカをはじめ高級レンズや評判の良いレンズを揃えつつありますネ。
30-100mm/F2.8 なんぞは品切れ状態のお店が多いようです。
レンズは良いのだから、それに見合うボディーをお願いします。

本当は150mmあたりは、多くのズームレンズが被るので、
200mmF2.8あたりを要望していたのですが、
どうせなら多少高くても良いので光学性能や躯体に、
妥協のないレンズを期待しています。

是非GH3にバッテリーグリップ装着して使いたいです。
これだと未だAPS-C+300/4を置き換えるには不十分なので、
μ4/3でも300/4かリアテレコンも発売して欲しいですね。

単焦点マクロ(っぽい)レンズでしょうか
150mmF2は結構寄れるレンズとして評判だったので、その安価版といった感じの物かもしれませんね。

パナのライカ銘は飾りではなく、濃厚な色という特徴がありますので、多少高くてもアポエルマリート150mmとして登場して欲しいです。
が、他の人もおっしゃるようにできればF2で。
専用テレコン同時発売でf値変わらず200mmになれば最高!

Raoさん
多少明るさは落ちますが、300mmは既にありますよ。
100-300, f4.0-5.6 換算600mmです。

テレコンが欲しくなりますね。

>> あ さん
言葉足らずだったようで申し訳ない。
100-300があるのは存じておりますし、
GH3とセットで野鳥撮影などに使っていましたが
私の技量のせいかもしれませんが、満足のいく
ものが取れませんでした。
よって、ズームではない、300mm(換算600mm)の
単焦点を出して欲しいという要望です。
150mm/F2.8でも x2.0テレコンが実用できれば
300mm/F5.6(換算600mm相当)となり、
APS-Cに300mm/F4 + x1.4 テレコンと同程度になるので
良いかも知れませんね。

それより、100-300mmを
POWER O.I.S. & ナノサーフェスコーティング化して、
小型に再設計してくださいよ〜。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年5月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが「EF16-35mm F4L IS USM」と「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニーα7Sは5月中に価格が発表され6月に発売になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る