dpreviewの画質比較ツールにソニーRX100M3 のデータが追加

dpreview 画質比較ツールに、ソニーCyber-shot RX100M3 のデータが追加されています。

Studio Samples added to Sony Cyber-shot RX100 III First Impressions

  • 我々は、製品版のソニーサイバーショットDSC-RX100M3を入手し、スタジオのテストシーンの画像をインプレに追加した。近日中に動画のサンプルも掲載する。
  • 最新のテストシーンは、デイライトとローライトの双方をシミュレートするように造られている。画像の上にある「Lighting」のボタンを押すと、この2つを切り替えることができる。デイライトはマニュアルホワイトバランスで撮影されているが、ローライトはオートホワイトバランスで撮影されている。

 

RX100M3 は、旧型のRX100M2と比べるとレンズがよくなっているためか、周辺部の解像力が一回り高くなっている印象です。高感度ノイズはJPEGではほとんど変わらないようですが、RAWではM3の方がM2よりも少しカラーノイズが多いように感じます。

また、デフォルトで比較対象となっているキヤノンG1 X Mark II との比較では、高感度ノイズは若干キヤノンの方が少ないように見えますが、キヤノンはRX100M3よりもモアレが目立つようですね。

2014年5月31日 | コメント(8)

コメント(8)

写真右上のチャートを見比べただけで、初代RX100からの買い換えを決意した。
公式のサンプル(花のマクロ)を見ても絞り開放時にソフトフォーカスをかけたような眠い絵になる現象も改善してるし、手堅い進歩ですね。

あれ? 私の目は節穴?
ISO-3200とかになればキヤノンG1 X Mark II も盛大にノイズがでてますが、ISO-100から画像の鮮明さが圧倒的にキヤノンG1 X Mark II がきれいに見えるんですけど・・・これはパソコンの表示のせい?私の目のせい?それとも撮影者さんに問題ある?

>ISO-100から画像の鮮明さが圧倒的にキヤノンG1 X Mark II がきれいに見えるんですけど・・・

キヤノンG1 X Mark II は、コントラストが高く、輪郭強調(特に、数字のまわりの縁取りみたいな箇所が分かりやすい)もかかっているので、鮮明に見えているということだと思いますよ。

私も両機のISO-100の画像にそれほどの差を見出せませんでした。
G1 X Mark IIの方が鮮明に見えますが、その分輪郭のエッジが立ちすぎている印象です。
まあ好みの範疇じゃないですかね。

コントラスト/エッジを抑えればノイズの見え方が変わるかもしれませんね。


機種の購買層にあわせJPEG撮って出しを意識してるのかしらん。解像についてはかなりノイズを抑え込んだ上に詳細なディテールをつぶしてでも解像感を出そうとしていますが、色に関してはあまり効果的な結果とはなっていません。また、やはり高感度までまるっと、効能を発揮できるわけではないみたいですね。

RAWは後に手を入れる余地があるので素直なデータのほうがありがたいのですが、RAWを見る限りJPEG化の過程でカメラ側がノイズだけでなくいかに情報を捨てたり(そのほかに、たぶん特定チャンネルを持ち上げたりし)て絵作りをしなくてはならないか理由もわかります。原因がセンサーそのものか、回路の問題かレンズ単体の問題なのかわかりませんが。

小型スナップ機としての考え方として、これはこれで方向性なのかもしれません。

私もG1Xの方がきれいに見えますが、これはレンズの差か、センサーサイズの差か。。。いずれにしても、1インチセンサーでここまで、肉薄するRX100M3が本当にほしくなります。。SONYすごいですね!

1インチで画素数20Mなので、
それが原因か!?
16Mあたりでも十分に思えるが、
商売には割り切りが必要?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年5月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーNEX-5Tのこの夏のディスコンを確認?」です。

次のブログ記事は「パナソニック12-32mm F3.5-5.6 OIS は平均的な光学性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る